カテゴリー

ダイエットに効果的!?肥満治療薬ゼニカルとは

新年を迎えて一月が過ぎ、寒さが厳しくなってまいりましたが皆様は「正月太り」について対策はお済でしょうか。ある調査によると日本人はクリスマスからお正月にかけてのたった10日間で体重が平均0.5キロ増加するというデータが発表されたそうです。忘年会や新年会で食べ過ぎたり飲みすぎたりすることはありませんでしたか?寒くて運動不足になってはいませんでしたか?そんな正月太りをリセットしたい皆様にいつもの食事を摂りながら脂肪分の吸収を防いでくれるダイエットのお薬を紹介します。

ダイエットに効果的!?肥満治療薬ゼニカルとは

ゼニカルは、肥満治療薬としてすでにアメリカでは処方されている医薬品です。アメリカのFDA (Food and Drug Adiministration, アメリカ食品医薬品局)、 日本で言う厚生労働省と同様の機関はゼニカルの効果、安全性、信頼性を確認し、1998年に正式に承認しています。
脂っこい食事を摂った後はリパーゼと呼ばれる酵素によって、脂肪は小さく分解されて体に吸収されます。 摂取した脂肪以上にカロリーを消費できれば良いですが、そうでない場合には皮下脂肪や内臓脂肪として体に蓄積していくのでダイエット中の人には脂っこい食事は大敵です。また、このように多くの脂肪が蓄積されて肥満になると狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患、腎臓病、糖尿病、脂質異常症、高血圧など様々な病気を引き起こすことが知られています。できればバランスの良い食事、適度な運動によって適正な体重になるようにダイエットをできれば一番良いのですが、外食産業やファーストフードが充実しており、現代人はカロリーも高く、脂肪分も多い美味しい食事にすぐ手が届く環境にあるのでダイエットが難しい時もあるでしょう。交通手段も便利になり、ほとんどの人が運動不足に陥っています。欧米人だけでなく、日本人も欧米化した食事や運動不足によって肥満の割合が増えており、それに伴い糖尿病、高血圧、脂質異常症なども増加傾向です。つまり、現代人は過剰に栄養を摂りすぎて自らを病気へと導いています。
ゼニカルはそのような脂肪分の多い食事を摂ったとしてもその吸収を阻害する作用があるので、食べてしまった後でも有効な可能性がある薬です。ゼニカルは脂肪を分解するリパーゼを阻害することによって、脂肪分を吸収させずに便として出してしまう作用があります。具体的には食事中の脂肪分30%を便として排出すると言われています。

ゼニカルの使用方法

ゼニカルは1回1錠を食後か食中に1日2-3回内服します。ゼニカルは食事に含まれる脂肪分を吸収されないようにする薬なので、食事との間が離れすぎていると効果が期待できません。そのため食後1時間以内には内服するようにしましょう。また同じ理由で、食事を摂らない時には内服の必要はありません。 日本ではまだ未認可なので、個人輸入している美容クリニックやインターネットの通信販売で手に入れることができます。

ゼニカルの副作用や注意点

ゼニカルは99%が脂肪分と一緒に体の外へ出てしまうので副作用の心配が少ないと考えられています。しかし薬の効果が脂肪分の吸収を抑えることで発揮されるため、吸収されなかった脂肪分が便と共に排出されるため下痢になることが多いです。この下痢に関連する副作用が最も多く、おならの増加や急な便意、便失禁、おならと共に下痢便が出てしまうこともあります。おならと共に便が出てしまうと外出先などで下着を汚してしまう恐れがあるので、女性用のナプキンなどを使用するのも良い対策方法の1つと言われています。
これらの副作用は服用後3か月以内に起こることが多く、短いと1週間程度で改善していきますが、長いと4週間以上続くこともあります。
その他の副作用としては、脂肪と一緒に吸収されるビタミンA、D、E、K、βカロテンなどが不足し肌が乾燥することがあります。市販のサプリメントをゼニカル内服後から2時間空けて飲むと良いと言われています。もちろんいつもより多めに野菜や果物を食事から摂取するように心がけても良いです。
極めて稀とは言われていますが、他の重い副作用としては肝機能障害、腎機能障害、膵炎、胆石症、アナフィラキシー(アレルギー)などが報告されています。食欲不振、皮膚のかゆみ、黄疸、手足のむくみ、尿量の減少、血尿、背部痛、倦怠感、腹痛の持続、発熱など、内服後に体の異常を感じたら早めに病院に行くようにしましょう。どの薬においても、人によって副作用の出方は違うので安全性が高いと言われているゼニカルでも注意は必要です。
また飲み合わせの悪い薬剤もあります。シクロスポリン、チラージン、ワーファリン、抗てんかん薬などを内服中の人は医師に相談しましょう。内服してはいけない方は、妊婦、授乳中、胆石症、腎臓や肝臓の機能障害がある方、消化吸収に関連する病気がある方、ゼニカルにアレルギーがある方となっています。
日本では個人輸入している会社などからインターネットを介して手に入りますが、偽物や類似品も出回っていることがあるので信頼できる所から購入するようにしましょう。

ゼニカルを効果的にダイエットに使用する方法

それではゼニカルは、どのような人に最も効果的なのでしょうか。
発売元の製薬メーカーであるロシュ社のデータによるとゼニカルとダイエットを併用した人は平均約5.7kgの減量に成功し、ダイエットのみの場合は約2.49kgの減量だったということです。つまりゼニカルをダイエットに併用すると最も効果的ということがわかりました。この報告は、1-4年間の観察期間でしたが3か月でも効果があるそうです。ただこれらのデータは、脂肪分の多い食事を摂り、国民の70%以上が肥満と言われているアメリカのものなので日本人で研究を行うと違う結果になるかもしれません。
何度も言うように、最も良いダイエット方法は食事療法と運動療法です。ゼニカルだけ内服していても痩せませんし、ゼニカルを内服しているから大丈夫と思って脂肪分の多い食事を気にせず食べるとなかなか痩せずに本末転倒になります。
極めて稀とは言われていますが、他の重い副作用としては肝機能障害、腎機能障害、膵炎、胆石症、アナフィラキシー(アレルギー)などが報告されています。食欲不振、皮膚のかゆみ、黄疸、手足のむくみ、尿量の減少、血尿、背部痛、倦怠感、腹痛の持続、発熱など、内服後に体の異常を感じたら早めに病院に行くようにしましょう。どの薬においても、人によって副作用の出方は違うので安全性が高いと言われているゼニカルでも注意は必要です。
まとめると、ゼニカルはダイエットを意識している人の補助として内服するのが最も効果的で、脂の多い食事の時だけ内服する方法もあります。ある程度痩せたけれど、もう数kg痩せたい方、体型管理が必要で数kg体重を落としたい方には向いているお薬かもしれません。
ゼニカルをうまく利用して、ダイエットを成功させましょう!

お正月太りが気になる方におすすめのダイエット関連商品

ゼニカル Roche (ロシュ) 1箱(42錠入)あたり6,073円から 詳細を見る

ゼニカル・ジェネリック(ザモカル)42錠 Zimmar Pharma (ジマー・ファーマ) 1箱(42錠入)あたり3,545円から 詳細を見る

ビーファット(ゼニカルジェネリック) Intas Pharma (インタス・ファーマ) 1箱(10カプセル)あたり2,116円から 詳細を見る

フェーズ2・カーボハイドレイト・ブロッカー500mg Source Naturals (ソース・ナチュラルズ) 1箱(30錠入)あたり1,126円から 詳細を見る

【ヒマラヤ】アーユルスリム(ダイエット) Himalaya Healthcare (ヒマラヤ・ヘルスケア) 1箱(60カプセル入)あたり1,596円から 詳細を見る

この商品もいっしょに買われました!