カテゴリー

バイアグラって飲んでからどんな感じで効いてくるの?

なかなか踏み切れないバイアグラの使用・・・実際どうなの?

なかなか踏み切れないバイアグラの使用

バイアグラが日本で知れ渡ったのは、かれこれ15年ほど前のこと。 この薬のお陰でインポは治らないという定説は覆され、中折れなどのED(勃起不全)に悩む人々の間で「あれは効く」という体験談がマスコミを賑わせました。 バイアグラをはじめとするED治療薬には、よいイメージを持っており積極的に使用する人もいれば、なんとなくの不安や抵抗感から使うのを躊躇してしまう人もいます。

「勃起しない」、「勃起しても途中で萎えてしまう」、「精力減退を感じる」、など、悩んでいる方で本当は利用したいと思っていても、なかなか決断が下せない。

そんな”バイアグラ適齢期”の男性の中にも、何となく服用をためらっている人が少なくありません。

そのためらいには、病院に行って「そういう薬」を処方してもらうことや、「バイアグラを飲むとどんなふうに効いてくるのだろうか」という未経験者なら当然の不安もあります。

不安を抱えつつも、躊躇していてもEDに悩まされている人によっては、何とかして改善したいと思っているはず。 そこで、実際に飲むとどういう作用があるのか解説したいと思います。

いよくあるバイアグラへの誤解

多くの人がバイアグラを飲むと、「エッチがしたくなるのだろうか?」、「すぐに勃起してしまうのだろうか?」という誤解をされています。

実際はバイアグラを飲んでも「何の変化も起きません」。

バイアグラは服用後30~40分ほどで効き目が出だし、30%~40%の人に、顔が火照ってきたり、赤くなったり、あるいは少し頭痛がするなどの副作用が、薬が効いてきたサインのように出てきます。

それも飲み慣れるとなくなってきます。それ以外の人はまったく何の変化も感じません。 バイアグラを飲んだということが心理的なスイッチになって、セクシーな妄想をし出すと勃起が始まりますが、勃起させたのは妄想であってバイアグラではありません。 バイアグラは勃起をサポートする薬です。服用後に急な仕事や用事が入って気をとられていると、薬を飲んだことを忘れてしまうほど。飲んだからといってどうということはない薬です。

い勃起すべきときにサポートしてくれるのがバイアグラ

しかし、妄想に限らず目や耳から性的な刺激を受けたり、実際にいろんなところを触られるなどの勃起すべき状況が出現するとバイアグラの効果も出てきます。

ペニスは自然に立つようになり、硬さも角度も充実します。セックスの途中で中折れしていたペニスにも、ゴールまで硬さを保つ体力がつきます。 また、ゴールしてもそれで薬の効果が消えるわけではありません。射精後にいったん勃起は終息しますが、バイアグラの効果は4~5時間持続しますので、2回戦をする気になったら薬は勃起をサポートしてくれます。 ここで1つ気をつけたいのが、バイアグラは薬の成分の血中濃度が一定レベル以上ある時間内なら勃起をサポートしてくれますが、やる気になるかどうかは本人次第ということです。 バイアグラを飲んだという心理的な影響で、やる気が増すことはあるかもしれませんが、バイアグラを飲んだら2回戦でも3回戦でもいけるというのは誤解です。 普通なら一度射精すると「お役御免」になっていたペニスが射精後にも硬さを維持、または休憩後に硬さを取り戻すと、もう一回相手を楽しませてあげようという気持ちになるのも自然です。やろうと思えばできる状態になるからです。 ED治療薬で一晩に2〜3回戦を楽しむ男性が多いのもそのせいで、硬さが維持できるとセックスへの意欲も高まります。 当然ながら、射精後も勃起がずっと続くわけではなく、性的興奮を感じなければ自然に戻ります。

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

もっとナイトライフを楽しむ
経済的◎ジェネリック薬品

この商品もいっしょに買われました!