社会不安障害(SAD)とは  大勢の前で話をしたり、初対面の人と話をするときは誰でも緊張したりしますが、その不安が日常生活を送るのに支障をきたすほどの場合は「社交不安障害」(Social Anxiety Disorder:SAD)という心の病気が考えられます。性格や気持ちの問題と思われがちですが、自然に克服できることは少なく、適切な治療が必要です。 社会不安障害の症状とは  社会不安障害とは、他人から注目されたり緊張を強いられる場面に対し、強い不安や恐怖を感じる病気で、思春期の頃に発病することが多いことが特徴です。精神的な苦痛を感じるだけでなく、手足の震え・動悸・息苦しさ、・発汗・赤面といった身体症状も伴い、意識すればするほど症状がひどくなります。  社会不安障害が心の病気として知られるようになったのは最近です。人前での緊張や不安は「恥ずかしがりの性格」や「あがり症」として受け止められやすく、自分の能力を発揮なくとも病気とは考えず、長年にわたり悩んでいる人も少なくありません。  症状がひどくなると人と関わることを避けたり、行動範囲を狭めがちです。学生なら不登校からの中退、社会人なら退職に結びつきやすく、人生を狂わすこともあります。また、孤立しやすいので、うつ病やアルコール依存症を引き起こすこともあります。不安や緊張が日常生活に影響を及ぼすようになれば、医療機関で相談してみましょう。 社会不安障害の治療方法は  社交不安障害の原因については、脳の中にある神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリン、ドパミンなどのバランスの崩れや、遺伝要因などが考えられ、自然には治らないとされています。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などの抗不安薬を用いて、恐怖感などを取りのぞいたり、認知行動療法などの治療が行われています。

この商品もいっしょに買われました!