カテゴリー
バイアグラを処方できない理由

■バイアグラを処方できない理由

バイアグラはED勃起不全に有効と言われ治療薬として多くのEDで悩む方への手助けとなっています。しかしバイアグラは強い薬で場合によっては副作用の心配もあるので、だれでも処方されるわけではありません。処方できない方の例として挙げられるのは、バイアグラの成分に対して過敏症の既往歴がある方、または硝酸剤や一酸化窒素、供与剤を投与中の方、重度の肝機能障害や治療管理がされていない高血圧の方等です。バイアグラは強制的に血流を強くさせるものです。不良な血液を無理やり送ろうとすると血管が対応出来なくなり血管がパンクしてしまいます。人の身体の中心は副腎です。その副腎を正常な機能にもっていかないと何をしても良好な血圧数値にはなりません。バイアグラ自体は正しい服用を守っていれば非常に安全性の高い薬ですが、病気や体質によっては処方できない方もいます。過去にバイアグラを服用した際に副作用が見られた場合には再度服用しても同じ様に副作用を起こす可能性が高いので処方されることはありません。また、肝臓に障害がある場合も薬の成分を中和する機能があるため慎重に処方を検討しなければなりません。ニトログリセリンなどの心臓病の治療薬を使用している方は併用すると特に危険です。もともとバイアグラは血圧を下げる薬として開発されたもので、もし他の心臓治療薬や他の血圧を下げる薬品などと誤って併用した場合、血圧が下がり過ぎることによりショック状態を引き起こすと言われており、最悪の場合は死に至る可能性もあります。バイアグラは媚薬や精力剤とは違い薬です。ED治療のために大きな効果を持つ反面、副作用を起こす危険性もあります。ご自身の身体を守るためにも服用を考えている方は正しい知識を得る事からはじめましょう。ここではバイアグラを処方するにあたって特に注意しなければならない点を重点的に説明していきたいとおもいます。

■心臓疾患とバイアグラの危険性

バイアグラの有効成分のシルデナフィルは身体に溶け込みやすく、即効性が強いのでED治療薬としては申し分のない効果があります。服用後、30分程度で効果が出はじめるので性交の計画をあらかじめ立てる必要がなく、ある程度の気分次第でED治療を始められるメリットがあります。ほとんどの成人男性が処方できるバイアグラですが、心臓に疾患を抱える人や生まれつき心臓に何らかの障害があり心臓病の薬を服用している方は併用が厳格に禁じられています。上記でも少し説明しましたが、硝酸剤を使用している方はバイアグラとの併用は相性が非常に悪く併用してしまうと命の危険をともなう副作用を現わすことがあります。元々バイアグラは心臓病の治療薬として開発されていましたが思うように効果が得られず、その反面で勃起不全に対して効果があることが分かりました。その働きとして海綿体への血流を促進させることにつながり勃起に対する力が働くということです。その作用は健康な方への影響としては効果が得られますが、心臓に疾患のある方に対してはより心臓への負担を高めてしまう恐れがあります。一般に性行為は心臓に負担をかけますので心臓に疾患のある方は性交中に狭心症の発作を起こす場合があります。心臓病の治療には硝酸剤がよく使われており併用すると急激に血圧が下降するおそれがあり、硝酸剤は飲み薬だけではなく、舌下錠、貼り薬、吸入薬、塗り薬、スプレー等もありますので硝酸剤が治療薬に含まれているか確認しておくことも必要です。

■バイアグラと肝臓病の関係性

バイアグラは肝硬変等の肝機能に障害がある方も処方されない事があります。バイアグラが直接肝機能障害の症状を引き起こすわけではありませんが肝臓への影響はあります。肝機能障害の場合は重症度によって処方が左右されます。脂肪肝やアルコール性肝障害の場合には比較的処方されやすいです。また慢性B型肝炎やC型肝炎の場合でも肝硬変まで至ってなければ処方されるでしょう。しかし肝硬変まで達している場合は問題点が多くでてきます。バイアグラは肝臓で代謝され、糞中に排泄されることから、重度の肝硬変の方が服用した場合、排泄が遅延し血中濃度が増大する可能性があります。肝機能障害とバイアグラ服用の問題は、薬の代謝の問題で肝機能障害の程度の問題です。肝臓疾患自体に影響はないものと考えられます。

■バイアグラと高血圧の関係性

高血圧の方の方へのバイアグラ服用は危険という認識をもっている方がいるかも知れませんが、たとえ高血圧でも、医師と相談するなどして問題が無いと判断されれば服用は可能です。何故、高血圧の方に注意が必要なのかと言えば、バイアグラは血圧を下げる作用があるので高血圧の方が普段服用している降圧剤と併用することで、ふらつき等の低血圧の症状が出る場合があるからです。また、高血圧が要因となって勃起不全を引き起こす場合が多いそうです。勃起不全は陰茎の血流が滞る事で起こるもので血流が深く関係しているものと思われます。高血圧の場合、動脈硬化を引き起こしやすく、これによって血行が悪くなるので勃起不全になる例が多く見られます。バイアグラは、降圧剤と併用しても特に問題はないと言われておりますが併用することで効果が感じられなくなることもあるようですので、そのような場合は医師に相談してみると良いでしょう。高血圧の原因は、普段の食生活や生活習慣の乱れが原因で起こることが多く勃起不全にも影響を与えていると思われます。日常生活の改善も視野に入れながら治療していくことをお勧めします。

■バイアグラの誤った処方で起こる事故

バイアグラの腹上死事故と聞いて記憶の残っている人も多いと思われます。バイアグラには併用してはいけない薬や、服用してはいけない人がいます。正しい処方をしてもらえばそのような問題は起こさずすんだのですが、個人の誤った認識による服用方法がこのような悲しい事故を引き起こす要因となったのです。実際に事故を起こした男性の中にはバイアグラと併用してはいけないニトログリセリンを使っていた方もいたそうです。その後は国内でも医療機関で処方を受けられるようになったりしたので、このような事故はほとんど耳にすることはなくなりました。ただしバイアグラのような薬を使わない場合でも高血圧や脂質異常症などの症状をもっている方は性行為の際は健康な方に比べリスクがあることを自覚して穏やかな性行為を心がけていく必要があると思います。

ED治療薬について世間一般的に使用されるようになってきましたが、いまだにバイアグラは危険な薬として認識している人もいるのではないでしょうか。ですがED治療薬は日本の厚生労働省の厳しい審査の上で安全性と効果を認められている、安心・安全な医薬品なのです。ただしED治療薬には併用してはいけない薬が複数あり飲み合わせによっては命に関わる問題にもなりかねません。普通でしたら安全な正規品を正しい用法で服用しなければならないのですが、そういった知識を持たずに他の人から分けてもらったり安易な考えから禁忌薬と併用してしまうことで大事故につながったケースもあります。その一部の事故が大々的に世界で取り上げられる事で人々の心にED治療薬は危険な薬だということを誤って認識させてしまったはずです。ED治療薬は用法用量が決められており併用してはいけない薬もあります。多少のリスクはありますが正しい用法用量を守れば安心して服用することができます

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック

この商品もいっしょに買われました!