カテゴリー
バイアグラの食事の影響

■バイアグラの食事の影響

EDとは勃起が起こらない症状や、硬さが不十分、勃起状態が維持できない等の状態の事でEDで悩む男性は満足な性生活を送ることができず不安な日々を過ごしています。そのような男性の悩みを解決してくれるのがED治療薬です。日本国内で製造や販売がおこなわれているED治療薬は複数ありますが、代表的なED治療薬として挙げられるのがバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類になり、この3種類は世界三大ED治療薬とよばれており、勃起障害の治療には欠かせない存在となっています。バイアグラ、レビトラ、シアリスは三種三様の効果があり、それぞれのメリットを生かせる服用の仕方をすることにより、効果が期待できます。バイアグラは50mgに対してクエン酸シルデナフィル70.23mgが含まれており、その中にはさらにシルデナフィルが50mg含まれています。レビトラは20mgに対して塩酸バルデナフィル水和物23.074mgが含まれていて、バルデナフィル20mgも含有されています。そしてシアリス20mgに対してはタダラフィル20mgが含まれています。ED治療薬は種類によって食事との関係が違ってきます。ED治療薬は正しい飲み方を守ることで、勃起時の硬さや持続時間を最大限に引き出す事ができます。ですが仮に不適切な服用をしてしまうと多くのケースで効果の減少が見られます。陰茎が全く反応しなかったり、一度勃起してもすぐに萎えてしまうといった状態があります。そして正しく服用しないと効果が発揮されないだけでなく、場合によっては副作用だけが増加したり陰茎に多大な悪影響を及ぼす可能性があります。ここではバイアグラを重点的に説明していきますが、バイアグラはレビトラやシアリスなどのED治療薬の中でも、最も食事の影響を受けやすい薬です。空腹時に服用することで満腹時に服用するのと比べ、効果が現れるまでの時間が2倍以上早いとされています。服用方法によっては効果を弱めてしまったり、効果自体が全く発揮されないこともあります。バイアグラの効果を最大限に引き出すためにいくつかのポイントを説明していきたいと思います。

■食事の影響を少なくするポイント

バイアグラは服用後効果が現れてくるのが30~40分ほど経ったあたりだといわれています。そして効果が最も高くなるのは1時間程経過したあたりとなります。そして1時間経過したあとは次第に効果が落ちていき3~4時間程で半分ほどの効果になっています。この効果時間の流れをふまえると服用は行為の1時間前にするのが一般的には効果を最大限に得ることになります。しかしバイアグラは食事の影響を受けやすいので食事のタイミングも非常に重要となってきます。バイアグラを服用してもあまり効果が得られなかった方は食事と服用のタイミングに問題があることが多く見られています。バイアグラは食事を済ませた後に服用すると効果が極端に低下するため食前の服用をお勧めします。また、食後2~3時間ほどあけてから服用した場合でも、揚物などの脂が多く、消化しにくい食事を摂った場合は効果が半分程しか得られないと言われています。バイアグラは胃の中に食べたものが残った状態だと効果がでにくいという性質があります。ただし、一度しっかりと消化されてから作用が働いていけば胃にはすでにバイアグラは残っていないので、その後食事を摂ってもかまいません。食事の影響に関しては個人差がありますので、まずは空腹時に試してみてご自身にあった感覚を分かるように調整しながら服用してみるのも良いでしょう。食事を摂ってから性交まで時間がある場合は、食後2時間以上経ってから服用するのが良いでしょう。ただし、食後2時間というのは脂っこい食事を摂っていない前提の話です。肉類や揚物系を食べた後であれば2時間後であっても服用しない方が無難だと思われます。また食後すぐに性交する場合は食事の前にバイアグラを事前に服用し30分後に食事をとることでバイアグラの効果をしっかり得る事ができるでしょう。食事の内容については脂っこいメニューはなるべく避けるようにして、あっさりとした消化の良いものを摂るようにしてください。満腹になるまで食事を摂ると薬の吸収を妨げる事がありますので、腹八分目位にしておきましょう。

■バイアグラが食事の影響を受ける原因

バイアグラは空腹時に服用することでバイアグラが胃で溶け腸内吸収され有効成分が血液中に流れだし有効成分が動脈を弛緩することで勃起を働きかけます。バイアグラの有効成分は胃でとける際に脂肪分が胃にあると脂分と有効成分が混ざります。ですが食事の影響により吸収されなければ、本来有効とされる成分は血中に流れ出すことができず便として排出されるだけで効果の影響はありません。バイアグラは空腹時に服用し、空腹のまま性交をするのが最も効果的な使用方法とされていますが、食事の影響でバイアグラの薬の成分の腸管への吸収が食事の影響で阻害されてしまうためです。

■アルコールの影響

アルコールの影響に関しては普通の状態に比べると、どうしても勃起力は落ちると思われます。ED治療薬的には効果は認められるのですが、アルコールにより脳の状態が少し麻痺しているためアルコール無しよりは勃起力が落ちるというわけです。アルコールの摂取については適量であれば精神的なリラックス効果を得られるので問題はありませんが緊張しているからといって大量の飲酒をしてしまうとバイアグラの効果を弱めてしまうばかりではなく、体に悪影響を及ぼす危険性がありますので注意するようにしましょう。アルコールを飲んでいると、血管が拡張して、顔が紅潮したり脳の状態により頭が火照っているような状態になります。そのような状態で、さらに血管を開いたり、血圧に影響のあるバイアグラを服用すると副作用の効果が強く出る危険性があります。少量の飲酒では性欲を高める効果もありますので、かえって有効な場合もありますが、結論としては飲酒によってはバイアグラの効果を落とす可能性が多いということになります。

基本的にバイアグラは耐性が生じて効果が減ったりすることはありません。もしバイアグラを服用しても満足いく効果が得られなかった場合には食事の影響、食事と関連した服用方法、そして服薬のタイミングをもう一度確認することが必要です。またバイアグラはアルコールも影響します。バイアグラは食事に影響されやすい薬ですので、まず、確認することは服用方法とタイミングになります。バイアグラであまり効果を感じる事が出来なかった方は、一度完全な空腹時にバイアグラを服用してみてください。もしそれで勃起効果を得る事ができたのであれば、今までの服薬のタイミングが悪かったという事になります。またバイアグラはご自身の性欲の増加が無い状況では、十分な効果を得る事はできません。仕事や家庭での疲れやストレスが性欲の増加しきらない原因になります。バイアグラは勃起を妨げる酸素を阻害することで、海綿体への血流を増加させる作用を持つ物質の形成を助けてくれます。それにより性的興奮や刺激を受ける事で勃起を促します。バイアグラはあくまでも男性機能に対して作用する薬で性欲を高める効果や、興奮作用はありません。せっかくの効果を薄めてしまっている人はここで改めて服用の注意を見直してみましょう。効果を最大限に引き出すためにも正しい服用方法が大事です。

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック