クラミジア・淋病

クラミジアと淋病は性行為により感染する性感染症(性病)でそれぞれ症状や病原菌が異なりますす。最近では喉から感染するケースもあり、どちらも感染者数が増加しています。

【クラミジア・淋病の症状】

性器クラミジア感染症は日本で一番多い性感染症で、クラミジアトラコマティスが原因菌にです。男性にはかゆみや違和感などの症状がでることもありますが、女性の半数は自覚症状がありません。発症がゆるやかで感染しても症状を感じにくいので、気付かないままパートナーに感染させることもあります。

放置しておくと男女ともに不妊の原因になります。 淋病感染症は淋菌が原因菌で、男性は発症が急激で激しい排尿痛などの症状がでます。感染から発症までの期間も短く、黄色い膿が分泌されるので症状に気付くことが多いでしょう。女性は無症状のこともあります。

【クラミジア・淋病の改善方法】

それぞれに応じた抗生物質の投与が必要です。症状は数日で軽快することが多いですが、完全に治っているかを検査をしてもらいましょう。慢性化する前にパートナーとともに治療を行うことが大切です。普段からコンドームを利用するなど予防を行い、不安な症状がある場合は早めに検査をしてもらいましょう。

【クラミジア・淋病の治療薬】

クラビット(レボフロキサシン)、アジー(アジスロマイシン)などはクラミジアと淋病に有効な抗生物質です。アジーは効果の持続時間が長く1日1回の服用で効果があります。菌が完全に死滅しないと、症状がぶり返したり慢性化する可能性があります。決められた服用回数を守りましょう。

普段服用している薬がある方は併用に注意が必要です。性感染症は誰にでも関係のある病気です。普段から知識や予防法も身につけておきましょう。

おすすめ商品

オススメ商品

クラビットジェネリック250mg

  • 成分:レボフロキサシン250mg
詳細はこちら
オススメ商品

アジー1000mg

  • 成分:アジスロマイシン1000mg
詳細はこちら
オススメ商品

アルダラクリームジェネリック

  • 成分:イミキモドクリーム5%w/w
詳細はこちら