パニック障害とは  パニック障害とは、ある日急に胸がドキドキしたり、息苦しくなってめまいや吐き気がするなど、身体に激しい症状が突然あらわれる病気です。女性や若年者に比較的多くみられますが誰にでも起こりうる病気で、発作は一度きりではなく何度も繰り返されるのが特徴です。 パニック障害の特徴は  パニック障害の発作のピークは10分くらいで通常は30分以内でおさまりますが、発作は激しく「死んでしまうのではないか」と思うほど強いものです。しかし、病院で診断を受けても心臓や血圧など身体的には異常がなく、考えすぎや心配性など気持ちの問題と間違って診断されることもあり、他の医療機関を回るうちに症状を悪化させることも珍しくありません。  パニック障害は何の前兆もなく発作が繰り返して起こるので、「いつ次の発作が起こるのか」という強い不安に襲われます。この不安の症状(予期不安)が強くなると外に出ることが怖くなり、電車の中など発作が起きた時に逃げたり助けを求められない場所や状況を避けるようになります。この状況を「広場恐怖」とよびますが、一人で外出できなくなるなど、通常の日常生活を送るのが困難になってしまいます。 パニック障害の治療方法は  パニック障害は早めに適切な治療を行うほうが治りやすいと言われています。まずは発作をできるため起こさないように発作をコントロールすること目標とします。パニック障害は脳内の不安に関わる神経伝達物質のバランスが崩れることで起こると考えられています。SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)や抗不安薬などで脳内のバランスを整える薬物療法や、認知行動療法などで極度の不安や恐怖へ対処していく方法などを学んで徐々に回復を目指します。

この商品もいっしょに買われました!