美白効果と正しい使い方
ハイドロキノンと美白
知っておきましょう!
効果が高く刺激も強いのがハイドロキノン

ハイドロキノンは美容クリニックでも使用されている効果の強い美白剤です。ハイドロキノンクリームがメラニン色素を漂白する力は、一般の美白化粧品に含まれているコウジ酸やアルプチンの数十倍あると言われています。しかし、それだけに肌への刺激も強く、間違った使い方をすると美白剤のもっとも怖い副作用の「白斑」ができるおそれがあります。

市販の美白クリーム、化粧品にもハイドロキノンが含まれているものがありますが、濃度は2%までです。美容クリニックでは4%の濃度のものを使用しています。ハイドロキノンはメラニン色素を還元・漂白する作用の他に、メラニン生成酵素のチロシナーゼを阻害するはたらきがあります。

ハイドロキノンを配合したクリームや美容液の使用法で注意しなければいけないは次の点です。

  • 1. シミの部分にピンポイントで使用する
  • けっして顔全体に塗り広げたりしないように、綿棒などでピンポイントにつけます。

  • 2. 1日に1回、夕方に使用する
  • ハイドロキノンを使用しているときは肌は紫外線のダメージに弱い状態になっています。朝、肌につけて紫外線に当たるのは避けなければなりません。朝の洗顔でハイドロキノンを洗い流します。

  • 3. 朝のスキンケアでも保湿と紫外線対策はふだんよりも入念に
  • ハイドロキノンの使用中は肌のバリア機能が低下しているので、保湿にも注意してください。とくに白抜け予防のためにハイドロキノンをぬっていない昼間も紫外線対策は厳重に行なう必要があります。UVクリームやファンデーションだけでなく、帽子や日傘を活用してください。

  • 4. 炎症がある部分には使用しない
  • ハイドロキノンを使用しているときは肌は紫外線のダメージに弱い状態になっています。朝、肌につけて紫外線に当たるのは避けなければなりません。朝の洗顔でハイドロキノンを洗い流します。

  • 5. 冷蔵庫で保管する
  • ハイドロキノンは非常に酸化しやすい性質があるので、購入後は使用中もかならず冷蔵庫で保管してください。

  • 6. 妊娠中、授乳中は使用しない
  • 影響がないという証拠がないので、念のための注意です。
    美白・美肌のクリニック医薬品 - シミくすみ肝斑などの改善に

    ハイドロキノンクリーム(4%)

    • シミ・肝斑を改善する美白医薬品
    • 美容クリニックの定番商品なら
    • 保湿と紫外線ケアは必須です
    1本 956円〜

    コスメライトクリーム

    • トレチノインが肌のターンオーバー促進
    • ハイドロキノンと併用されます
    • 肌のピーリング効果を促進
    1本 986円〜

    ルミキシルブライトニングクリーム30ml

    • トランシーノの4倍の成分でお得!
    • しみくすみ肝斑を薄くするなら
    • 肝斑、老人性色素斑・ニキビ跡のシミに
    1箱 7,193円〜
    ニキビ治療薬の定番 - 市販薬では効果が限定的

    アダパレンジェル
    (ディフェリン)

    • 定番薬のジェネリック!
    • 成分アダパレン
    • 推奨度Aのニキビ治療薬
    1本 1,096円〜

    トレチノインジェル0.1%

    • ディフェリンのジェネリック
    • アダパレン成分配合
    • 大人のニキビには
    1本 1,616円〜
    他のニキビ治療薬 - 重度のニキビまで

    クリンダマイシンジェル

    • 重度のニキビの治療に
    • ディフェリンで効果がない場合
    • イソトレチノイン配合
    1本 3,280円〜

    ベンザックジェル(ディフェリン)

    • 軽度から中度のニキビに効果を
    • 95%に効果が!
    • 成分は過酸化ベンゾイル
    1本 3,780円〜

    トランサミン250mg(トラネキサム酸)

    • トランシーノの4倍の成分でお得!
    • しみくすみ肝斑を薄くするなら
    • 肝斑、老人性色素斑・ニキビ跡のシミに
    1箱 7,193円〜

    この商品もいっしょに買われました!