カテゴリー
バイアグラと前立腺肥大症の関係について

■バイアグラと前立腺肥大症の関係について

ED治療薬のバイアグラが勃起不全に効果があると言われています。バイアグラは元々心臓血管系への効果を求めて開発された薬ですが心血管系への効果は期待されるほどのものではありませんでしたしかし治験を繰り返していく内にEDに対する効果があることがわかり、副作用または随伴症状によって得られる効果がこの薬の適応症となりました。以前では男性はEDになると性行為ができなくなり、また糖尿病や前立腺肥大症になっても性行為はできないという説がありましたが1999年にバイアグラが初のED治療薬として日本で発売されると、その説は覆されることとなりました。原則として性行為の際に使用するものですが、最近の研究ではバイアグラを継続的かつ頻回に服用しているとEDそのものが改善されてくることもわかってきました。ただしバイアグラを服用すれば性的欲求がなければ勃起して性行為が可能になるというわけではありませんので、単純なものではないのも確かです。男性の性機能低下には様々な理由があります。一般的には加齢などの自然要因や糖尿病やEDなどの病的要因があります。男性の性機能は、個人差はあるものの一般的に50歳を過ぎると次第に低下傾向にあると言われています。男性の性機能には、男性ホルモンの分泌量や神経系の状態などの様々な要因が関係しています。また、加齢になると前立腺肥大症や前立腺がんなど男性器に関係する病気になる確率が高くなります。また、現代の若い方に多い生活習慣病の関係で比較的若いうちから男性機能に障害を抱える男性が増えています。前立腺肥大症に有効だといわれるバイアグラの作用として、体内のPDE5の働きを阻害する薬になります。バイアグラは世界初のED治療薬として1998年アメリカで開発された当初は医師からの適切な服用方法について指導を受けず個人輸入する方が多かったため、使用した高齢者のうち数人が死亡する事故がおきました。バイアグラにはニトログリセリンなどの硝酸塩薬との併用が禁忌されており、その他にも併用注意薬がありますが、発売当初はそのような情報が行き届いていなかったため事故が起きることがあったといわれています。現在ではバイアグラをはじめED治療薬の服用については細かく説明があり正しく服用すれば多少の副作用はあるものの安心して服用できるようになっています。

■前立腺肥大症と勃起障害の関係

前立腺とは膀胱の下にある臓器で、主な働きとして精液の液体部分とする前立腺を作り精子に栄養を供給する役割をしています。膀胱の前に位置する前立腺は生殖に関わる重要な働きをする男性特有の器官ですが加齢により肥大化していく傾向にあります。前立腺の障害として主なのが前立腺肥大症ですが、この病気は排尿後の残尿感や頻尿などの尿障害として良く知られている病気です。前立腺が肥大化すると中を通る尿道が圧迫されるようになります。それによって頻尿や残尿感などの症状が出てきます。そのことに加え、勃起不全を訴える男性も多く見られます。前立腺肥大症は、下部尿路疾患と呼ばれております。下部尿路症状がEDを引き起こす可能性は高く、その確率は糖尿病の約2倍になるともいわれております。下部尿路疾患はEDの危険因子でもありますので治療によりEDも改善するといわれております。前立腺肥大症の治療は前立腺の平滑筋の緊張をほぐすことが有効ですので、現在はα1ブロッカーという薬で治療することが主に行われています。NO/cGMP経路は前立腺の平滑筋を弛緩させる作用がありますので、前立腺肥大症の治療にも有効だといわれています。実際に前立腺肥大症を治療すると勃起不全も改善されるケースも多く見られ、逆にED治療が下部尿路症状を緩和させるという結果もでています。その理由として前立腺肥大症の男性は膀胱や前立腺の平滑筋が適度に収縮していることが原因で排尿障害になっている方が多いためですバイアグラのようなED治療薬は、平滑筋を弛緩させるための薬になりますので、結果的にED治療が排尿障害も改善させる可能性があると思われます。勃起障害は前立腺肥大症の原因になることもあります。初期のうちは尿道の筋肉が固まってしまい排尿するときに管が緩まないことが症状を引き起こしています。尿道が柔らかく広がれば多少の前立腺肥大症があっても排尿自体は比較的スムーズに行われるし切れも良くなります。陰茎の勃起障害を調整することが前立腺の働きの1つですので前立腺肥大症は勃起障害に関係があると言えます。前立腺肥大症は加齢によってなりやすく更年期障害とも呼ばれています。日頃の食生活をはじめ生活習慣に気をつけていれば、ある程度の予防になり、病状を抑制することもできます。

■バイアグラが前立腺に効果的

EDの改善にはバイアグラを服用することが有効だということは、ほとんどの方が知る得ている事だと思いますが、それだけではEDを一時的に改善したとしても再発する可能性があります。EDを根本的に改善していくためには、EDになった原因を探ることです。EDというのは一般的には毎日の忙しい生活での環境の乱れ、仕事でのストレス、そして生活習慣病などによることが考えられています。その中で前立腺肥大症がありますが、一般的にはEDとは関係が無い様に思われがちです。しかし前立腺はEDに大きく関係しており理由として前立腺は精液を作る場所でもあるからです。前立腺肥大症は前立腺が大きくなる病気で発症が早い方ですと40代から大きくなっていくといわれています。普通前立腺は加齢に伴い縮んでいくものですが、現代の日本では逆に大きくなる前立腺肥大症が増加傾向にあります。その要因は現代の食生活にあるといわれています。昔と違い現代の日本人は栄養のある食事をたくさん摂取できるようになったので、そうゆう食生活の変化が前立腺に現れていると考えられます。具体的には、まだまだバイアグラと前立腺の関係ははっきりわかっていない事が多いのですが、前立腺肥大症を治療することでEDを改善できる方が多いのは事実です。

また、前立腺肥大症の手術後に性的不能になるケースもあります。前立腺除去の手術は成功したものの性的不能に陥った方がバイアグラを服用することで、PDE5を一時的に阻害して勃起を促す効果がありますので、術後の勃起障害にもバイアグラは有効なことが多いです。この前立腺肥大症の中心的治療薬はα遮断薬とも呼ばれ前立腺の緊張をとき、前立腺によって圧迫されていた尿路を拡張させます。バイアグラと併用の際には若干の注意が必要です。α遮断薬は血圧低下作用がありますので副作用として、起立性低血圧が起こる場合があります。この起立性低血圧がED治療薬によって増強されることで血圧低下作用が著しくなる可能性がありますので注意が必要です。ただし併用ができないわけでわなく、併用した場合はこのような副作用が起こり得ることを想定して体位を変動すれば問題はありません。このように前立腺肥大症の治療薬とバイアグラの併用は可能です。前立腺肥大の症状には個人差が大きくかかわってきますが、軽度であれば安全にバイアグラを用いる事ができ副作用のリスクをある程度理解しておくことが大事です。下部尿路症状とEDはとても深い関係がありますので、併用しながら治療されることをお勧めします。

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック