インフルエンザの治療

■インフルエンザ

インフルエンザは毎年約1000万人の日本人が感染すると言われており、高齢者や乳幼児、妊婦、肺や心臓、腎臓などの基礎疾患を持つ人や抵抗力の弱っている人は重症化しやすいと言われています。そのため、まずはインフルエンザにかからないようにワクチン接種や手洗い、うがい、マスクの着用などで予防することが一番大切です。しかし、それでも感染した場合には重症化しやすい人にはなるべく早めに抗インフルエンザ薬の服用が必要と考えられています。

■インフルエンザの治療

インフルエンザの治療には対症療法と抗インフルエンザ治療があります。対症療法とは発熱や咳、鼻汁などのそれぞれの症状に対して効く薬を内服することです。発熱に対しては解熱薬、咳に対しては咳止め、鼻汁に対しては抗ヒスタミン薬や鼻汁分泌抑制薬、痰に対しては痰を切る薬などが処方されます。これらの薬は病院に行かなくても、ドラッグストアや薬局などで医師の処方箋なく購入することができますが、インフルエンザの場合には解熱薬で様子を見ていると症状が悪化したり、周囲への感染を拡大してしまう恐れがあるので注意が必要です。 インフルエンザは1個のウィルスに感染すると8時間で100個、24時間で100万個と体の中で増殖し、高熱、全身倦怠感、関節痛、悪寒など強い全身症状を引き起こします。抗インフルエンザ薬は48時間以内に服用すれば、この増殖していくウィルスを抑制できると考えられています。このことから分かるように、抗インフルエンザ薬はインフルエンザ自体を治す薬ではなく、ウィルスの増殖をこれ以上起こさないように止める役割があります。

■抗インフルエンザ薬

抗インフルエンザ薬にはタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタ、アビガンがあり、内服薬や吸入薬から注射薬まで様々な種類があります。また、1日で良いものや5日間連続して服用が必要なものなど種類によって服用方法も違います。医師と相談し、自分に一番合うと考えられる薬を選択するようにしましょう。 抗インフルエンザ薬は、インフルエンザの重症化を防ぎ、入院や入院期間を短縮する効果が期待できると言われています。ただし最初に書いたように、インフルエンザが重症化しやすい人は抗インフルエンザ薬を服用したほうが良いですが、健常者の場合は服用しても発熱の期間が1日短縮されるだけとも言われています。現にタミフルの80%が日本で処方されています。今後はタミフルが効かないようなインフルエンザウィルス、いわゆる耐性菌の出現が懸念されています。

■インフルエンザの薬の種類

抗インフルエンザ薬にはタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタ、アビガンがあり、内服薬や吸入薬から注射薬まで様々な種類があります。また、1日で良いものや5日間連続して服用が必要なものなど種類によって服用方法も違います。医師と相談し、自分に一番合うと考えられる薬を選択するようにしましょう。 抗インフルエンザ薬は、インフルエンザの重症化を防ぎ、入院や入院期間を短縮する効果が期待できると言われています。ただし最初に書いたように、インフルエンザが重症化しやすい人は抗インフルエンザ薬を服用したほうが良いですが、健常者の場合は服用しても発熱の期間が1日短縮されるだけとも言われています。現にタミフルの80%が日本で処方されています。今後はタミフルが効かないようなインフルエンザウィルス、いわゆる耐性菌の出現が懸念されています。

■対症療法と抗インフルエンザ薬による治療

インフルエンザの治療には対症療法と抗インフルエンザ薬による治療があります。対症療法とは、インフルエンザが引き起こす38度以上の発熱、咳、鼻汁、くしゃみなどのそれぞれの症状に対し、解熱剤、咳止め、抗ヒスタミン薬などを処方する方法です。抗インフルエンザ薬は、インフルエンザそのものを治すのではなく、インフルエンザウィルスの体内での増殖を抑制する効果があります。インフルエンザに感染して症状が出た後、48-72時間以内にウィルス量がピークになると考えられているので発症後48時間以内に抗インフルエンザ薬を服用すると最も効果があると考えられています。発症後12時間以上経過していれば、病院で行われる15分程度で結果が出る迅速診断検査キットで診断できる可能性が高いです。

■インフルエンザの薬の種類

診断後はクリニックによって、年齢などを考慮していくつかの抗インフルエンザ薬が提示されます。日本で使用できる抗インフルエンザ薬は、内服薬であるタミフル、吸入薬であるイナビル、リレンザ、注射薬であるラピアクタ、そして比較的新しい内服薬であるアビガンです。イナビルとラピアクタ以外は5日間服用しなければいけませんが、イナビルとラピアクタは1日でも効果が見られる可能性があります。1回吸入すればよいイナビルは楽ですが、小さい子供や吸入できるか自信がない高齢者などには不向きかもしれません。ラピアクタは注射薬なので全身状態が悪く内服も吸入もできない高齢者などに良い適応があります。子供には点滴の針を刺さなくてはいけないので、少し不向きかもしれません。このように、当初はタミフルとリレンザしかなかった抗インフルエンザ薬も今では種類が増えてきているので、服用方法も様々なため医師と相談し、自分に一番合うものを選択すると良いでしょう。

■抗インフルエンザ薬服用後の注意

抗インフルエンザ薬というと、少し前に話題になったタミフル内服による異常行動で、10歳代の子供が転落死したことが気になる人も多いと思います。特に同じ年代の子供を持つ親は心配に思うのは当然です。結論としては、インフルエンザ自体でも熱性けいれんや脳症を起こすので、異常行動による転落とタミフルの直接的関係は不明とされています。服用するかしないかは医師と相談になりますが、抗インフルエンザ薬服用後は注意深く見守ることが大切です。タミフル以外の抗インフルエンザ薬でも、異常行動が全く起こらないと言う保証はないと考えられているので、その薬を選択したとしても異常が起きないように見守り、もし起きた時にはすぐに病院に相談するようにしましょう。

インフルエンザに対策に。免疫力UP!
  • コエンザイムQ10_50mg

    コエンザイムQ10_50mg

    コエンザイムQ10には、免疫力を高める働きがあり、老化防止(アンチエイジング)には、欠かせない成分です。

    1箱あたり¥1,396〜

    ご購入はこちら

  • HGAスプレー

    HGAスプレー

    シアリスはED治療薬としては国内で3番目に発売されたお薬です。主成分タダラフィルは、バイアグラと同様の作用を持ち、食事の影響を受けにくいというメリットからED治療薬として人気があります。

    1箱あたり¥6,126〜

    ご購入はこちら

  • 【ヒマラヤ】グドゥチ(免疫力強化)

    【ヒマラヤ】グドゥチ(免疫力強化)

    グドゥチは免疫力を強化する天然成分配合のサプリメントで、若返りと滋養強壮作用があります。免疫機能を強化することで身体や心にかかるストレスを、自らが対処できるようにサポートします。

    1箱あたり¥1,056〜

    ご購入はこちら

免疫力を高めるの強い味方
  • Lリジン1000mg

    Lリジン1000mg

    カルシウムの吸収や脂肪の燃焼になどに効果があり、育毛促進、骨粗鬆症の予防、ダイエット、免疫力の向上の栄養補助サプリメントとしても使用されています。

    1箱あたり¥1,496〜

    ご購入はこちら

  • 【ヒマラヤ】グドゥチ(免疫力強化)

    【ヒマラヤ】グドゥチ(免疫力強化)5箱パック

    ED治療薬として、バイアグラ・レビトラに続き国内販売されたシアリス。バイアグラやレビトラよりも薬効作用時間が長く、即効性があり、食事の影響も受けにくいというメリットがあります。

    1箱あたり¥1,056〜

    ご購入はこちら

  • 【ヒマラヤ】ジェリフォルテ(慢性疲労)

    【ヒマラヤ】ジェリフォルテ(慢性疲労)

    ジェリフォルテは日々身体や心が疲れている方におすすめの天然成分配合のサプリメントです。サプリメントに含まれる成分は、老化など様々な病気を引き起こす原因となるフリーラジカル(活性酸素)を抑制することにより、免疫力を高めるます。

    1箱あたり¥1,426〜

    ご購入はこちら

抗インフルエンザ薬
  • タミフル

    タミフル

    ウイルスの表面蛋白ノイラミニダーゼと特異的に結合して,その活性を抑え込み、体内でインフルエンザウイルスA型、B型を抑制します。

    1箱あたり¥5,627〜

    ご購入はこちら

  • タミフルジェネリック

    タミフルジェネリック

    有効成分のオセルタミビルはA型とB型のインフルエンザウイルスに効果があります。高齢者や持病のある人には予防薬としての服用が認められています。

    1箱あたり¥2,627〜

    ご購入はこちら

商品一覧を見る

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

この商品もいっしょに買われました!