カテゴリー
エロい人ほど禿げるというのは本当か

■エロい人ほど禿げるというのは本当?

スケベな男性は本当にハゲやすいのか?という俗説がありますが、はたしてそれは本当なんでしょうか? スケベな人はハゲやすいと言われるようになったのは、「男性ホルモンの分泌が多い男性」に禿げている人が多いからという説が有力です。 男性ホルモンとは睾丸から分泌されるテストステロンというホルモン。これは、いわゆる「男らしさ」を作るホルモンで、身体的には筋肉を増やす、体毛を濃くするなどの作用があります。 また精神的には、性欲を高めたり、競争心・闘争心・縄張り意識を高める働きをします。 英雄色を好むと言いますが、精力的でスケベでもある男性にはハゲが多い、というのは昔から人々がなんとなく感じていた経験的事実です。 しかし、英雄は必ず薄毛という訳ではなく、人一倍男性ホルモンが多くてもハゲない人はハゲないのです。

■真相解明!脱毛を促進するのは「DHT」というホルモン

薄毛は、男性ホルモンが主原因とされてますが、個々の遺伝情報により影響のしやすさが異なります。 男性の毛髪について最近判明した重要なことがあります。それは薄毛はテストステロン自体ではなく、それがある酵素によってDHT(ジヒドテストステロン)というホルモンに変換されると、脱毛を促進するということです。 テストステロンが多くても薄毛は進行しませんが、DHTが多いと若いうちから薄毛が進行し、毛髪が薄くなります。そして、テストテロンがどれくらいDHTに変換されるかは遺伝的に決まっていることも明らかになっています。「男性ホルモンの分泌が多い男性」はハゲやすいという説は否定されますが、全く関係がないわけではありません。

■薄毛は治療できる!画期的な新薬の登場

残念ながら、ハゲは遺伝で治らない。という、説は正しのですが、その常識を覆す画期的な薬が開発されました。 テストステロンをDHTに変換する5αリダクターゼⅡ型という酵素を阻害する「フィナステリド」という薬です。 最も有名なお薬がプロペシアで、今ではフィンペシアやフィンカーなど安価なジェネリックも販売されています。 プロペシアはもともとは男性の前立腺肥大を治療する薬として開発されたものですが、脱毛を抑制する作用もあることが分って日本でも2005年にAGA(男性型脱毛症)の治療薬として承認されています。実は、この薬が開発されたことがキッカケで発毛外来ができ、薄毛が病気の1種として治療の対象になりました。

 

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

AGAには、フィナステリド薬(抜け毛防止)
発毛促進には、ミノキシジル薬
3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック

この商品もいっしょに買われました!