カテゴリー
バイアグラの主な副作用について知ろう

男性が抱える悩みに関して性の悩みというのは深刻な問題です。性の悩みは、なかなか他の人には相談しにくいものです。他人には相談出来ず一人で抱えてしまっている方も多いのではないでしょうか。そのような性の悩みを解消すべく様々な治療薬の開発が行われています。男性の性に関する悩みでもっとも多いのはEDと言われる勃起障害です。そのような勃起障害になってしまった男性の悩みを改善してくれるのがバイアグラというED治療薬です。勃起不全というのは以前は改善するのが非常に難しい症状とされていましたが、バイアグラが開発されたことで多くの方が悩みを改善できるようになりました。バイアグラはアメリカのファイザー社によって開発された世界で最初のED治療薬です。バイアグラの有効成分はシルデナフィルという物質でクエン酸シルデナフィルとも呼ばれています。この物質は元々狭心症の治療薬として開発が進められていました。その理由にシルデナフィルは血管の拡張を阻害するPDE5の活性を抑制する働きがありました。研究を重ねている内にシルデナフィルは勃起不全を改善する効果があることが発見されました。勃起というのは性的な刺激を得る事で血液が陰茎の海綿体に流れ込むことで起こりますが、多くのEDの方は動脈硬化などにより血管が狭くなり血液の流れが悪くなる傾向がEDにつながる要因となっていました。シルデナフィルの有効作用がPDE5の働きを弱め、血管内の平滑筋が拡張することで血流が良くなり勃起を促してくれることがわかりました。バイアグラは法的に認可を受けている医薬品ですが正しい用法用量を守らなければ副作用の危険性があります。使用方法を守れば非常に安全な薬といわれていますが、いくつかの副作用が存在します。誤って使用すると最悪の場合、死亡事故を引き起こしかねませんので、そのような事態にならないためにもバイアグラが引き起こす副作用を事前に知っておく必要があります。

■バイアグラの副作用の症状

 

  • 頭痛
  • バイアグラを服用すると服用後2~3時間程で頭痛が起きる場合があります。軽度の症状が多いので我慢出来ないほど辛いという感じではありません。ひどい偏頭痛といった症状ではなく、比較的軽度のタイプになります。バイアグラ自体効果が短めの薬ですので軽い頭痛であれば少しゆっくりしていれば回復も早いでしょう。バイアグラによる頭痛の発生頻度は、人によって異なりますがもし副作用による頭痛が頻繁に起こるようであれば医師に相談しましょう。
  • のぼせ・ほてり
  • バイアグラを服用したことで、のぼせや顔のほてりの副作用が出る場合があります。この副作用の要因はバイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルによる血管拡張作用の影響だといわれています。この症状は数時間程度で治まるケースがほとんどですので、あまり心配する必要はありません。ただし、長時間の副作用が続く場合は医師に相談するようにして下さい。
  • 消化不良
  • バイアグラを服用することで、胃腸の状態が悪くなるというケースがあります。上腹部に痛みや不快感を感じる事があり、痛みは持続する場合もありますが、繰り返し起こる場合もあります。この場合薬に頼ることが多いのですが胃腸が元々弱い方はこういった副作用が出やすいといわれています。胃腸薬などで症状は改善できますが、日頃からの食生活を改善していくことも必要です。
  • 色覚異常
  • バイアグラを服用後、光に過敏になったり色が変化して見えるなどの色覚異常の症状が起こる場合があります。また、物が青く見えるという青視症という副作用を引き起こすこともあります。色覚異常の症状が出る方はごくわずかですが、そのような症状が出た場合は運転は控えるようにしてください。バイアグラの効果がなくなれば症状も自然と治まっていきます。
  • 腰痛・背中の痛み
  • バイアグラを服用した場合、ごくまれに筋肉の痛みを伴うことがあります。この副作用は腰痛や背筋痛が多くみられ、比較的筋肉質な男性に出やすいといわれています。数自体は多くありませんがこの副作用がでると頭痛などの副作用に比べかなり辛いようです。痛みがひどい場合は鎮痛剤で対処することが症状改善の近道です。

     

    ■重度の副作用

    上記ではバイアグラに関する比較的軽い副作用の症状を説明してきました。このようにバイアグラでの服用によって引き起こされる副作用の症状は軽度なものが多いです。しかし普段他の病気で治療をうけている方や他の治療薬を服用している方は注意が必要です。

    ■低血圧の人はリスクが高い

    バイアグラを服用するにあたり日頃の血圧を把握しておくことが大事です。普段から低血圧の方はバイアグラを服用すると副作用のリスクが高いそうです。その副作用の症状は生命の危険を伴うショック症状の危険性があります。バイアグラを服用すると血管の拡張が促されるのですが、血管が拡張されることで血圧は下がります。普段血圧が正常値の方がバイアグラを服用すると血圧は8m~9m程度下がることがほとんどですが、普段の最小血圧が50m未満の時が多い方がバイアグラを服用し血圧が低下したとしたら正常値の方に比べるとかなりの割合で血圧が急降下したことになります。急激な血圧低下はショック症状を引き起こすリスクが極めて高く、かなり危険な状況に陥りかねません。高血圧の方がバイアグラの服用に注意が必要なのは言うまでもありませんが、低血圧の方も服用の際は十分に注意するようにしましょう。

    ■高血圧治療薬

    高血圧の症状がある方に処方される主な治療薬として降圧剤があります。この降圧剤がバイアグラとの相性が悪く併用して服用すると危険な副作用が現れる事があります。その理由としてバイアグラは血管に作用して血管拡張を起こすからです。この血管拡張作用により勃起が促されるのですが、高血圧治療薬とバイアグラを併用すると血管拡張作用が相乗され降圧効果が増える事になります。バイアグラは血圧を下げる作用があることから、降圧剤と併用することで一時的な立ちくらみやふらつきなどの症状が出たりするようです。副作用として降圧作用が強く出たりするケースが見られる場合もありません。しかし、血圧が普段から不安定な方は細心の注意をしないと重篤な副作用が出るリスクがあります。EDの原因が高血圧が原因の場合も多いので、日常生活の改善もEDの解消と同じく血圧を安定させることになります。

    どんな薬にも何らかの効果がある反面、副作用が起こる可能性はあります。バイアグラを服用する際にも使用前には効果効能だけでなく副作用についても正しく理解しておく必要があります。また正しく処方されていたとしても場合によっては軽度の副作用が見られる時もあります。バイアグラを服用している方のほとんどは副作用を経験されているといわれています。たとえ副作用がでたとしても軽度なら特に心配はいりません。ただし、症状が強めに現れたり症状があまり続くようでしたら医師に相談した方が良いでしょう。服用方法に問題があったり体質的にバイアグラが合わない方もおりますので、そのままにしないことです。副作用が起きている時間の目安として5~6時間程度といわれていますのであまり副作用の時間がつづくようでしたら検査してもらった方が良いでしょう。いくら健康な方でも体質的な相性といったものもあるので、無理して服用することは避けてください。

     

    ↑お悩み別特集TOPへ戻る

    3大ED治療剤

    この商品もいっしょに買われました!