個人輸入とは、一般的に「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の販売業者やメーカーなどから、個人が直接購入すること」をいいます。

個人輸入の方法としては、大きく分けて

  1. 購入したい品物を、直接外国の販売業者やメーカーなどに注文し、そこから直接品物を購入する方法
  2. 輸入代行業者に注文して、その代行業者を通じて購入する方法

があります。

「1」の場合、購入したい品物を扱っている現地の言語や通貨でのやりとりが発生します。当然、返品や破損の際のやりとりも直接行う必要が出てきます。外国語と日本語の微妙なニュアンスの違いから、予期せぬトラブルにつながったりすることも考えられます。また、為替相場の変動によって支払金額が大きく変わってくることもあります。

以上の理由から、初心者や外国語に不慣れな方にはおすすめできません。そもそも、欲しい品物を扱っている現地業者が、海外の個人との直接取引を行っていない、というケースも多いでしょう。

そこで、おすすめなのが輸入代行業者を通じて購入する「2」の方法です。

この場合、現地業者とのやりとりはすべてお任せできますので、外国語がわからなくても問題ありません。クレジットカードで買い物ができます。トラブルが発生した場合も、輸入代行業者と日本語でやりとりができますので、安心です。

この商品もいっしょに買われました!