最終更新日:2016年07月13日

ジャンル
性別
  • 女性
  • 第1位 トリキュラー1年パック

    トリキュラー1年パック
    6,580円(1箱あたり548円〜)

    国内でも処方されるピルと同成分の低容量ピル
    日本の婦人科でも処方されている、国内向け低容量ピル、トリキュラーの海外正規品です。自然なホルモン分泌を促し、排卵を抑制・着床阻害することによって、避妊効果を得ることができます。
  • 第2位 トリキュラー5箱パック

    トリキュラー5箱パック
    4,180円(1箱あたり548円〜)

    国内でも処方されるピルと同成分の低容量ピル
    日本の婦人科でも処方されている、国内向け低容量ピル、トリキュラーの海外正規品です。自然なホルモン分泌を促し、排卵を抑制・着床阻害することによって、避妊効果を得ることができます。
  • 第3位 トリキュラー7箱パック

    トリキュラー7箱パック
    4,780円(1箱あたり683円〜)

    国内でも処方されるピルと同成分の低容量ピル
    日本の婦人科でも処方されている、国内向け低容量ピル、トリキュラーの海外正規品です。自然なホルモン分泌を促し、排卵を抑制・着床阻害することによって、避妊効果を得ることができます。
  • 第4位 アイピル5箱セット

    アイピル5箱セット
    5,995円(1箱あたり1,199円〜)

    避妊の失敗を後からフォローできる人気のアフターピル、アイピル
    性行為中の避妊失敗をフォローしてくれる、モーニングアフターピル・アイピルは、一般にノルレボとして知られる、ジェネリック医薬品です。日本では販売されておらず、個人輸入という形で購入している人が多いようです。
  • 第5位 アイピル

    アイピル
    2,980円(1箱あたり1,199円〜)

    避妊の失敗を後からフォローできる人気のアフターピル、アイピル
    性行為中の避妊失敗をフォローしてくれる、モーニングアフターピル・アイピルは、一般にノルレボとして知られる、ジェネリック医薬品です。日本では販売されておらず、個人輸入という形で購入している人が多いようです。
  • 第6位 ヤスミン3箱パック

    ヤスミン3箱パック
    8,580円(1箱あたり2,240円〜)

    ヤスミンは、ホルモンバランスの変化による体重変化や、ニキビ発生の抑制効果をもつ新世代低用量ピルです。一相性ピルは、1周期(21日間)服用する錠剤のホルモン(成分量)含有量が一定で、ヤスミンの服用法は容易で、従来のような飲み違え等がありません。
  • 第7位 ノベロン(マーベロンジェネリック)

    ノベロン(マーベロンジェネリック)
    3,480円(1箱あたり1,040円〜)

    『ノベロン』はマーベロンのジェネリックで、避妊効果はもちろん、生理痛、生理不順の解消、卵巣がんの予防、子宮内膜症等の子宮系の病気の改善にも用いられているピルです。一
  • 第8位 ポスティノール(ノルレボ)

    ポスティノール(ノルレボ)
    2,880円(1箱あたり976円〜)

    ポスティノール(ノルレボ)の主な有効成分はレボノルゲストレル。海外での臨床試験では約80%の避妊成功率が報告されており、卵子の排出、受精卵の着床を阻止し、妊娠を防ぎます。/td>
  • 第9位 ダイアン35

    ダイアン35
    2,700円(1箱あたり1,317円〜)

    ダイアン35はアジア人の為に作られた安全で確実な避妊をもたらす低容量避妊ピルです。ダイアンの成分サイプロトロン酢酸塩は、男性の精子より作られるアンドロゲン(男性ホルモン)の影響を抑制します。
  • 第10位 エラワンジェネリック

    エラワンジェネリック
    6,480円(1箱あたり1,317円〜)

    ノルレボは72時間以内(3日以内)に1錠服用、さらに12時間後に1錠の服用が必要がありますが、エラワンは120時間(5日以内)に1錠服用すると効果を発揮するので、ノルレボよりも時間的な余裕があります。。

 

ジャンル
性別
  • 女性

この商品もいっしょに買われました!