カテゴリー

カンジダ症

カンジダ症は、真菌(カビの仲間)の一種であるカンジダが増殖して起こる症状です。

【カンジダ症の症状】

カンジダは普段から身体の中に存在する常在菌ですが、健康なときには症状はありません。しかしながら、疲れや病気、ときには副腎皮質ステロイドの使用で免疫力が低下すると、増殖して不快な症状を引き起こすことがあるのです。 皮膚に症状が現れるのが皮膚カンジダ症で、わきの下や足の付け根など、湿気が多い場所に発疹やかゆみなどを引き起こします。爪の先端からはがれたり白く濁る爪カンジダ症もあります。女性では膣に症状が現れることが少なくありません。膣カンジダ症は膣内でカンジダが増殖するもので、膣や外陰部のかゆみ、粘つく白い帯下(おりもの)が現れ、熱感や性交時痛を感じることもあります。

【カンジダ症の改善方法】

カンジダ症を発症してしまったら、改善するには原因であるカンジダの増殖を積極的に治療薬で抑えることが必要です。抵抗力が低下しているときに治療薬を使わずに放置すると、ますます不快な症状が増幅します。もちろん抵抗力の低下が原因ですので、睡眠をしっかりとるなど身体をゆっくり休めるようにしましょう。 また、カンジダ症は治療薬で治ったと思っても、再発することが多い病気です。カンジダは湿気を好みますので、湿気がこもらないように注意することが効果的です。シルクなど水分を吸収しやすく発散しやすい素材や風通しのよいデザインの下着を着用することもおすすめの方法です。

【カンジダ症の治療薬】

カンジダ症の治療には、発症部位にあわせて外用薬や内服薬を用います。皮膚カンジダ症には、カンジダの増殖を抑えるケトコナゾールのクリームや、クロトリマゾールのローション・ゲルを使用します。爪カンジダ症には外用薬で効果が不十分な場合にテルビナフィン錠を内服します。膣カンジダ症にも外用薬が用いられますが、150mgを1回だけ服用すればよいフルコナゾール錠という飲み忘れの問題がない治療薬も使われています。

おすすめ商品

オススメ商品

ダイフルカンジェネリック150mg

    カンジダなどの真菌の植物性の細胞膜の形成を有効成分フルコナゾールが阻害し、菌の増殖を防ぎます。また、膣そのものの粘膜の状態を健やかな状態に導くため膣が潤い、性交痛などの不快な症状を改善します。

詳細はこちら
オススメ商品

クロトリマゾールローション

    抗真菌剤クロトリマゾールローションです。カンジダ菌やカビ(真菌)などに使用されるローションタイプの抗真菌薬のです。白癬、カンジダ症、水虫、たむしなどの皮膚真菌症の治療に使用されています。

詳細はこちら
オススメ商品

クロトリマゾールジェル

    抗真菌剤クロトリマゾールのジェルタイプです。カンジダ菌やカビ(真菌)などに使用される抗真菌薬です。白癬、カンジダ症、水虫、たむしなどの皮膚真菌症の治療に使用されています。

詳細はこちら
オススメ商品

ラミシールジェネリック

    ラミシール(テルビナフィン)は、塗り薬で治りにくい爪の水虫や角化型の水虫などの真菌の細胞膜を破壊して殺菌的に作用し、主に水虫治療などに使用されています。

詳細はこちら
オススメ商品

ラミシールジェネリック250mg

    ラミシールジェネリックは水虫やカンジタ等に効果があります。主成分のテルビナフィンは原因となる白癬菌の細胞を破壊して菌の増殖を抑制します。

詳細はこちら
オススメ商品

ニゾラルクリーム

    ニゾラルクリームは、カンジダ症や水虫の患部に直接塗るだけの簡単な処置で、カンジダ症、水虫、タムシなどの気になる症状を早期に改善してくれます。また肌に留まる時間が長く、一度塗ると殺菌効果が長持ちします。

詳細はこちら