うつ病と睡眠障害の深い関わり

■落ち込むだけではない?うつ病のさまざまな症状。

うつ病は誰でもがかかる可能性のある身近な病気です。 うつ病は、生涯で約15人に1人がかかるといわれるほど、身近な病気です。自分自身やまわりの人がうつ病にかかる可能性も少なくありませんが、症状が軽いうちに治療を始めればきちんと治せるので過剰に恐れることはありません。 うつ病といえば、どんよりと落ち込んでいる状態しか思いつかないという人も多いかもしれません。うつ病の症状は、心の症状と体の症状の大きく2つに分けられます。

■うつ病にかかると、心と体にさまざまな症状があらわれます。

心の症状としてあらわれやすいのは、気分の落ち込みです。それ以外にも今まで好きだった趣味が楽しくなくなる、集中力がなくなる、気力がわかない、考えがまとまらない、自分は価値がない人間だと思い込む…などの症があわわれます。体の症状としては、不眠や食欲不振、動きが遅くなる、声が小さくなる…などが挙げられます。 イヤなことがあれば、誰でも落ち込んだり、眠れなかったり、食欲がなくなったりするので、そうなったからといってすぐにうつ病と結びつける必要はありません。注意したいのは、このような状態が2週間以上続く場合です。そういうときは、専門医を受診した方がよいでしょう。

■早めの対処で、うつ病は克服できます。

うつ病は放置しておくとますます症状がひどくなり、日常生活に支障をきたしてしまいます。家事や仕事が十分にできないことでさらに自分を責め、うつ病が深刻化してしまうと治療も困難になります。うつ病は「心の風邪」とも呼ばれていますが、風邪も軽いうちなら休養をとったり数日薬を飲んだりするだけで治りますが、こじらせると肺炎を起こして入院…ということになりますよね。うつ病も同じで、症状が軽いうちに対処することが肝心なのです。

■日照不足によって発症する「冬うつ」。

冬になると、気分が落ち込んだり体調が悪くなってしまう「冬うつ」。日照時間が短くなる10〜11月くらいから症状があらわれ、日が長くなってくる3月くらいになると回復することが多いようです。 春夏は元気なのに、なぜ寒い季節になるとうつの症状があらわれるのか…。そこには日照時間が大きく関わっています。太陽の光を浴びると脳内の神経伝伝達物質・セロトニンが分泌されます。セロトニンは気分や感情を安定させる働きと睡眠を安定させる働きを持っています。日照時間が短くなるとセロトニンの働きが悪くなり、精神が不安定になったり眠りのリズムが乱れがちなってしまい、その状態がひどくなると冬うつを発症してしまうのです。

■うつ病と睡眠障害には深い関わり

睡眠障害がうつ病を引き起こすことがあります。 うつ病の患者さんの約9割に、夜ゆっくりと眠れなかったり、早朝に目覚めたりする睡眠障害の症状がみられるといいます。また、不眠が続くとうつ病になりやすいことが明らかになってきたので、睡眠障害を放置しないことがうつ病の予防にもつながるといえます。 なぜうつ病になると睡眠障害が起こるかというと、うつ病になると生命エネルギーが低下してしまい、生命維持に必要な欲求である睡眠欲も低下してしまうのです。また、うつ病は脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌が悪くなることで起こるといわれていますが、セトロニンは睡眠をコントロールする働きがあるため、その影響を受けてしまうと考えられています。

■ いつもの行為が、睡眠障害を助長している場合も。

睡眠障害とうつ病は卵とニワトリのような関係ですが、睡眠障害が心身に悪影響を及ぼすことは間違いありません。現在、よく眠れない…などと悩んでいる人は、健康的な睡眠がとれるよう生活習慣を見直してみましょう。 まず、チェックしたいのは知らず知らずのうちに睡眠を妨げる行為をしていないかということです。ベッドにスマホを持ち込んで画面を見続ける、眠れないからとお酒を飲む、夕食後や夜遅い時間にコーヒーを飲む…などの行為は睡眠の質を落としてしまうのでNGです。

■早寝早起きではなく「早起き早寝」を。

また、眠くなっていないのに無理してベッドに入るとなかなか眠れない状態にストレスを感じ、さらに眠れなくなってしまいます。まず、睡眠不足であっても朝決まった時間に起きることから始めましょう。昼間に十分活動していれば、夜、眠りにつきやすくなります。 朝、きちんと起きることは「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンの働きをよくする効果もあります。朝、太陽の光を浴びると脳内にある体内時計の針が進み、体内時計がリセットされてメラトニンの分泌が止まります。目覚めて14〜16時間後に再びメラトニンが分泌され、だんだんと眠くなるというリズムが繰り返されます。このリズムにうまくのることができれば健康的な睡眠がとれるようになります。

 

良質な睡眠で健康UP
  • メラトニン

    メラトニン

    眠りを誘うホルモン「メラトニン」のジェネリック薬「メロセット」です。内在性のメラトニンは、周期的なリズムと内部の同調に働き、睡眠サイクルやホルモンリズムを整えます。

    1箱あたり¥2,216〜

    ご購入はこちら

  • 植物性メラトニン3mg

    植物性メラトニン3mg

    メラトニンは、脳内の松果体(しょうかたい)から分泌されるホルモンの一種で、脈拍、体温、血圧を調整し、睡眠と覚醒のリズムを作り出す成分です。メラトニンが体内時計に働きかけることにより、通常は暗い場所で夜間と認知されると分泌され、日中の日光の光により分泌が抑えられます。

    1箱あたり¥2,193〜

    ご購入はこちら

  • 【ヒマラヤ】タガラ(不眠改善)

    【ヒマラヤ】タガラ(不眠改善)

    タガラは心と身体をリラックスさせて、不眠症や睡眠障害を改善する天然成分配合のサプリメントです。インドのアーユルヴェーダでは睡眠導入剤として使われています。

    1箱あたり¥2,193〜

    ご購入はこちら

SSRI系抗うつ剤
  • プロザック

    プロザック

    プロザックは脳内伝達物質セロトニンの受容体をブロックすることで、セロトニンの再取り込みを阻害し、脳内のセロトニン濃度を高めるSSRI系抗うつ剤です。

    1箱あたり¥ 2,396〜

    ご購入はこちら

  • フルニル20mg

    フルニル20mg

    フルニルは塩酸フルオキセチンを有効成分としたSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とよばれる第三世代の抗うつ剤です。

    1箱あたり¥ 3,056〜

    ご購入はこちら

  • パキシルジェネリック(ペクセップ)20mg

    パキシルジェネリック(ペクセップ)20mg

    タガラは心と身体をリラックスさせて、不眠症や睡眠障害を改善する天然成分配合のサプリメントです。インドのアーユルヴェーダでは睡眠導入剤として使われています。

    1箱あたり¥ 7,626〜

    ご購入はこちら

商品一覧を見る

この商品もいっしょに買われました!