歳に関わらず非常に多い...
セックスのマンネリ化
もっとエンジョイできるんです!
日本の夫婦は5割以上がセックスレス?

日本家族計画協会の2014年の調査によると、50歳未満の既婚者のセックスレス(ここ1カ月以上性的接触がない)の割合は44.6%でした。「家族計画」という趣旨なので調査対象を20~40代の若い世代に限っていますが、50代、60代も含めて調査したら日本のカップルのセックスレス度は50%を大きく超えそうです。
コンドームメーカーの相模ゴム工業株式会社が2013年に行ったウェブアンケートでは、「セックスレスだと思う」と回答した人の割合は、既婚者全体で55.2%、40~50代の男性では約60%になっています。
子供中心の日本の家庭とセックスレスの関係

日本家族計画協会の調査では、自分がセックスレスだと思っている人にその理由を聞くと、男性では「面倒くさい」、「仕事が忙しい」、「疲れている」、「妻を愛しているが、セックスは飽きた」、「子供が起きるから」などの回答が多くありました。女性もいちばん多かったのは「面倒くさい」で、「子育てで手いっぱい」、「疲れている」などがそれに続いています。
ここで注目されるのは、セックスレスの原因として男女とも「子供」、「子育て」をあげていることです。日本の家庭は諸外国に比べると子供中心だと言われています。それは夫婦の呼名にも表れていて、子どもができると夫や妻はお互いにお父さん、お母さんと呼び合うようになります。
夫と妻ならセックスする気になりますが、お父さんとお母さんはではちょっとセックスしにくいのです。すぐに子どもが起きて「お父さんがお母さんをいじめている」などと言われそうな気がします。イギリスのコンドームメーカーが世界41カ国を対象にセックスの頻度を調査したところ日本は世界最下位だったといいます。それも「子供中心の家庭生活」ということが何ほどか影響しているのかもしれません。
元気だからするのではなく、セックスすることで元気になる

子育ての時期に何となく遠ざかっていたセックスに、子供が大きくなって家を出てからも戻れないという夫婦も少なくありません。また、それくらいの年齢になると男性に勃起力の不足や中折れという軽いED症状が出ていることもあるでしょう。
そんなときはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬が役に立ちます。使った経験のない人には、初めて使うときのハードルはけっこう高いようですが、実はある意味で市販の頭痛薬よりも安全で習慣性や依存性のない薬です。病院に行くと、1~2分の問診だけであっという間に処方してくれます。
それだけでなく、ED治療薬にはジェネリックという成分が同じで同等の勃起効果がある後発薬が多数開発されています。バイアグラは高いから・・・と言った多くの男性が抱くデメリットを解消したのが、カマグラゴールドやタダシップ、ジェビトラと言った安価なジェネリックED治療薬です。
セックスレスでも家庭生活、夫婦生活は一見何の問題もなく営まれていきます。何年しなくたって別に平気なのです。しかし一方では、セックスが夫婦に与える何か、セックスレスでない夫婦だけが知っている大切なものに気づいていないということもありえます。
そんな漠然とした話ではなく、長年セックスしていないひとはうつ病になりやすいなどというデータもあります。『元気な人がセックスするだけでなく、セックスする人は元気になる』ということも言えるのです。
不安、緊張でED治療薬の効果が落ちる?

セックスで過去にうまく勃起できなかった、途中で硬さがなくなり中折れしたなどの経験はある意味「トラウマ」として脳裏に残り、次もまた同じように勃起できずにセックスで失敗するのではないかという不安を感じます。
不安や緊張などは自律神経の「交感神経」が優勢になっている状態で、神経がピリピリした状態になり、勃起の邪魔をします。
そういった場合、ED治療薬の効果が落ちやすく、セックスにはリラックス状態(いわゆる自律神経の副交感神経が優勢な状態)が必要なのです。
不安や緊張でED治療薬の効果がいまいちという方は「安定剤」による心身のリラックス効果を利用することができます。
3大ED治療薬 - 実績とユーザー数なら
ジェネリックED治療薬 - 人気も右肩上がり
早漏改善薬 - 早漏およびEDも同時に改善したい方
効き目が早い「チュアブル錠」 - 噛んで、水無しでも服用可能!
女性用バイアグラ - 女性の快感を大幅アップ
テストステロン補充 - 加齢による性欲、バイタリティの低下に