低用量ピルでプレ更年期の予防を

■プレ更年期とは?

低用量ピルは避妊の目的以外に、月経困難症、月経前症候群、更年期症状の改善のためにも使用されます。また、まだ閉経には間がある30代後半から40代の女性にしばしばみられるプレ更年期の症状を予防する効果もあります。

閉経のときに女性ホルモンの分泌はストンと急こう配で落ち込みます。それほど極端な減り方ではありませんが、30代の後半くらいからは少しずつ女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ってきます。それにともなって人によっては更年期障害に似た症状が出ることがあるので、この期間を「プレ更年期」と呼ぶことがあります。

■プレ更年期の症状

プレ更年期の症状は、ひと言でいうと「老化のきざし」です。更年期障害に似たのぼせや急な発汗などの自律神経失調症状も出ますが、

・髪のボリュームがなくなる
・肌が乾燥する
・シミができやすい
・唾液が減って口が乾燥する
・膣が潤いにくくなる

などのいわば「おばさん化」現象がいろいろと現れてきます。このような症状にはエストロゲンの減少が深くかかわっています。

プレ更年期のホルモン変化は身体だけでなく心のバランスにもさまざまな影響を与え、イライラする、わけもなく不安だ、気分の落ちこみが大きい、涙もろくなる、なかなか寝つけない、などの症状がでやすくなります。

■プレ更年期の予防

低用量ピルはエストロゲンとプレゲステロンの2つの女性ホルモンを「少しだけ」補給する薬です。避妊薬としては、それによって妊娠しているときに近いホルモンバランスを作ることで妊娠を防ぐ作用があります。

この女性ホルモンの「少しの補給」が30代後半から40代の女性にとっては、プレ更年期の症状の予防に役立ちます。「老化のきざし」が早々と現れることにストップをかけてくれる効果が期待できるのです。

ピルは日本では医師の処方が必要で一般の薬局では販売されていないこともあり、なじみのない女性も多いのですが、諸外国では10~20代の未婚女性の望まない妊娠を避けるために使用が奨励されている薬です。月経を軽くして卵巣を休ませる効果もあり、アンチエイジングの薬としても見直されてよいものです。

 

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

プレ更年期を乗り切る味方!