脂質異常症
Lカルニチンはアミノ酸の一種で体内の脂質をエネルギーに変換するのに欠かせない成分です。Lカルニチンは体の中でも合成されますが、1日に作られる量はわずか20mg程度です。また体内で合成される量は、加齢とともに減少していきます。日本人の1日あたりの必要量は200mgと考えられており、厚生労働省は1日あたりの摂取目安量を約1000mgと設定しています。


カルニチンは運動を取り入れたダイエットをされている方に大人気のサプリメントです。 カルニチンは体型を維持するために必要な成分ですが、加齢により分泌量が減少してしまい体型の崩れの原因になります。 何歳になっても若々しい体型を維持したい方や定期的に運動している方、ハードな日々を過ごされている方にも効果的です。