トリキュラーの飲み方・使い方と、トリキュラーで困った時の対応リスト

ピルと聞いてまず最初にどんなことを思い浮かべますか?ピルのイメージでは避妊や生理周期の安定に使われるがホルモンバランスに作用するため、鬱や吐き気、そして太りやすくなるなんて言う副作用もあるというのが一般的でしょう。

しかし、最近では低用量ピルといった副作用の少ない、それでいてホルモンバランスを整える効果や避妊効果、生理周期の正常化に効果のあるものが主流になってきています。

低用量ピルの事を詳しく知り活用する事で生活の質を上げることも可能です。

ここでは低用量ピルの中でもにほんでのシェア率ナンバー1のトリキュラーについて詳しく考察していきたいと思います。

■まずは低用量ピルについて知ろう!

ピルには高用量、中用量、低用量といった種類のものがあります。この低用量とは作用する女性ホルモンの含有量が少ないという事を表しています。高用量や中用量のピルは効き目が強く副作用も強い為、現在では緊急避妊ピルや不正出血を止めるなどの治療目的でのみ使われています。低用量ピルは避妊や生理周期の正常化などの目的で使用される副作用の少ないものなのです。

低用量ピルには女性ホルモンである卵胞ホルモン・エストロゲンと黄体ホルモン・プロゲステロンがバランスよく少量ずつ含まれています。この女性ホルモンの摂取が脳に妊娠していると勘違いさせ排卵を抑制させます。排卵されなければ精子が入ってきても妊娠は起こりません。

これが低用量ピルの避妊効果なのです。

低用量ピルを服用する事で妊娠と同じ状態になった体はピル服用をやめると妊娠状態でないことに気づき、排卵の再開、生理が起こります。これが低用量ピルの生理周期の正常化の仕組みです。

■低用量ピルトリキュラーとは?

では低用量ピルトリキュラーとはどのようなものなのでしょうか?トリキュラーは低用量ピルの第2世代、3相性のデイワンスタートピルですね。第2世代とはレボノルゲストレルという黄体ホルモンを使用したピルです。この第2世代ピルはエストロゲンが低用量でありながらも効き目の高いピルとして画期的な製品です。

しかし、アンドロゲン(男性化)作用もあるため黄体ホルモンを3相性にし、量を段階的にコントロールする事でその副作用を解決しています。

販売名はトリキュラー錠21/トリキュラー錠28です。製造販売元はバイエル薬品株式会社です。

トリキュラーの効果は以下の3つです。

  • ホルモンに作用し排卵を抑制する。
  • 子宮に作用し受精卵の着床を阻害する。
  • 子宮に精子の侵入自体を防ぐ。

  • トリキュラーの特徴として他のピルよりも副作用が少ない事があげられます。それはトリキュラーの3相性の形状が大きく関わっています。3相のピルは自然なホルモン分泌に似せて作ってあります。この事が副作用の軽減に一役買っていることは言うまでもありません。

    副作用はほとんどないと言いましたが全くないわけではありません。特に服用開始1か月間はホルモンの変化から不正出血や乳房の痛みや張り、吐き気や嘔吐など胃腸を悪くすることもあります。しかし、2~3ヵ月ほどで体が慣れその副作用も感じなくなるようです。

    トリキュラーの使用方法を守り正しく服用すると、避妊効果はほぼ100%と言われています。 しかも、飲み忘れなどがあった場合にも92%と高い避妊効果があるとされているのです。 この効果の高さは驚きですね。避妊の仕方でもめるくらいなら低用量ピルを飲む、という女子が増えていると聞きましたがなるほど納得できますね。

    ピルと聞いてまず最初にどんなことを思い浮かべますか?ピルのイメージでは避妊や生理周期の安定に使われるがホルモンバランスに作用するため、鬱や吐き気、そして太りやすくなるなんて言う副作用もあるというのが一般的でしょう。

    しかし、最近では低用量ピルといった副作用の少ない、それでいてホルモンバランスを整える効果や避妊効果、生理周期の正常化に効果のあるものが主流になってきています。

    低用量ピルの事を詳しく知り活用する事で生活の質を上げることも可能です。

    ここでは低用量ピルの中でもにほんでのシェア率ナンバー1のトリキュラーについて詳しく考察していきたいと思います。

    ■トリキュラー正しい使用方法とは?

    しかし、どのような効果の高いピルでも正しい使い方をしなければ効果は半減すると言えるでしょう。ここではトリキュラーの正しい使用方法について調べていきましょう。

  • トリキュラーの服用は6(赤褐色)錠剤からスタートします。
  • 1日1回1錠を服用します。
  • 6錠(赤褐色)⇒5錠(白)⇒10錠(黄)の順で21日間飲み進めます。
  • 最後の7日間は飲み忘れ防止のプラセボ錠(偽薬)を飲みます。(トリキュラー21の場合このプラセボ錠は含まれていません。)
  • これ以降は1~4を繰り返します。

    なお、飲み忘れた場合は避妊効果が確立されにくくなりますのでその周期は他の避妊方法を行う事をおすすめします。多く飲んだり自分の判断で中断するようなことは控えるようにしましょう。その場合は医師や薬剤師に相談したほうが良いでしょう。

    ■飲み忘れたらどうする?トリキュラーで困ったら

    トリキュラーは優秀な低用量ピルですが飲み忘れてしまうと思うような効果は発揮できません。 飲み忘れてしまったら必ず他の避妊方法を行って下さい。特にトリキュラーのような3相性のピルはどの段階で飲み忘れたかによって状況は変わると覚えておきましょう。

    では飲み忘れた時期ごとの対処法をお教えします。

  • 1錠目を飲み忘れた場合
  • ピルは月経が始まった日に服用するのですが飲み始めを忘れた場合は休薬期間を長引かせることがコツです。

    〇飲み忘れ12時間以内
    本来飲む時間から12時間以内の飲み忘れであれば問題はないのでそのまま服用してください。

    〇飲み忘れ12時間以上
    本来飲む時間から12時間以上経っていた場合は飲み忘れ分の錠剤をすぐ飲んで下さい。 この時通常の服用時より妊娠のリスクが高まりますので2週間はコンドームなどの他の避妊方法を併用する事をおすすめします。

    〇飲み忘れ24時間以上
    24時間以上経過しているという事は、本来先日に飲む分と本日に飲む分の2錠が手元にあるはずです。まずこの2錠をすぐ飲んで下さい。翌日の朝、その日の分を飲み、その日の服用時間にはもう1錠飲みます。その1錠は本来21日目に飲む分を服用します。その翌日からは通常の通り服用します。

    しかしこの場合、避妊効果はありませんので他の避妊方法を併用して下さい。

  • 2~20錠目を飲み忘れた場合
  • ピルの7日間ルールの法則にのっとりお話しします。
    ピルは7日間飲んでいれば卵巣は休眠しています。
    1錠くらいの飲み忘れでは排卵する危険性はありません。
    しかし12時間以上経つと効果は薄れてくるので注意してください。

    〇飲み忘れ24時間以内
    気づいた時点ですぐ服用し次からは通常通りに飲むようにしましょう。

    〇飲み忘れ24時間以上
    2錠続けて飲み忘れてしまうとトリキュラーの効果は薄れ妊娠のリスクは高まります。
    この場合はこのクールの服用を中止しましょう。
    新しいシートで次の生理から改めてスタートしてください。

  • 21錠目を飲み忘れた場合
  • 休薬前の飲み忘れは休薬期間の延長を意味します。
    休薬期間の延長はなるべく避けたい行為です。
    飲み忘れた日を休薬期間1日目と考え8日後に新しいシートを飲み始めましょう。

    正しく使った時の低用量ピルの効果は絶大なものです。そして、その中でもシェアトップクラスの低用量ピル、トリキュラーについてお分かりいただけたと思います。トリキュラーだけでなく低用量ピルはその特性をよく理解し使用する事がとても大切です。低用量ピルは正しく使用しその効果を存分に実感して下さいね。

     

     

    あわせて知りたい

     

    ↑お悩み別特集TOPへ戻る

    低用量ピルなら