プチ更年期とは

■プチ更年期とは

40歳から50歳前半の更年期の女性に、更年期障害と呼ばれる症状が出ることはすでに一般に知られています。のぼせや肩こり、倦怠感、頭痛、腰痛、突然の発汗、不眠、イライラや皮膚のかゆみ、動悸などがあります。その一方で、更年期というにはまだ早い20代から30代の女性に、それらと似た症状が出ることはご存知でしょうか。そうした症状は、「プチ更年期」と呼ばれますが、軽症だという意味合いではありません。症状としても重く、働き盛りであったり子育て真っ最中である女性にとって深刻な影響を与えるものになります。

■プチ更年期の身体と精神の症状

更年期障害の症状は「不正愁訴」とも呼ばれ、身体症状と精神症状の双方が見られますが、プチ更年期に限定されて見られるものとしては、月経周期の乱れや月経の停止などがあります。通常の更年期障害の場合は、卵巣の機能が衰えて女性ホルモンのバランスが変化することが原因といわれていますが、プチ更年期障害の場合は、脳の視床下部の働きがうまく機能しないことに起因すると考えられています。視床下部では、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌や自律神経のコントロールをしています。ところが、強いストレスや過激なダイエットによる栄養不足、過労、不規則な生活、過激な運動やトレーニングなどによって、この働きが悪くなることがあるのです。仮称株の働きが弱まれば、エストロゲンも不足し、自律神経も失調することになります。こうして、更年期障害に非常によく似た症状が表れるというのです。

■プチ更年期の症状改善に

この症状が長びくことで若い女性に表れる深刻な影響のひとつは、重度の不妊症になる場合があることです。卵巣機能が長期にわたって低下することで引き起こされる症状ですが、機能低下は長引けば長引くほど治りにくくなります。かりに月経の乱れがあっても、単に生理不順だと軽視すれば、のちのち深刻な状態にならないとも限りません。3ケ月以上月経不順が続くときは、病院で血液検査を行い、ホルモンの量を調べてみてください。エストロゲン不足が指摘されれば、低用量ピルなどによるホルモンの補充が必要になります。病院での治療とともに、日常生活を見直すことも重要になります。無理をせず、過度のストレスがかからぬよう工夫し、野菜や肉・豆類をバランスよくたくさん摂ることで食生活の見直しをはかり、健全な身体のリズムを保ってください。栄養不足になるような過激なダイエットは、あなたが将来に向けて抱く夢を奪いかねません。よくよく自分の身体と相談していくことが必要になってきます。

■更年期障害の症状に多いホットフラッシュとは?

時と場所を選ばず、汗が吹き出すことはありますか?もしあれば、更年期障害の症状に多いホットフラッシュという症状です。激しい運動をしたわけでもないのに、突然身体が熱くなって大量の汗が吹き出す現象のことをホットフラッシュといいます。顔や首、背中などの上半身を中心に汗が吹き出てくるため、人前で起きると周りの目が気になり余計に汗をかいてしまうことも…。ホットフラッシュは、自律神経の乱れによって起きるものと考えられています。自律神経が乱れる原因は更年期に入って卵巣機能が低下すること、つまり更年期障害の症状のひとつなのです。

■更年期障害の症状・重さは人それぞれ

更年期とは閉経をはさんだ前後10年間のことを指します。女性の卵巣機能は40歳をすぎた頃から徐々に低下し始め、更年期に入るとその低下が急激になります。これに伴い、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンが減少することでホルモンバランスが乱れ、自律神経も乱れてしまうのです。自律神経の乱れによってホットフラッシュ以外にも、めまいやイライラ、頭痛、疲労感などさまざまな症状があらわれることがあります。更年期障害の症状のあらわれ方は人それぞれで、特に何も感じない人もいれば、日常生活が困難になるくらい辛い症状を訴える人もいます。症状が重い人はホルモン補充療法を考えてみた方がいいかもしれません。

■女性ホルモンを補うことで更年期障害は改善します

ホルモン補充療法(HRT)とは、減少してしまった女性ホルモンを補ってあげる治療法です。飲み薬や貼り薬を用いて、女性ホルモンを補充します。飲み薬は胃腸や肝臓に負担がかかる場合がありますが、貼り薬は皮膚から直接吸収されて血液中に入るため、負担が少ないといわれています。皮膚が弱い人はかぶれなどに注意した方がよいでしょう。以前、ホルモン補充療法の副作用として乳がんのリスクが高まるという説が広まりましたが、そもそもの調査対象が不健康な人たちだったことがわかり、現在は、それほど気にする必要がないという説が有力です。

 

プレ更年期を乗り切る味方!
  • エストロフェム2mg3箱パック

    エストロフェム2mg3箱パック

    体に優しい卵胞ホルモン(女性ホルモン)供給剤です。更年期障害治療や骨粗鬆症予防に効果が期待できます

    1箱あたり¥1,278〜

    詳細はこちら

  • プレマリン1.25mg

    プレマリン1.25mg

    プレマリンの有効成分の結合型エストロゲンは女性ホルモンとして働く卵胞ホルモン薬です。

    1箱あたり¥6,180

    詳細はこちら

  • リノラル005mg

    リノラル005mg

    リノラルは、合成卵胞ホルモン剤のエチニルエストラジオール0.05mgが成分です。

    1箱あたり¥6,980

    詳細はこちら

商品一覧を見る

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る