うつ病・パニック障害

憂うつだ、楽しくない、食欲が無い、眠れない、気力が無いなどの症状が長く続くとうつ病の疑いがあります。パニック障害は突然理由も無く動悸や息苦しい発作がおきる症状です。

【うつ病、パニック障害の症状】

うつ病には気分が沈む、興味がわかないなどのこころの症状と、眠れない、食欲がわかないといったからだの症状があります。憂うつな状態が長くので日常生活に大きな支障を来たすようになります。うつ病になると脳のはたらきがうまくいかないので、自分で解決することが難しくなります。

パニック障害は動悸やめまい、発汗、息苦しさ、吐き気、ふるえといった体の異常が突然はじまります。パニック発作時には死んでしまうのではないかという強い恐怖に襲われます。いつまた発作が起こるのかという不安感があり、ひとりの外出などが困難になります。

【うつ病、パニック障害の改善方法】

うつ病は早めに適切な処置を行うほうが回復が早いといわれています。本人に自覚がなくても、周囲の人がサインに気づいてあげてください。うつ病になった原因がある場合は、それを取り除くことが最善です。うつ病の改善には周囲の人の協力が必要です。症状を理解して不安や悩みを受け止めてあげましょう。

パニック障害の改善には薬物療法に合わせて精神的な療法が有効です。パニック発作が起きないように過度の不安や恐怖への対処法を少しずつ身につけましょう。パニック障害の改善にも周囲の人の協力が必要です。治るまで焦らずに見守ってあげてください。

【うつ病、パニック障害の治療薬】

うつ病、パニック障害の治療薬にはプロザック(フルオキセチン)、インデラル(プロプラノロール)、ゾロフト(セルトラリン)などがあります。 プロザック、ゾロフトは不安や憂うつな気分をやわらげて気持ちを楽にする薬です。インデラルは動悸をしずめてパニック発作がおこるのを防ぎます。

服用量や効果がでるまでの期間には個人差があります。また、飲み始めはふらつきなどの副作用がおこる可能性もあります。これらの治療には時間がかかります。ゆっくりと休養しながら行いましょう。

おすすめ商品

オススメ商品

フルニル20mg(プロザックジェネリック)

  • 成分:塩酸フルオキセチン20mg
詳細はこちら
オススメ商品

インデラルジェネリック

  • 成分:プロプラノロール80mg
詳細はこちら
オススメ商品

ゾロフト50mg

  • 成分:サートラリン50mg
詳細はこちら

この商品もいっしょに買われました!