インフルエンザワクチンの有効性

■インフルエンザワクチンの有効性

インフルエンザは、1個のウィルスに感染すると8時間で100個、1日で100万個に体の中で増加し38度以上の高熱、全身倦怠感、関節痛、悪寒などを引き起こします。抗インフルエンザ薬を48時間以内に使用すると解熱するまでの期間が早まり、重症化や入院期間などを短縮できると言われています。大体1週間程度で症状は改善しますが、インフルエンザウィルスに感染した後の肺は他のウィルスや細菌にも感染しやすくなっているので感染後も注意が必要です。 特に65歳以上の高齢者や子供、妊婦、慢性呼吸器疾患や心疾患、腎疾患などの基礎疾患をもつ人、免疫力が低下している人はインフルエンザに感染すると重症化しやすいためワクチンの接種が推奨されています。

■ワクチンの効果

インフルエンザワクチンは約60%の発症予防効果があると言われています。残念ながら感染を完全に防ぐことはできませんが、インフルエンザの合併症である肺炎や髄膜炎などの発症を予防したり、高齢者の死亡者数を減少させることが分かっています。 インフルエンザは毎年11月ごろから流行が開始し、12月には本格的に流行します。その後1-3月ごろをピークに5月ごろには収束する傾向があります。インフルエンザワクチンは接種してから2-3週間経過しないと抗体ができないと言われています。流行が本格化する12月に接種しても遅い可能性があるので、できれば11月初旬から中旬までに接種するようにしましょう。ワクチンの効果は5か月間持続すると考えられています。13歳未満では2-4週間開けて2回接種とされており、13歳以上では基本的に1回で良いとされています。

■インフルエンザの予防

インフルエンザワクチンを打っても完全には感染を防ぐことはできないため、その他にも対策が必要です。インフルエンザは感染している人のくしゃみや咳、鼻水に含まれるウィルスを直接吸い込むか、地上に落ちたウィルスが乾燥した空気によって再び舞い上げられたものを吸い込むことによって感染します。そのため、外出時にウィルスを吸い込まないようにマスクを着用した方が良いです。また、帰宅時には手や喉についているウィルスを洗い流すために、手洗い、うがいは入念に行うようしましょう。ウィルスは乾燥に弱いため湿度を50-60%に保つように加湿器を使用しても良いでしょう。インフルエンザウィルスだけでなく、風邪や胃腸炎は体の抵抗力が落ちていると感染しやすいと言われています。十分な睡眠、バランスの良い食事、適度な運動を心がけてインフルエンザに負けないようしたいものです。

■インフルエンザ予防接種の適切な時期

インフルエンザは毎年1000万人の日本人が感染すると言われており、65歳以上の高齢者、妊婦、子供、呼吸器や心臓、腎臓などの基礎疾患をもつ人、免疫力が低下している人は重症化しやすいと考えられています。 インフルエンザにはA型とB型があり、毎年11月ごろから感染が始まり、1-3月にピークを迎えるのがA型です。B型はA型の少し後の3月ごろから5月くらいまで流行します。インフルエンザワクチンは毎年流行する可能性のあるウィルスを予想して製造されますが、A型、B型両方を含んでいることが多いです。2015年のインフルエンザワクチンはA型2種、B型2種を含んでいます。

■対症療法と抗インフルエンザ薬による治療

イインフルエンザワクチンは接種してから2-3週間で抗体ができ、その効果は約5か月間持続すると言われています。できればインフルエンザの流行が本格的になる12月には抗体ができていると良いので、11月初旬から中旬の間に接種した方が良いです。13歳未満は基本的に2-4週開けて2回接種することになっていますが、13歳以上では基本的に1回で十分に抗体が産生できると考えられています。値段は3000-5000円と病院やクリニックによって幅があるため事前に確認するようにしましょう。また、ワクチンの在庫が足りなくなるのを防ぐために事前に予約制にしているクリニックもあるので電話などで確認しましょう。

■インフルエンザの予防

インフルエンザワクチンは、ウィルスの感染を完全に防げるものではありません。しかし60%はインフルエンザの発症予防をできると考えられています。また、肺炎や髄膜炎などのインフルエンザに併発する重い合併症を防いだり、高齢者の死亡者数を減少させることが分かっています。 インフルエンザを予防するには適切な時期にワクチン接種をすることが大切ですが、他にもいくつか日常で行うべき予防法があります。インフルエンザは感染している人のくしゃみや咳、鼻水に含まれるウィルスを直接吸い込んでしまうか、一度地面に落ちたものが乾燥した空気によって舞い上がり、それを吸い込むことによって感染します。そのため、手洗い、うがい、マスクの着用は流行時期には必須です。また、ウィルスは乾燥に弱いため湿度を50-60%に保つように加湿器などを使用するのも良い予防法です。インフルエンザは自分の免疫力が強ければ感染しないこともあります。日頃から十分な睡眠、バランスの良い食事、適度な運動を心がけ、インフルエンザウィルスだけではなくその他の風邪や胃腸炎などに負けない抵抗力のある体を作っておくようにしましょう。

インフルエンザに対策に。免疫力UP!
  • コエンザイムQ10_50mg

    コエンザイムQ10_50mg

    コエンザイムQ10には、免疫力を高める働きがあり、老化防止(アンチエイジング)には、欠かせない成分です。

    1箱あたり¥1,396〜

    ご購入はこちら

  • HGAスプレー

    HGAスプレー

    シアリスはED治療薬としては国内で3番目に発売されたお薬です。主成分タダラフィルは、バイアグラと同様の作用を持ち、食事の影響を受けにくいというメリットからED治療薬として人気があります。

    1箱あたり¥6,126〜

    ご購入はこちら

  • 【ヒマラヤ】グドゥチ(免疫力強化)

    【ヒマラヤ】グドゥチ(免疫力強化)

    グドゥチは免疫力を強化する天然成分配合のサプリメントで、若返りと滋養強壮作用があります。免疫機能を強化することで身体や心にかかるストレスを、自らが対処できるようにサポートします。

    1箱あたり¥1,056〜

    ご購入はこちら

免疫力を高めるの強い味方
  • Lリジン1000mg

    Lリジン1000mg

    カルシウムの吸収や脂肪の燃焼になどに効果があり、育毛促進、骨粗鬆症の予防、ダイエット、免疫力の向上の栄養補助サプリメントとしても使用されています。

    1箱あたり¥1,496〜

    ご購入はこちら

  • 【ヒマラヤ】グドゥチ(免疫力強化)

    【ヒマラヤ】グドゥチ(免疫力強化)5箱パック

    ED治療薬として、バイアグラ・レビトラに続き国内販売されたシアリス。バイアグラやレビトラよりも薬効作用時間が長く、即効性があり、食事の影響も受けにくいというメリットがあります。

    1箱あたり¥1,056〜

    ご購入はこちら

  • 【ヒマラヤ】ジェリフォルテ(慢性疲労)

    【ヒマラヤ】ジェリフォルテ(慢性疲労)

    ジェリフォルテは日々身体や心が疲れている方におすすめの天然成分配合のサプリメントです。サプリメントに含まれる成分は、老化など様々な病気を引き起こす原因となるフリーラジカル(活性酸素)を抑制することにより、免疫力を高めるます。

    1箱あたり¥1,426〜

    ご購入はこちら

抗インフルエンザ薬
  • タミフル

    タミフル

    ウイルスの表面蛋白ノイラミニダーゼと特異的に結合して,その活性を抑え込み、体内でインフルエンザウイルスA型、B型を抑制します。

    1箱あたり¥5,627〜

    ご購入はこちら

  • タミフルジェネリック

    タミフルジェネリック

    有効成分のオセルタミビルはA型とB型のインフルエンザウイルスに効果があります。高齢者や持病のある人には予防薬としての服用が認められています。

    1箱あたり¥2,627〜

    ご購入はこちら

商品一覧を見る

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

この商品もいっしょに買われました!