免疫力、ストレス抵抗力、ホルモン活性化
女性はセックスで長生き
医者も認める効能
医者の100人中100人が認めるセックスの長生き効果

女性はセックスをすると長生きするか?という問いには、100人のお医者さんがいたら100人がYESと答えます。何回くらいが良いかは、年齢によって、その人によってさまざまで、何とも言えませんが、一応「したいだけするのが良い」と申し上げておきましょう。ムリをするのは良くありませんが、したいのをガマンする必要もありません。
なぜセックスをすると長生きすると言えるのでしょうか? それは運動不足が解消されるからではなくて(それもないとは言えませんが)、「長生きホルモン」の分泌が盛んになるからです。そういう名前のホルモンがあるわけではありませんが、セックスには長生きのプラスになるさまざまな内分泌を活性化する作用があります。
セックスをすると免疫力が高まる

セックスによる長生き効果の1つは、免疫力が高まることです。まず、セックスは免疫グロブリンAという粘膜を保護する免疫物質の分泌を活性化し、ウィルスの攻撃からヒトの体を守る力が増大します。
古い角質をはがすと下からきれいな新しい角質層が現れると思っていると、さまざまな肌トラブルからなかなか縁が切れません。角質層は肌のバリア層なのではがせばはがすほど肌のトラブルは多くなります。皮脂詰まりもその1つです。
また、セックスによって「抱擁ホルモン」とも言われるオキシトシンの分泌が活性化し、血流が促進されて体内の組織の修復が早まります。オキシトシンの分泌は、女性がオルガスムスを感じると通常の10倍くらい分泌されるといいます。
免疫力の強化はがんのリスクを軽減するので、長生きにストレートに結び付く効果があります。海外のある研究によると、以下の傾向があるとされています。

  • 男性は『射精の回数』が多いほど、がんのリスクが軽減する
  • 女性は『オルガスムスの回数』が多いほど、がんのリスクが軽減する

また、セックスをすることの二次的効果として、男性が乳房を愛撫することで乳がんの早期発見につながることがあります。
セックスをするとストレスに強くなる

また、オキシトシンは自閉症の治療にも使われている物質で、その分泌が活性化すると人間関係を円滑にし、ストレスを軽減する効果があります。
さらにセックスの快感はストレスに対する抵抗力を高めるドーパミン、幸福感を壮大するエンドルフィンの分泌を活性化します。
セックスをすると女性ホルモンのバランスが良くなる

女性ホルモンのエストロゲンやプレゲステロンの分泌もセックスによって活性化し、肌の張りとつやが良くなる、髪の毛の寿命が延びる、骨が丈夫になるなど、さまざまなアンチエイジング効果があります。
性交痛や不感症、パートナーのEDなどでお悩みの場合

様々な原因で女性がセックスに積極的になれないケースが多々あります。女性側では不感症や潤い不足(更年期障害の場合も)や性交痛、男性側では、勃起障害(ED)などです。
女性の更年期(40代半ばから50代半ばあたり)の場合、エストロゲン不足が原因のため女性ホルモン補充で根本改善が可能です。また、女性の不感症など、性行為の満足度が低い場合は女性用の商品も検討できます。
男性パートナーがED(途中で柔らかくなる、硬くならない、最後まで到達できないなど)でセックスレスの場合は、ED治療薬やジェネリックで容易に改善できます。男性は、ストレスや不安、うつなどの症状でも勃起が困難になりますが、ED治療薬はそういった心因性のEDにも有効です。
いずれにしても、男女の性の悩みは皆が経験する症状であり、改善薬がありますので、特に悩む時代ではありません。
不安、緊張でED治療薬の効果が落ちる?

セックスで過去にうまく勃起できなかった、途中で硬さがなくなり中折れしたなどの経験はある意味「トラウマ」として脳裏に残り、次もまた同じように勃起できずにセックスで失敗するのではないかという不安を感じます。
不安や緊張などは自律神経の「交感神経」が優勢になっている状態で、神経がピリピリした状態になり、勃起の邪魔をします。
そういった場合、ED治療薬の効果が落ちやすく、セックスにはリラックス状態(いわゆる自律神経の副交感神経が優勢な状態)が必要なのです。
不安や緊張でED治療薬の効果がいまいちという方は「安定剤」による心身のリラックス効果を利用することができます。
女性用の不感症・性交痛・満足度の向上に
3大ED治療薬 - 実績とユーザー数なら
ジェネリックED治療薬 - 人気も右肩上がり
早漏改善薬 - 早漏およびEDも同時に改善したい方
効き目が早い「チュアブル錠」 - 噛んで、水無しでも服用可能!
テストステロン補充 - 加齢による性欲、バイタリティの低下に