カテゴリー

ステロイド剤が効く仕組みと様々なステロイド剤の種類について

まずはステロイド剤について知りましょう

ステロイド剤が効く仕組みと様々なステロイド剤の種類について

そもそもステロイド剤とは、副腎皮質という臓器から分泌されるステロイドホルモンを人工的に作ったものです。 ステロイドホルモンは、炎症反応を抑制し、身体の免疫バランスを保つ働きを持っています。アトピー性皮膚炎などのアレルギーは免疫反応が過剰になることで起こりますが、ステロイド剤を使うことでアレルギー反応を抑え、皮膚の炎症を和らげてくれます。

副作用を心配する人は、免疫抑制作用により正常な免疫反応までも抑えられるのではないか…と心配している場合が多いようです。しかし、ステロイド外用剤(塗り薬)はもともとステロイドの量が少ないので、よほど大量に、長期間塗り続けたりしない限り副作用を気にする必要はありません。くせになるとか、肌が黒くなるということもありません。正しい使い方をすれば、何も怖がることはないのです。

湿疹や酷い傷、皮膚炎などの症状に皮膚科では様々なステロイド外用剤が処方されています。 一方でステロイドを巡る情報は錯綜し、根拠のないステロイド剤への嫌悪など偏った情報によるステロイド剤への誤った認識もまだまだ多く見られます。 ステロイド外用剤がどのように作用するかなぜ必要かなど、ステロイド外用剤について紹介します。

ステロイドが皮膚の症状に効く仕組みは?

ステロイドはもともと体内で生成され分泌されるホルモンの1種です。 腎臓の上にある副腎という臓器の副腎皮質から分泌され、体内の機能のバランスを調整する働きを持っています。 その働きは様々ですが皮膚への作用の目的で軟膏が処方される場合には、主にステロイドの炎症や痛みを鎮める作用と免疫の働きを抑える作用が目的となっています。 炎症の起こっている部位では、炎症を引き起こすプロスタグランジンと呼ばれる体内物質が生成されています。 このプロスタグランジンは身体の組織の成分であるアラキドン酸からシクロオキシゲナーゼという酵素によって生成されます。 ステロイドはこのシクロオキシゲナーゼの働きを抑制する事で、炎症物質であるプロスタグランジンが作られる事を抑制します。 またステロイドはマクロファージと呼ばれる身体の免疫系の細胞の働きを妨げる作用を持ちます。 この作用によって、アレルギー症状など過剰に免疫系が働き過ぎる事で起こる症状を改善します。

ステロイドの正しい使用方法とは?

ステロイドと一言で言っても、実は様々なステロイドにはそれぞれ薬剤の強さの違いがあります。 日本皮膚科学会はステロイド外用剤をその作用の強さで5段階にランク分けしています。 ステロイドの強さランクは強い順にストロンゲスト、ベリーストロング、ストロング、ミディアム、ウィークとなっています。 ステロイド剤は漫然と使用し続ける事は推奨されていません。 しかし、症状の増悪期や急性期には相応しい強さのステロイドを適切に使用する事で悪化した症状を立て直し、症状を無駄に長引かせる事なく結果的にはステロイドの使用期間を減らす事が大切になってきます。 このような治療方針を元にステロイドのランク分けはなされています。 強いステロイドであるから悪いといった一面的な判断では無く、症状の状況に相応しい薬剤を選ぶためのランク分けである事を理解する必要があります。

ステロイド外用薬を使用する場合の注意点

ステロイド剤が効く仕組みと様々なステロイド剤の種類について

その症状がステロイド外用剤の使用が相応しいかどうかを見極める 酷い炎症やアレルギー症状などにはとてもよく効くステロイド外用剤ですが、逆にステロイド外用剤の使用によって悪化する症状もあります。 真菌の繁殖によっておこる白癬症や水虫、ガンジタ症はステロイドによって悪化します。 また細菌の感染によっておこる症状の場合もステロイドの使用は症状を悪化させます。 ステロイドの使用が適した症状かをしっかり確認しましょう。判断出来ない場合は受診が必要となります

漫然と使用せず、症状が改善したら切り替える ステロイド外用剤は、適切な使用によって症状が長期に長引く事を防ぐ事が出来ると言われています。 症状が軽減してきた後はより弱いランクのステロイド外用剤への切り替えや、使用間隔を長くしていく事などで徐々にステロイドの使用量を減じて行くことを推奨されています。

おすすめのステロイド外用剤とステロイドのランク

ベトネベートNクリームに含まれるベタメタゾン吉草酸は、ステロイドの分類である5段階の強さでは、3番目の強さであるストロングのグループに分類されます。 また抗生剤であるフラジオマイシンを含み、掻き壊しなど傷のある部位にも適しています。

テノベートクリームの成分であるクロベタゾールプロピオン酸は、ステロイドの分類である5段階の強さでは、最も強いストロンゲストのグループに分類されます。 長期間の漫然とした使用には適していませんが、症状の急激な悪化時に肌を立て直すためにはとても有効です。

ベトネベートS軟膏に含まれるベタメタゾン吉草酸はステロイドの分類である5段階の強さでは、3番目の強さであるストロングのグループに分類されます。 またシクロオキシゲナーゼの働きを抑制し炎症の症状を改善する作用をもつサリチル酸を含み、炎症で堅くなった皮膚にも適しています。

ステロイドの正しい使い方と間違った使い方

ステロイド外用剤は、1日2〜3回塗れば十分です。かゆみが治らないからといって、繰り返し塗ることはやめましょう。保湿剤と併せて塗る場合は、保湿剤を塗った上から、かゆみのある部分だけにステロイド外用剤を塗ってください。

ステロイド剤は即効性があるので5日〜1週間くらいで効果があらわれます。1週間経っても効果がない場合は、医師の診察を受けることをおすすめします。 かゆみがなくなってからも長期間(2週間以上)塗り続けたり、予防のために塗ったりすることは好ましくありません。肌のためにも、ステロイド剤をむやみに怖がらず、正しい付き合いをしたいですね。

 

アトピー、主婦湿疹にステロイド剤
  • ベトネベートNクリーム

    ベトネベートNクリーム

    皮膚の炎症をおさえるステロイド剤「ベタメタゾン吉草酸エステル」と、抗菌作用のある抗生物質「フラジオマイシン硫酸塩」を配合したクリームです。 ステロイドは皮膚の腫れや赤み、痒みを抑え、抗生物質は二次感染や化膿した症状に効果があります。

    1箱あたり¥ 1,228〜

    ご購入はこちら

  • ベトネベートクリーム

    ベトネベートクリーム

    日本ではリンデロン軟膏として販売されているステロイド剤です。べトネベートクリームの成分ベタメタゾン吉草酸エステルが炎症を抑え、皮膚の痒み、赤み、はれなどの症状を改善します。湿疹や皮膚炎などの治療に処方されています。

    1箱あたり¥ 956〜

    ご購入はこちら

  • フルコート

    フルコート

    フルオシノロンア(ステロイドの一種)は皮膚の炎症の治療に用いられるクリームで、化膿を伴う皮膚の炎症に効くと言われております。

    1箱あたり¥ 1,156〜

    ご購入はこちら

 

ヒルドイドクリーム
  • ヒルドイドクリーム40gm

    ヒルドイドクリーム40gm

    ヒルドイドクリームは傷の修復や血行促進、皮膚細胞への水分補給及び保湿効果などがあります。有効成分はヘパリン類似物質で、肌の奥にある角質層に作用します。皮膚のカサツキ、しもやけ、角皮症、アトピー性皮膚炎などに使用されます。

    1箱あたり¥ 4,280

    ご購入はこちら

  • ヒルドイドクリーム40gm3箱パック

    ヒルドイドクリーム40gm3箱パック

    ヒルドイドクリームは、昔から日本で使用されている保湿剤として有名であり、保湿・血行を改善してアトピー、ケロイド、皮脂欠乏症、凍瘡などの治療に使用されていました。その保湿力の高さから、最近では美容の分野においても使用されるようになりました。ヒルドイドクリームは肌の深部まで保湿されるため、さまざまな肌トラブルを解決します。

    1箱あたり¥ 2,327

    ご購入はこちら

  • ヒルドイドクリーム40gm5箱パック

    ヒルドイドクリーム40gm5箱パック

    ヒルドイドクリームの成分である「ヘパリン類似物質クリーム」は血行を促進する作用があり、目の下のくまに塗るとくまが消える効果も期待できます。肌の防御層(バリアゾーン)を超えて浸透していくため、持続性の高い保湿力があります。

    1箱あたり¥ 1,936

    ご購入はこちら

商品一覧を見る

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

この商品もいっしょに買われました!