乳がんの基礎知識を身につけよう

乳がん検診を受けたことない人、約半数の実態

最近、タレントの北斗晶さんの乳がん罹患が報道されました。北斗さんは、毎年の乳がん検診を受けていたものの、発見されたときには右胸のがんは2センチもの大きさになっていたといいます。この報道を受けて、乳がん検診の受診申し込み数が上がったともいわれていますが、実際に日本人女性の乳がん検診に対する意識はどうなのでしょうか。

ネットライフ生命保険が20代から59歳の女性を対象に実施した、乳がんに対する意識調査の結果が発表されました。毎年10月の世界的な乳がん啓発月間に合わせたものですが、これほど啓発のためのCMなどが流れている現在でも、約半数の女性が一度も乳がん検診を受けたことがないという結果になりました。 乳がん検診を受けたことがあると答えた人の中でも、1年以内に受けたことがあると答えた人は21.5%。受けたことがない人の割合は、年齢が下がるにつれて高くなり、20歳から24歳では86.0%にもなります。かといって、乳がん検診の必要性を認識していないわけでもないようで、乳がん検診をうける必要があると思っている人は全体の84.0%。検診を受けた割合がいちばん低い20代でも、76.0%は受ける必要性があると考えているのです。

ではなぜ乳がん検診を受けないのでしょうか。1年以上受けてない人と、受けたことがない人にその理由を尋ねると、「お金がかかる」(40.1%)「時間がない」(32.5%)「年齢的に早いと思う」(22.0%)といった回答でした。また、検診の受け方がわからないと答えている人も、34歳以下の3割以上にのぼります。 実際に乳がんに罹患すると、「お金がかかる」上に「多くの時間が必要」となります。なるべく早い段階で検診を受け、発見し、手術診療を受けないことには、命にかかわる問題になります。 こうした病気に対して金銭的な備えをしていない割合も全体の30.0%。危機感を抱いている割合も全体の半数に満たない状況(45.2%)ですが、この割合は危機的なものではないでしょうか。検診の受け方がわからない場合は、自身が所属する保健組合や市町村などに問い合わせをすれば、丁寧な指導を受けることができます。今一度、自身の身体のために何ができるかを考えなおすことが必要かもしれません。

あなたにもできるセルフチェック! 乳がんの基礎知識を身につけよう!!

あなたの身近な人が乳がんにかかったという話を聞くことが増えているように思いませんか。実は、現在、日本人女性の12人に1人が一生涯のうちに乳がんであると診察されているのです。年々その数も増加しており、年間5~7万人にものぼるうえに、亡くなる方もこの50年で7倍にまでなっています。40歳前後を境に発症率が高まるのですが、かといって若い人が発症しないわけではありません。若い世代でも、発症する数は増えているのです。 2014年のデータによると、がんで亡くなる女性の割合としては5位。1万3000人を超える方が亡くなりました。30歳から64歳までに限ると、割合としては1位になります。 とはいうものの、乳がんは自分で発見することのできる数少ないがんです。早期発見されれば、約90%の人が治るといわれており、定期的ながん検診を受けることが大切になります。早期発見のためには、「周りがなっても自分はならない」ではなく、「自分も発症する可能性がある」という危機意識をもって、がん検診のみならず、日常生活の中で定期的にセルフチェックをすることが重要です。

では実際に、乳がんについて基礎知識を持っておきましょう。乳がんは、乳房にできる悪性腫瘍を指します。乳房の中には乳腺が走っていますが、乳頭から放射状に広がる乳腺の先には母乳を作る小葉とよばれるところがあり、ここから母乳を乳頭まで運ぶのが乳管になります。この乳管で、乳がんの多くが発生するのです。 乳がんの症状には大きく次のようなものがあります。ひとつに、「乳房のしこり」です。乳がんが1センチを超える大きさになると、自分で注意深く触ることでわかる程度のしこりになります。しこり全てが乳がんであるわけではありませんが、目安になります。また、「乳房のえくぼ」などの皮膚の変化が起こります。乳房近くの皮膚に乳がんが発生すると、えくぼのようなくぼみや、赤くはれるといった症状が見られます。乳房表面の皮膚がオレンジのように赤くはれ上がり、痛みや熱感がある場合は「炎症性乳がん」といわれます。乳がん細胞がリンパ管の中につまっているため、転移しやすくなります。また、「乳房近くのリンパ筋の腫れ」といった症状も確認されます。脇の下や胸骨のそばのリンパ節、鎖骨の上下のリンパ節に転移するためで、これが多くなると、腕のむくみや腕のしびれを伴うことがあります。 このほかにも、転移した臓器によって症状はことなりますし、まったく症状が出ないこともありますが、上にあげた症状は自分で気づくことができるものです。この症状に気づかずに放置すれば、増殖したがん細胞が乳腺の外にまで広がり、リンパや血液の流れにのって、他の臓器にまで転移することになります。 あなた自身とあなたの家族のためにも、定期的なチェックを欠かさず、異変を感じたらすぐに受診することを心がけてください。

免疫力を高めるお薬
  • コエンザイムQ10_200mg

    コエンザイムQ10_200mg

    日常生活を送る上で必要な細胞エネルギーを作り出すために欠かすことのできない重要な補酸素です。コエンザイムには、活性酸素の攻撃を防ことで老化の進行を抑制する効果があります。

    1箱あたり¥3,456〜

    ご購入はこちら

  • 【ヒマラヤ】ラスナ(高脂血症・高血圧改善)

    【ヒマラヤ】ラスナ(高脂血症・高血圧改善)

    ラスナは天然成分配合のサプリメントで様々な症状を改善します。主成分のラスナはニンニクです。ニンニクは古くから疲労回復として使われており、インドの医療アーユルヴェーダでは、ニンニクを風邪,食欲不振,体力増強として使用してきました。

    1箱あたり¥1,056〜

    ご購入はこちら

  • Lリジン1000mg

    Lリジン1000mg

    Lリジンは体内で作り出すことができない必須アミノ酸です。体の組織の修復と成長に関係するアミノ酸で毎日の食事やサプリメントなどから摂取する必要があります。

    1箱あたり¥1,496〜

    ご購入はこちら

 

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る