セックスレスに関する調査結果

■セックスレスの現状

近年、セックスレスになるカップルや夫婦が増加傾向にあり、一種の社会問題とも言われています。セックスレスとは、病気などの特別な事情がないのもかかわらず1か月以上性交渉がない状態を言います。調査によると20~40代の男女の半数近くがセックスレスだという事がわかっています。セックスレスの主な原因は「性欲がなくなった」という理由が3割を超え、男女比は男性は25%なのに対して女性は42%です。他にも仕事や育児などの疲れやストレス、環境の変化などもありますが、いくつかの原因が複雑に絡み合っている場合もあるでしょう。

性行為の頻度を増やしたいと思っている男性が75%、女性は47%程度と男性の方が多いです。その理由は面倒・疲れるが多く、女性の性欲低下が顕著となっています。性行為に対する重要性を見ても、男性で重要視していない人は30%で女性の場合は55%近くが重要視していないという結果が出ています。また女性の場合は年齢とともに重要視しなくなる傾向が強いこともわかりました。

■セックスレスの解消法

セックスレスについて相談・解決しようと思っても、相談する場所や相談相手、解決方法が見つからずに抱え込んでしまっているケースも多いでしょう。疲れやストレスなどをため込まないようにする事や、お互いのコミュニケーションを大切にすることも必要です。

また場合によってはED治療薬を使うことで解消の糸口になることもあります。

現状よりも性行為の頻度を増やしたいとバイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬を使った事がある人は全体の5.7%います。その中でもバイアグラを使用したことがある人が最も多いことがわかりました。 ED治療薬の入手先については医療機関を受診して処方してもらった人はそのうちの70%に満たず、友人やインターネットからの入手が30%となりました。医療機関の受診は抵抗がある人も多いと思いますが、インターネットでの購入については偽造薬もあるため注意が必要です。

 

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

現役サポート!夜の強い味方
もっとナイトライフを楽しむ
満足度UP!お役立ちアイテム