自分でできる花粉症対策7つの方法

「花粉がそろそろ飛び始めるらしい」とニュースで知った時に、皆さんはどのような準備や対策を行いますか。 マスクやメガネをしての外出や掃除方法の工夫など様々だと思います。中には花粉症が流行する前に病院に行くことで症状を抑えるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここ数年は薬局でも花粉症対策グッズが充実しており、クリスマスと入れ替わりぐらいで店内の目立つところにグッズや市販薬が置かれ始めています。 花粉症は❝季節ごとの花粉症❞でも紹介させて頂きましたが、アレルゲン毎に症状がでるため、人によっては通年で対策をしないといけません。 今回は自分でおこなえる花粉症対策 7つについて紹介していきます。1つでも多くの対策を知ることで少しでも症状の緩和に役立てて下さい。

朝の刺激を防ぐことでいい一日にしよう

寝起きに「クシュン」って大きなクシャミが止まらなくなった経験はありませんか。これは夜のうちに布団や床に落ちていた花粉が、動いたことで空中に舞ったためだと言えます。 花粉症の症状が出始めた時は、起きる時に掛け布団をそっと上げ、部屋をドタドタと走らないなど舞わないようにする工夫が必要になってきます。寝起きに舞い上がったモノが体内に入ることを防ぐために、濡れタオルやマスクで起き上がる時に鼻や口を覆うことも効果があります。寝る時に息苦しくない方はマスクをしたまま睡眠を取ることがオススメです。 朝の洗顔では、かゆみや痛みが気になる部分をぬるま湯や蒸しタオルで拭くのがオススメです。特に女性の場合は洗顔料を使って洗顔をされている方が多いと思いますが、洗顔料は鼻や目の周りなど皮膚を刺激することがあるので注意が必要です。

今日の花粉はどんな感じ?飛散時間帯や時期を知ろう

この記事を読まれている大半の方は通勤や通学、買い物などで一日に一度は外に出ないといけない方ではないでしょうか。まず大切になるのが花粉飛散情報のチェックです。この情報は朝の天気予報や新聞上のお天気コラムで確認ができます。
「花粉情報を見逃しちゃった!」という方も安心して下さい。環境省の花粉情報サイトでも随時情報が公開されています。以下がサイトURLとなります。ぜひ一度ご覧ください。
(環境省 花粉情報サイトhttps://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/)
このサイトの下の方には都道府県別の地域情報も掲載されていますので、自分の住んでいる地域を初め、出張先など急なお出かけにも対応ができます。順次掲載される都道府県は増えていく予定です。
花粉量が多い時間帯を知ることも花粉対策にとって大切です。一般的に言われている花粉量の多い時間帯は次の3つです。

1.夜明け後
2.気温が上がって午前中に飛び出した花粉が風に乗って飛来する昼前後
3.上空に舞い上がった花粉が気温低下によって落下する日没後
これらの時間帯に外出をしないといけない場合には、特に念入りな対策が必要となります。

花粉症対策グッズを活用しよう

花粉症の対策と治療

近年、花粉症対策グッズや食べ物が薬局やスーパーを始め様々なところで販売されています。こういった場所でグッズを購入している方は多いのではないでしょうか。
グッズの一例を以下に挙げます。(一部のグッズには説明を付け加えています)
・マスクやゴーグル
・メガネ
・のど飴
⇒のどを潤すことで、花粉症時特有のイガイガ感や咳を防ぐ効果があります。
・水やお茶といった飲み物
⇒のど飴同様の効果があり、鼻詰まりを楽にする効果もあります。
・市販薬(のみぐすり、目薬など)
・軟膏やオイル
⇒鼻詰まりがひどい時にはメンソール系の軟膏がオススメです。
などです。
皆さんが普段から使用されているグッズはありましたか。
この中で注目したいのはメガネ、ゴーグルといった目を覆うグッズです。皆さんにもお馴染みのグッズだと思います。
これまで花粉症用のメガネはどちらかというとスキーのゴーグルに近く、残念ながらファッション性にも欠けていました。ですが最近は普通のメガネと同じようにカラーバリエーションも増え、デザインもスタイリッシュなものが多くなってきました。もちろん花粉を防ぐ機能も年々上がっています。
ゴーグルはちょっとと思っていた方はぜひ試してみて下さい。

乗り物や建物でも一工夫

外に出た時には電車などの公共交通機関を使用される方が多いと思います。人混みによる花粉の被害から自分を守るためにも、どの位置に居れば被害を最小限に抑えられるかをぜひ理解して下さい。
オススメは乗り物の後ろの方かドアとドアの中間地点です。これらの場所は人の動きが少ないことから影響を受けにくいです。
それに対して人の動きが激しいドア付近や外との空気がやり取りするエアコンの通気口付近は花粉が舞いやすいので、できる範囲で避けた方が無難です。
デパートやオフィスビルといった不特定多数の人が出入りする出入り口も花粉がいっぱいです。そのような場所を通る時にもメガネやマスクの花粉対策を忘れないで下さい。

花粉症は玄関前でシャットダウン

室内での花粉危機から逃れるためにも、出入り口でシャットダウンできるかどうかは非常に大切なことです。ここでは家庭やオフィス内に花粉を持ち込まないためにできることをみていきましょう。
室内に入る前に上着を脱ぎ、入口付近にかけておくことが一番手軽に出来る花粉対策です。
上着を叩く方も中にはいらっしゃいますが、花粉が色々な方向に飛ぶのであまりオススメできません。叩くよりかはブラシなどで優しく花粉をはらう方が静かに落ちてくれます。
これ以外には掃除機を利用して玄関で洋服についた花粉を吸引する方法をとっている方もいらっしゃいます。

掃除の力で家から花粉を追い出そう

5番目のように花粉を出入り口でシャットダウンしてもやはり家に花粉は入ってきてしまいます。
そのため部屋の掃除をこまめに、そして動作を静かに行えるかがポイントとなってきます。普段の掃除において激しく掃除機をかけている方は要注意です。部屋の中で花粉の拡散を防ぐためには、とにかく静かに動作をおこなうことにつきます。掃除機を利用する場合には花粉用のフィルターの使用がオススメです。
いくら静かに掃除機をかけても、どうしても舞い上がってしまう花粉は出てきてしまいます。
ここでのお掃除にはお手軽なウエットタイプのお掃除シートを利用するのが吉です。雑巾とは異なり、基本使い捨てなので吸着してしまえば室内に残ることはまずありません。

生活のリズムを整えよう

花粉症になると、頭がぼーっとしたり、鼻詰まりで匂いが分からなかったりとカラダが正直しんどいですよね。そういった時には食欲がなくなったり、睡眠を取りづらくなったりと日常生活に支障が出やすくなります。
そうなってくるとカラダの免疫力が落ちやすく、花粉症をきっかけに日に日に体調が悪くなるということになりかねません。
体調不良を防ぐためにも、食欲がなくても出来る範囲でご飯を食べる、湯船にゆっくりと浸かることで自律神経を安定させカラダもココロもリラックスさせる、規則正しい生活を心がけるなどが大切になります。
これまでの1〜6とは異なり花粉症に対する対策ではありませんが、花粉症と戦うためにはカラダの免疫力を上げる事が非常に大切となるため紹介させていただきました。
自分で出来る7つの花粉症対策はいかがでしたでしょうか。
全ての対策を一度に挑戦しようとすると大変なので、出来そうなところからまずはチャレンジしてみてください。
出来るところから取り入れて、みんなでこれからの花粉症シーズンを乗り越えていきましょう。

項目3花粉症の対策と治療

花粉症対策に最も重要なことが、『初期療法』です。初期療法とは花粉の時期(花粉が飛び始める時期)よりも前に花粉症治療薬で予防を開始することで、症状が出る前に行う花粉症対策のことです。特に花粉症の症状がきつい方は初期療法が必須と言えます。花粉症治療薬により症状の発症を抑えたり、遅らせたり、大幅に症状を軽減するには初期の療法が大切です。

花粉症の対策と治療

花粉症対策に最も重要なことが、『初期療法』です。初期療法とは花粉の時期(花粉が飛び始める時期)よりも前に花粉症治療薬で予防を開始することで、症状が出る前に行う花粉症対策のことです。特に花粉症の症状がきつい方は初期療法が必須と言えます。花粉症治療薬により症状の発症を抑えたり、遅らせたり、大幅に症状を軽減するには初期の療法が大切です。

アレグラ

https://www.bestkenko.com/products/アレグラ

商品名テキスト商品名テキスト ベストケンコー 1箱(○錠入)あたり999円 ベストケンコーで詳細を見る

この商品もいっしょに買われました!