そのシミは肝斑かも?シミや肝斑の原因とおすすめアイテムについて

■肝斑とは?

肝斑(かんぱん)という言葉はよく耳にするようになったけれど、あまり詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。 肝斑とはシミの一種の名称です。 顔の両ほほの頬骨に沿ってや、額、口元などに薄い褐色のもやの様に出来る比較的大きなシミで、通常のシミと異なり色が薄く輪郭がぼんやりとしていたり左右対象の位置に出来やすいなどの特徴があります。 女性、その中でも特に30代~50代の女性に出来る場合が多く、男性にはほとんど出来ません。 その形状や発生の原因が一般的なシミと異なるために通常のシミ対策では発生を防げず、また改善しにくいと言われています。

■なぜ肝斑が出来てしまうの?

肝斑の出来る原因についてはまだはっきりとは分かっていませんが、女性の中でも30代~50代の年齢で出来やすい事や男性には出来ない事などから、女性ホルモンのホルモンバランスの乱れが肝斑の原因の1つではないかと考えられています。 人によっては30代~50代で出来てしまった肝斑が閉経後に薄れたり消える場合もあります。 また閉経後の年代では新たな肝斑はほとんどできる事は無いと言われています。 多くのシミは紫外線への暴露や傷跡への色素沈着などの外部からの刺激が原因となりますが、肝斑は身体の内部にシミの発生の原因があるため、UVカットや生活習慣の改善などによる外部からの刺激からの防御だけではその発生を防ぐ事ができません。

■一般的なシミや肝斑、その発生のメカニズムは?

シミとはメラニンと呼ばれる皮膚の色素がシミのある部分だけで過剰に作られ続ける現象です。 メラニンは本来は紫外線などによって皮膚のDNAが変性する事がないように、皮膚を保護する目的で身体が作り出す色素です。 紫外線の光刺激や怪我などの傷口の刺激をきっかけとして、皮膚のメラノサイトと呼ばれるメラニンを作り出す組織が活性化します。 このメラノサイトの活性化は、メラノサイト活性化因子と呼ばれる物質が作られる事でおこります。 生成されたメラニンはメラノサイトから新しい皮膚を作り出すケラチノサイトに受け渡されます。 そして新しい皮膚細胞とともに、ターンオーバーと呼ばれる皮膚の生まれ変わりのサイクルに合わせてゆっくりと皮膚の表面に向かって押し上げられて表皮となり、最終的には垢となって剥がれ落ちます。 本来であれば外部からの刺激が無くなり怪我も癒えれば、活性化したメラノサイトの活動も低下しメラニンの生成も正常の状態にもどります。 ですが、なんらかのエラーで一度活性化したメラノサイトがメラニンを作り続けてしまう状態がシミです。 一般的なシミも肝斑も、メラノサイトが活性化してメラニンを作り続けてしまうというメカニズムの部分は同じであると考えられています。 シミの中でも特に、肝斑の発生にはプラスミンと呼ばれるメラノサイト活性化因子が深く関わっていると考えられています。 妊娠やピルの服用、女性ホルモンなどにはこのプラスミンを活性化する作用があることがわかっており、女性ホルモンの乱れが肝斑を発生させる原因の1つではないかと考えられています。

■シミや肝斑の改善のおすすめのアイテムは?

トラネキサム酸500mgは、メラノサイトを活性化させる因子であるプラスミンの働きを抑える抗プラスミン作用と呼ばれる機能を持っています。 この作用により、皮膚科などで肝斑の治療に処方されている内服薬です。 ハイドロキノンクリームにはハイドロキノンと呼ばれる成分が含まれています。 ハイドロキノンは高濃度での配合には医院での処方が必要な強力な美白成分です。 メラノサイトでチロシンからメラニンを作りだすチロシナーゼという酵素の働きを妨げる事でメラニンの生成を妨げます。 トレチノインジェルにはトレチノインと呼ばれる成分が含まれています。 トレチノインは強力な皮膚の角質の剥離作用と細胞の増殖機能を持っています。 生成されたメラニンは皮膚の角質細胞と共に、ターンオーバーの周期にしたがって排出されますが、トレチノインはこのターンオーバーの周期を早める事でメラニンの排出を促します。 強力な剥離作用を持つため、国内では一部の医院で処方により使用される未承認の薬剤です。 コスメライトクリームには、ハイドロキノンとトレチノインの両方の成分が含まれています。加えて、2つの薬剤の強力な作用を治療するためのステロイドの成分が含まれています。 ルミキシルブライトニングクリームは、新しく発見された美白成分であるルミキシルを含みます。 ルミキシルは、メラノサイトでチロシンからメラニンを作りだすチロシナーゼという酵素の働きを妨げる作用を持ちます。 この作用はハイドロキノンの作用と同じですが、ハイドロキノンの17倍のチロチナーゼの抑制作用を持つといわれています。 またハイドロキノンに比べ皮膚への刺激が穏やかである事も特徴です。

できてしまった「シミ」には
  • ハイドロキノンクリーム

    ハイドロキノンクリーム

    ハイドロキノンクリームは、シミの治療薬として用いられており、日本でも美白クリームとして注目を集めています。

    ビタミンCやプラセンタのようなシミ予防だけではなく、メラノサイトに働き出来てしまったシミにも効果を発揮する美白効果の著しく高いお薬です。

    1箱あたり¥956〜

    ご購入はこちら

  • コスメライトクリーム

    コスメライトクリーム

     

    美白クリームの「コスメライトクリーム」は、美白やシミの改善に使われている有効成分、「ハイドロキノン」とシワ対策やニキビ治療に用いられる「トレチノイン」を含んだ美白用医薬品です。

    ハイドロキノンとトレチノインは大変相性が良く、美白に対して相乗的に効果を発揮します。

    1箱あたり¥1,156〜

    ご購入はこちら

  • トラネキサム酸500mg

    トラネキサム酸500mg

     

    アミノ酸の一種のトラネキサム酸は、メラノサイトの活性を促すプラスミンの働きを抑えて、シミを作る最初の段階をブロックします。炎症を引き起こす生体内の酵素「プラスミン」を抑える作用があり、止血剤やアレルギー症状、蕁麻疹などを改善する薬としても長く使われています。

    1箱あたり¥7,193〜

    ご購入はこちら

紫外線カット&コラーゲン補給で対策
  • パバ(飲むUVカット)

    パバ(飲む日焼け止め)

    パバは私たちの体の中にもあるビタミンB群の一つで、FDA(米国食品医薬品局)が唯一“飲む日焼けケアビタミン”として認めている成分です。細胞の中や皮膚の角質層に入り込んで紫外線を吸収するので、皮膚を通る紫外線が減少し、日焼けによるしみやくすみも防ぎ、美白効果が期待できます。

    1箱あたり¥1,898〜

    ご購入はこちら

  • コエンザイムQ10_100mg

    コエンザイムQ10_100mg

    コエンザイムQ10は、年齢とともに減少し老化と深い関わりがある成分です。コエンザイムQ10の摂取により活性酸素の攻撃を防ぎ老化の進行を抑制する効果があります。コエンザイムQ10には、免疫力を高める働きがあり、老化防止(アンチエイジング)には、欠かせないサプリメントです。

    1箱あたり¥2,360〜

    ご購入はこちら

  • プラセントレックス

    プラセントレックス

    プラセントレックスは、窒素0.25 % w/w およびペプチド(FNP-III, CRF)、ヌクレオチド(PDRN, NADPH)を含むヒト胎盤エキス0.1gmから抽出された有効成分によって、血液の循環を改善させホルモンのレベルを高めて細胞産生を促進します。創傷でお悩みの方にもお勧めです。

    1箱あたり¥897

    ご購入はこちら

今売れてます★まつ毛育毛剤ランキング
  • ルミガン

    ルミガン

     

    使用者のまつ毛に関して、平均して、長さが25%・密度が106%・色濃度が18%アップしたため、現在ではまつ毛美容液として人気のまつ毛育毛剤です。

    ルミガンは、毛胞を刺激しメラニン生成を活性化する作用が認められています。

    1箱あたり¥2,498〜

    ご購入はこちら

  • ケアプロスト

    ケアプロスト

     

    主成分であるビマトプロストは、毛周期の中の「成長期」期間を延ばし、メラニン生成を活性化する作用が認められ、毛胞を刺激することで、まつ毛の成長を促しまつ毛を濃く長く成長させます。

    ラティース(Latisse)のジェネリックです。

    1箱あたり ¥1,418〜

    ご購入はこちら

  • ルミガンとアイライナーブラシセット

     

    ルミガンとアイライナーブラシセット

    ルミガン3mlと使い捨てアイライナー30本がセットになった数量限定お買い得商品です!

    アイライナーは、ほどよい硬さがあり、まつ毛の根元に塗りやすい構造となっているのでまつ毛育毛剤を初めて使う方に特にオススメです。

    1箱あたり ¥2,788〜

    ご購入はこちら

商品一覧を見る

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る