ストレスで薄毛が進行する理由

■ストレスで薄毛が進行する理由

現代人はストレスが多く、ゼロにするのは難しいとは思いますがなるべくストレスを減らすようにしないと薄毛が進行する原因になります。 人間は自律神経といって、交感神経と副交感神経の2つの神経のバランスによって体の恒常性を保っています。強いストレスがかかると交感神経が緊張状態になり、末梢血管を収縮させたり、胃や腸などの消化管の動きを悪くしたり、眠れなくなります。これらは全て薄毛の進行に関与すると言われています。 末梢血管が収縮すると血行不良になり、毛髪を形成する毛母細胞が栄養を得ている毛乳頭に十分な血流が行かなくなり薄毛となります。また体にストレスがかかり、胃や腸などの消化管の働きが悪くなると毛髪の成長に必要なたんぱく質を十分に吸収できなくなります。ただでさえ仕事が忙しく睡眠時間が少ない上に、ストレスがかかって眠りが浅いと毛髪の成長に必要な成長ホルモンが分泌されず薄毛の原因になります。

■薄毛とホルモンとの関係

成長ホルモンは夜の22時から2時の間に最も分泌されると言われているので、この時間帯には熟睡していた方が毛髪の成長にとっても良いです。交感神経が過剰に働くとアドレナリンというホルモンが大量に分泌されます。このホルモンは人間の集中力や注意力のためには必要ですが、あまりに過剰に分泌されると酸化のもとである活性酸素の産生を増加させます。活性酸素は頭皮の皮脂汚れを過酸化物質に変えてしまいます。過酸化物質は粘性で、頭皮の毛穴に詰まり炎症の原因となり毛髪の発育を邪魔するので結果として薄毛になります。

■薄毛を予防するには

このようにストレスは様々な原因により薄毛の進行を促進することが分かっています。この他にも男性では男性ホルモン、女性ではホルモンバランスの乱れや過度のダイエット、頭皮トラブル、紫外線なども薄毛の原因になります。 まずはストレスをなるべく減らすようにリラックスして、睡眠を十分にとること、バランスの良い食事を摂って頭皮に刺激を与えないようにすることなどを試してみましょう。 今まで挙げたような対策をしても薄毛の改善が認められない場合には、育毛剤や飲み薬を試しても良いかもしれません。日本皮膚科学会のガイドラインでは、男性の薄毛にはミノキシジルとフィナステリドという成分が効果があるとされています。フィナステリドは女性には副作用が懸念されているので、ミノキシジルだけが含まれているものにしましょう。 薄毛の改善のためには、原因を解明することもとても大事なので一度発毛専門の病院を受診するのも1つの方法です。

 

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

AGAには、フィナステリド薬(抜け毛防止)
発毛促進には、ミノキシジル薬

この商品もいっしょに買われました!