低用量ピル

■ビキニラインの黒ずみの原因は?

ビキニラインの黒ずみは、他人にはなかなか相談できない悩みのひとつです。 デリケートゾーンは、Vライン、Iライン、Oラインに分けられますが、その中でも特に黒ずみやすい部分はIライン。 自分では気づきにくい場所なのに、温泉や海水浴などでは黒ずんでないか気になってしまう場所でもあります。 黒ずみの原因を知り、正しいケアでビキニラインの黒ずみを解消しましょう!

ビキニラインの黒ずみには、いくつか原因があります。

  • 下着による擦れ、ボトム(ズボン)などによる摩擦
  • 化学繊維や肌に合わない素材の下着、締め付けがきついガードル、硬い素材のボトム(ズボン)が擦れる度に、その刺激によって色素沈着が起きやすくなります。

    特に下着は肌に直接触れるもの。歩く度にパンティーのゴムが擦れると肌への刺激になります。また、ランニングやサイクリングなど、身体を動かすときに締め付けが強いものを履いていると、摩擦が強くなります。色素沈着を避けるためには、なるべく天然素材を選ぶ、無理なガードルははかなないようにする等工夫が必要です。

     

  • ムダ毛処理による刺激
  • 最近では、レーザー脱毛なども手軽にできるようになったため、多くの女性が処理をしているかと思いますが、これも肌への刺激になります。 特にカミソリなどによるセルフケアでは肌へのダメージが大きくなりがちです。肌がダメージを受けるとその部分の肌が分厚くなり、色素沈着が起きやすくなります。 アンダーヘアは他の毛よりもしっかりしていて、なかなか手ごわいですが、お肌は敏感です。毛を抜こうとして雑菌が入った場合は「毛嚢炎(もうのうえん)」になってしまうこともありますので、十分注意してください。

     

  • かぶれや炎症
  • お肌に炎症がおこると、その部分が色素沈着してしまうことがあります。例えば、ニキビ跡の色素沈着は炎症による色素沈着が引き起こされてできます。 ビキニラインの場合は、汗、おりもの、ボディソープ、生理用ナプキン、ムダ毛の処理、ニキビなどによって、かぶれや炎症が発生する場合があります。 かゆみがあると、ついつい掻いてしまいがちですが、掻くことも刺激になり、色素沈着が起きる場合もありますので、かかずに薬などを上手に使いましょう。

     

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 妊娠、出産、生理などの女性ホルモンバランスの乱れや変化により、ビキニラインだけでなく、顔や体に色素沈着が発生する場合があります。 その他、偏食、睡眠不足、ストレスなどによっても女性ホルモンのバランスが崩れると色素沈着が発生しやすくなります。

    女性ホルモンは大きく分けてエストロゲンとプロゲステロンの二種類に分けることができますが、プロゲステロンにはメラニン色素を多く分泌する働きがあります。

    生活習慣が乱れたことによりこのプロゲステロンの働きが活発になっていると乳首が黒くなりやすく、ホルモンバランスの乱れは、肌のターンオーバーが正常にできなくなることにも繋がりますので、規則正しい生活を心がけましょう。

    また、出産後は体内の女性ホルモンが通常時とは異なり非常に活発になっています。女性ホルモンが活発になるとメラニン生成細胞の動きも活発になり、それに伴いメラニンが多く放出されます。

     

    ■ビキニラインの黒ずみのケア

  • 内側からキレイに!飲んでケアする
  • 抗酸化作用が強く、シミなどの治療にも用いられるビタミンCやビタミンE、「トラネキサム酸」などを摂取し、内側から黒ずみを改善する方法です。 黒ずみにも色々な原因がありますので、適切な対処することが必要です。

     

  • 美容クリニックで塗ってケアする
  • 美容クリニックでも処方されている、漂白効果があり、メラニン生成に関わるチロシナーゼを抑制する「ハイドロキノン」や、ターンオーバーを促す「トレチノイン」などの美容クリームをビキニラインに塗ることで、黒ずみを改善します。

     

     

    黒ずみサヨナラ!美容クリームでキレイに
    • ハイドロキノンクリーム

      ハイドロキノンクリーム

      ビタミンCやプラセンタのようなシミ予防だけではなく、メラノサイトに働き出来てしまったシミにも効果を発揮する美白効果の著しく高いお薬です。

      1箱あたり¥ 956〜

      ご購入はこちら

    • コスメライトクリーム

      コスメライトクリーム

      メラニン色素の排出を促すトレチノインと、メラノサイトに働きかけ色素を作る働きを抑えるハイドロキノン、Wの美白システムで肌を白く保つことのできる、より効果的な美白クリームです。

      1箱あたり¥ 1,156〜

      ご購入はこちら

    • トレチノインジェル01%

      トレチノインジェル01%

      シワ対策やニキビ治療に用いられるトレチノイン配合薬「レチンA」のジェネリックです。 レチンAは、皮膚科にてニキビ跡の治療目的に使用されていましたが、肌へのピーリング効果に着目され、シミ・シワなどの改善用途に使用されるようになったクリームです。

      1箱あたり¥ 986〜

      ご購入はこちら

     

    内側からも黒ずみにアタック!
    • パバ(飲むUVカット)

      パバ(飲む日焼け止め)

      パバは細胞の中や皮膚の角質層に入り込んで紫外線を吸収します。皮膚を通る紫外線が減少するので、日焼けによるしみやくすみも防ぎ、美白効果が期待できます。

      1箱あたり¥ 1,898〜

      ご購入はこちら

    • トランシーノジェネリック

      トランシーノジェネリック

      皮膚のシミ(肝斑、老人性色素斑、炎症後色素沈着)を引き起こすメラニン細胞を抑止する商品です。トランシーノの主成分トラネキサム酸は、しみの一種である肝斑改善の効果が期待できます。

      1箱あたり¥ 14,280

      ご購入はこちら

    • トラネキサム酸500mg

      トラネキサム酸500mg

      肌細胞の中のメラノサイトは、女性ホルモンや紫外線などの刺激でシミの原因となるメラニンを大量に作りはじめます。 トラネキサム酸はこのメラノサイトの活性を促すプラスミンの働きを抑えて、シミを作る最初の段階をブロックします。

      1箱あたり¥ 7,193〜

      ご購入はこちら

    商品一覧を見る

    あわせて知りたい

     

    ↑お悩み別特集TOPへ戻る

    この商品もいっしょに買われました!