お悩みの方は必見!EDの種類とED治療剤の関係と効果

EDとは勃起不全のことを言い、性交時に十分な勃起が得られず、あるいは十分な勃起が維持できず満足な性交が行えない状態を意味します。EDに悩む男性は日本に1500万人にも及ぶとも言われており現代において深刻な問題になっています。EDの原因は血管の問題で男性の勃起というのは、スポンジのようになっている海綿体に血液が流れ込み体積が大きくなることで引き起こされる現象になります。EDには様々な種類があり、これが複合的に起こっていることも少なくありません。性機能の衰えは男性の心を傷つけるもので、プライドの高い男性はこうした反応をしますがEDは治療する事で克服する事ができる疾患になります。EDの種類によって治療の方法も異なりますので、もしEDかもしれないと感じている方は自分がどういったEDで何が要因になっているかを考えてみる必要があります。
また、EDの治療方法にも様々あり、それぞれのED治療剤では特徴や効果が違い、効き具合は個人差がありますので、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

■EDの種類と原因

EDの種類は大きく分けると4つあり、器質性、心因性、混合性、薬剤性があります。若い方では心因性が一番多いですが年齢とともに器質性ED薬剤性EDなどが増えるとともにEDになる割合は高くなります。まず器質性は病気や怪我などで身体的に勃起能力が弱くなってしまったり、男性機能が正常に働かなくなることを言います。具体的には血管障害や神経障害、内分泌機能の低下が原因とされています。器質性EDは主に糖尿病や高血圧などの生活習慣病になり、要因として糖分や脂肪の摂り過ぎ、過度の飲酒や喫煙、運動不足、ストレス等があり、これらがEDを発症させる可能性を高めてしまいます。これらの習慣は、動脈硬化や高血圧など血流を悪化させてしまう状態を引き起こす可能性が非常に高くなるので、このような生活習慣になってしまっている方は、まず日頃の生活習慣を改善することが何よりも重要になります。 そして、ストレスや不安などの心理的なものが要因となり引き起こされるEDを心因性EDと言います。心因性EDには2種類があり現実心因と深層心因です。現実心因とは人間関係や家庭の環境などで悩んでいたり、仕事でのプレッシャーによるストレスが原因となり勃起障害を起こす事を言います。深層心因の場合、現実心因とは全く異なり心理的要因が無いのにも関わらずEDの症状が現れる状態を指します。原因となるのが現在ではなく過去に起こっている事が要因となることが多く、幼児期の体験や性的なトラウマがもとで自覚がない場合でも勃起不全を引き起こします。深層心因は原因を解明するまで長期の時間を要するので治療が難しく専門医が治療を行うケースが多いようです。

次に挙げるのが混合性EDになりますが、このタイプのEDは機能性勃起障害と器質性勃起障害の原因が合わさって起こるEDになります。EDの原因として多いのが器質性になりますが、ほとんどの場合心理的要因も関係しているのでこのような複合した症状を混合性EDと呼んでいます。混合性EDは50代~60代が多く発症しており全体の約80%を占めます。一例として糖尿病や腎不全、泌尿器疾患の治療を長く続けている場合、器質的要因に加え心理的、社会的要因がEDに影響を与えている事が多く見られます。EDの原因が分かっていても治療が難しい場合があり薬剤性EDの場合ですと安易に服薬を中止する事が難しく、混合性EDに関しては原因を特定するのが困難な為治療には時間を要します。そのような時に使用されるのがED治療薬になります。ED治療薬の利点は、原因に関係なく服用する事で性的刺激と性的興奮を受け、その効果によって性器を反応させることが出来る事にあります。ED治療薬によって容易にEDの改善を図ることができるのです。

■EDと治療薬の関係

種類が様々あるEDですが、原因に関わらず基本的には治療が可能と言われています。EDの治療方法にはED治療薬が一般的に知られていますが手術やカウンセリング、ホルモン投与や勃起の補助器具を使った治療法などEDの原因に合わせて色々な治療方法が存在します。ED治療薬には様々なタイプのものがありますが、基本的にはすべてPDE阻害薬と呼ばれているタイプになっています。PDEとは人の体に元々存在している酵素のことであり、この酵素が性器の血管の平滑筋と呼ばれる筋肉を収縮させてしまう事で男性の機能に何らかの問題を与えてしまいます。そのため、PDE阻害薬を服用することによって性器に悪影響を与えるPDEの働きを抑制し逆に血管を拡張する方向に仕向ける事でEDの症状を改善させます。あくまで勃起を補助する薬剤となっていますので性欲増進剤ではありません。勃起障害の治療薬として有名なのがバイアグラ、レビトラ、シアリスになり近年では手軽に購入できる環境になってきましたのでEDの方に多く使われるようになりました。ED治療薬のメカニズムは海綿体に血液がスムーズに流れ込みやすい状態にすることですが、あくまで一時的なものですので根本からの改善には至りませんが、行為ごとに服用することで勃起がスムーズになり血流も徐々に正常に近づいていくので次第に症状が和らぎ時期に完治します。また性行為に対する自信もついてきますのでEDの要因である器質性要因、心的要因の改善に働きかけることができます。ED治療薬の中で最近人気の高まってきているのがシアリスになり、三大ED治療薬の中でも特に効果が素晴らしいと言われています。シアリスの有効成分タダラフィルは男性の性器勃起持続化学物質を分解してしまう酵素PDE5を阻害する効果があります。シアリスは服用後約1時間程度で効き始めて、一度吸収されれば1日以上の働きを持続します。バイアグラやレビトラとは異なり食事の影響を受けにくいため最も使いやすいED治療薬になります。約36時間いつでも性行為が可能という自由さが安心感を与え性行為前のプレッシャーも感じる事が無くなります。服用後の最高血中濃度到達時間が30分~4時間と服用される方によって大きな差がでてきます。従来のED治療薬であるバイアグラやレビトラでは効果の持続時間が4~6時間で、食事の影響があるためEDの方にはED治療薬を服用するタイミングを考えなければいけなかったり、効果の持続時間を心配したりする方が多く見られていました。ED治療薬シアリスは、従来のバイアグラ、レビトラの良い所はさらに増強し、デメリットだったところは改善されています。上記でも出ましたが、ED治療薬シアリスの増強された部分は効果が36時間と大幅に長くなったところです。バイアグラは5時間程度、レビトラだと8時間程度ですので、その効果の長さは格段に違いますよね。ED治療薬シアリスは金曜日の夜に服用すると日曜日の午前中まで効果が持続することjから別名ウィークエンドピルと呼ばれています。

ED治療薬は特効薬というわけではありませんが、正しい服用方法で継続することでEDが完治すると言った報告があれていることからEDでお悩みの男性は一度試してみてはいかかでしょうか。効果の方は人によって個人差はありますが自分がどの成分に合うのか効き目を比較するのであれば、同等の効果があるバイアグラ、レビトラ、シアリスで比べてみて自分にとって最善のED治療薬を見つけてみてください。

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック
性欲・精力・バイタリティの改善に

この商品もいっしょに買われました!