カテゴリー
バイアグラに対してのよくある疑問・質問

バイアグラはED治療薬として、もっとも世界的に知名度が高い薬です。バイアグラには勃起を補助する効果があります。EDには様々な要因が関係していますが、バイアグラには性行為の際に勃起しなくなったり、勃起が持続しなくなった陰茎を復活させてて満足いく性行為を促進します。ただし、バイアグラは勃起を補助する作用はあっても、無理に勃起させる効果はありません。バイアグラの正しい効果は性的刺激や欲求に反応して起こった勃起を、萎えないように補助する効果ですので、性的な刺激がなければ勃起することはありません。そして、バイアグラをはじめとするED治療薬は、心因性のEDに対して特に効果を発揮すると言われています。EDには3つの種類があり、この心因性EDとは、過去の性行為による失敗談や過度の緊張、子作りのプレッシャー、社会生活でのストレスなどの要因で発症することが多いです。特徴としては自慰では勃起するが、いざ女性を目の前にすると勃起しなくなってしまう事があります。また、性行為をはじめた時は勃起していても避妊具を装着すると萎えてしまったり、挿入中に中折れしてしまうなどの症状もみられます。その他にも、血管障害や神経障害などの身体的な問題があるタイプの器質性EDや心因性と器質性が絡み合って起こる混合型EDがあります。勃起の硬さが弱い、勃起が不十分なため挿入がうまくできなかったり中折れしてしまったなどの勃起機能の低下の多くは心因性EDに起因するものだと考えます。バイアグラの効果は正しい用法・用量を守って服用することで最大限の効果を得る事ができますが、逆に自分の思い込みにより誤った服用をしてしまうと薬の効果を得られないだけでなく、身体の悪影響を及ぼす危険性があります。正しいバイアグラの知識を身に付けるためにも、今回はバイアグラに関してのよくある疑問や質問を集めてみましたので参考にしてみてください。

■バイアグラの服用による心臓への影響はありますか?

バイアグラは心臓に負担をかけるのではないだろうかと心配されている方がいらっしゃると思いますが、バイアグラの薬の作用自体が心臓へ負担をかけることはありません。狭心症や不整脈を患っている方でしたら危険が伴う可能性はありますが、それ以外の方でしたらそれほど気にする必要はないものと思われます。健康な方でしたら特に影響がないもののバイアグラを服用すると血管の拡張により血圧が下がることは事実です。心臓への負担はほとんどありませんが、血圧を下げるということは、低血圧の方や血圧を下げるための薬を服用している方は危険な状態に陥る可能性がありますいので、これらの事を充分考慮しながら服用してください。

■バイアグラ服用し続けると大丈夫?依存性は

バイアグラを継続的に服用していても身体的な依存性は認められていません。基本的にバイアグラの成分は24時間で体の中から排出されますので薬の効果が弱まる心配もありません。ただし、普通の状態での性行為とバイアグラを服用したときの違いによりバイアグラなしでは物足りなくなってしまう精神的依存症になる可能性は否定できません。これは服用する方の精神的な問題になりますので、バイアグラの成分が原因となる依存症であるとはいえないでしょう。バイアグラは勃起不全に悩む方だけが服用する薬なのです。バイアグラなしで性行為ができる健康な方は控える様にしてください。

■バイアグラの副作用は?

バイアグラを服用したときの主な副作用として顔のほてりがあります。これはバイアグラによる血管拡張作用ですので、例えばアルコールを飲用したとき顔が熱くなって赤くなる状態と同じことです。また、めまい、頭痛、鼻水、鼻づまり、消化不良などの副作用が出る場合がありますが、これらの症状はほとんど一過性のもので薬の効能が切れる事により副作用もなくなります。これらの副作用は、軽いものであれば特に問題はありませんが、勃起が長時間おさまらないという副作用もまれに出る場合があります。あまり勃起が持続していると血液が途絶えているのと同じことなので4時間以上続く場合は医療機関に連絡して処置してもらうことを勧めます。持続したまま何時間も放っておくと性器の組織が破壊されてしまう場合がありますので注意してください。万が一副作用が強い場合は服用時にバイアグラを半分にして成分含有量の少なくして使用してみるのも良いとおもいます。

■バイアグラの服用の仕方は?

バイアグラの服用方法として最も適した方法を説明します。まず性行為の1時間前に服用することをお勧めします。理由としてバイアグラの効果は4~5時間持続し、そのピークは1.5時間くらいにきますので性行為の1時間前に服用しるのが効果的だといわれています。そしてバイアグラは食事の影響を受けやすい薬ですので、食事により薬物成分の吸収が阻害されてしまう場合があります。効果を弱めないためにも空腹時に服用してください。食事の際アルコールを飲むこともあると思いますが、過度な飲酒は、感覚を鈍らせバイアグラの効果が不十分になり、また副作用が出やすくなりますので飲酒はできるだけ控えるようにしてください。

■バイアグラ服用することで精子や胎児に影響はありませんか?

バイアグラをはじめ他のED治療薬の服用による影響で胎児に特別な影響を与えるということはありません。バイアグラは血管を拡張させる働きがある薬で元々の体内にある一酸化窒素を有効に活用するだけで体内で新しい物質を生みだし細胞に働きかけるような薬ではなく精子に与える影響などはないことから子作りの際に服用しても問題ないことがわかります。ただし精子の運藤率が上がるものではないですので、子どもがなかなか出来ないこといが精子の運動率に関わっている場合は、別の対処が必要になります。子作りに際しての男性のプレッシャーが原因のEDの場合ではバイアグラの効果が補助してくれるでしょう。

■バイアグラは誰でも効きますか?

バイアグラは正しい方法で服用すれば効果は現れますが、中には正しく服用したのにもかかわらず効果が現れない方もいらっしゃいます。薬の効き目には個人差はありますが、他にも効かない要因があります。その一つに精神的なものが原因となっている場合があります。バイアグラは体内に備わっている勃起しようとする力を助ける働きだけですので性欲そのものが減退している方には効果がありません。また精神的なものだけでなく、身体的なものが原因でバイアグラが効かない場合もあります。そのひとつに加齢があります。加齢によって全身の機能が鈍くなっているため勃起しようとする力が弱くなっておりバイアグラでは補助できない場合があります。

■バイアグラの服用後、運転しても大丈夫?

バイアグラの副作用には眠気はありませんが、めまいや一時的な視覚障害の副作用が出る場合もありますので服用後の運転には十分に注意する必要があります。あまり神経質になることはありませんが、バイアグラにこれらの副作用があることを知っておけば落ち着いて対応することができると思います。

バイアグラを服用するか迷っている方は一度体験してみるのも良いかもしれません。これらを参考にしてEDでお悩みの方は是非トライしてみてはいかがでしょうか。バイアグラは性生活に自信を取り戻す大きな手助けになってくれると思います。

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック

この商品もいっしょに買われました!