不妊の原因となることも!?「若年性更年期障害」について知ろう!

■若年性更年期障害とは

月経が不規則だったり、ほてりや手足が冷える、頭痛がする――こんな症状で困っている若い女性が増えてきています。他にも、骨量の減少、膣の乾燥や萎縮、脱毛、精神的なうつや不安などの症状がある場合があります。

これは、更年期の症状と重なるもの。そもそも更年期とは、日本女性の平均では50歳前後に始まり、この前後10年ほどの期間を指すはずですが、20代や30代の女性に更年期障害と同じような症状が見られるようになってきているのです。

■更年期障害と自律神経

ホルモンバランスという言葉は、健康や美容の分野でも今声高に叫ばれています。更年期障害も、このホルモンバランスが崩れておこるもの。卵巣の働きが徐々に低下する年齢になり、閉経が近づくことで、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)も減少するようになります。その一方で、脳からはエストロゲンの分泌を促す指令が出てくる。つまり、もうエストロゲンを分泌する能力がないにもかかわらず、卵巣にはその分泌を刺激するホルモンが届くことで、自律神経の働きが乱れるのです。こうした状態から生じる症状を更年期障害というわけです。つまり閉経間近な女性に起こるはずの症状。ところが、最近の若い女性に月経不順や続発性無月経、早発閉経といった症状が見られるようになり、「若年性更年期障害」という言葉が生まれてきました。

医学的には、43歳前の閉経を「早発閉経」と呼びます。しかし、若い人で本当に「早発閉経」になる人はごく少数。それも40代前半の話です。では、20代の女性が更年期障害と似た症状を訴える理由はどこにあるのでしょうか。

■ストレスと女性ホルモンの関係

女性の社会進出によって、女性も男性と同じように仕事のストレスを溜め込むようになってきました。そのことで、大変デリケートな女性の身体が悲鳴をあげ始めているのです。ストレスが加わることで、女性ホルモンの分泌にかかわる自律神経の働きが混乱し、ホルモンバランスも乱れることで、さまざまな症状が出てきたというわけです。自律神経失調症とも似ていますが、その原因に女性ホルモンの欠乏や不足があることが更年期障害の大きな特徴です。

また、無理なダイエットや、食生活も含めた不規則な生活、激しい運動などが無月経の原因になることもあります。こうしたことが要因となり、卵巣の働きを低下させたり、ホルモンのバランスを乱して、更年期と同じような症状になると考えられています。 「若年性更年期障害」の結果起こる無月経を長く放置すると、治療を受けても回復しなくなることも。不妊の原因になる可能性もあります。月経不順や無月経を危険信号ととらえて、婦人科で早めに検査を受け、対処することが必要です。

さらに、生活環境の見直しも重要です。仕事や人間関係でのストレスをできるだけためこまないように、趣味を楽しむなどの工夫をしたり、過度なダイエットも中止してください。まずは自分の身体があげている悲鳴に気づき、改善していくことを心がけましょう。

■寒い冬は女性ホルモンの乱れにご用心!

冬は普通に暮らしているだけで、冷えてしまいます。女性にとって「冷え」が大敵なのは周知の事実ですが、特に冬は意識して気をつけないといけません。女性を女性らしく、美しさを保ってくれる女性ホルモンは冷えが原因でバランスを崩してしまいがちなのです。

冷えることで自律神経に乱れが生じ、自律神経によってコントロールされている女性ホルモンの分泌にも問題が生じてしまいます。冷えは病気ではありませんが、冷えにより頭痛や肩こり、下痢などの症状がでたり、膀胱炎や胃潰瘍などを引き起こしたりする場合もあるので要注意です。

■身体を冷やさない、温めるものを摂りましょう。

冬の寒さで女性ホルモンが乱れてしまうことを防ぐには、身体を内側から温めてあげることが重要です。冷たい飲み物や食べ物が身体を冷やしてしまうことはご存じと思いますが、冬は、冷たいものだけでなく常温の飲食物も避けた方がいいといわれています。体温より高い温度のものを摂るようにすることをおすすめします。さらに一歩進んで、身体をあたためる作用があるショウガや唐辛子、根菜類や赤身肉を使った料理を積極的に摂りましょう。

■筋肉をつけることで体温がアップします。

身体の熱は筋肉でつくられるので、筋肉を増やすことは低体温の解消につながります。筋肉をつけるためにジムでハードなトレーニングをする必要はありません。首〜背中〜腰にかけて存在する「体幹支持筋」を鍛えましょう。方法は背筋をピンと伸ばしお腹に力を入れ、お尻を引き締めるイメージで姿勢を正すだけ。座り仕事をしているときなど、気がついたら、そのたびに実行しましょう。

また、筋肉の70%は下半身についているといわれているので、下半身を鍛えると効果的です。30秒かけて腰をおろし、30秒かけても元にも戻るスクワットを習慣に取り入れることをおすすめします。

 

更年期障害を乗り切る味方!
  • エストロフェム2mg3箱パック

    エストロフェム2mg3箱パック

    体に優しい卵胞ホルモン(女性ホルモン)供給剤です。更年期障害治療や骨粗鬆症予防に効果が期待できます

    1箱あたり¥1,278〜

    詳細はこちら

  • プレマリン1.25mg

    プレマリン1.25mg

    プレマリンの有効成分の結合型エストロゲンは女性ホルモンとして働く卵胞ホルモン薬です。

    1箱あたり¥6,180

    詳細はこちら

  • リノラル005mg

    リノラル005mg

    リノラルは、合成卵胞ホルモン剤のエチニルエストラジオール0.05mgが成分です。

    1箱あたり¥6,980

    詳細はこちら

商品一覧を見る

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る