冬うつの対策は、神経伝達物質・セロトニンを増やすこと。

■日照不足によって発症する「冬うつ」。

冬になると、気分が落ち込んだり体調が悪くなってしまう「冬うつ」。日照時間が短くなる10〜11月くらいから症状があらわれ、日が長くなってくる3月くらいになると回復することが多いようです。 春夏は元気なのに、なぜ寒い季節になるとうつの症状があらわれるのか…。そこには日照時間が大きく関わっています。太陽の光を浴びると脳内の神経伝伝達物質・セロトニンが分泌されます。セロトニンは気分や感情を安定させる働きと睡眠を安定させる働きを持っています。日照時間が短くなるとセロトニンの働きが悪くなり、精神が不安定になったり眠りのリズムが乱れがちなってしまい、その状態がひどくなると冬うつを発症してしまうのです。

■セロトニンを増やす生活習慣で「冬うつ」に負けない!

冬うつを改善するためには、午前中に太陽の光を浴びることが大切です。朝、起きたらすぐにカーテンを開ける、明るい時間に散歩に行くなどを実行しましょう。 とはいえ、1日中オフィスの中にいたり、深夜勤務のため午前中は睡眠時間という人も多いですよね。そういう場合は、蛍光灯でいいので部屋の電気を明るくするだけでも効果はあります。 また、ジョギングや踏み台昇降などの一定のリズムを刻む運動はセロトニンを増やすことにつながります。1日に10分でも、毎日続けることでセロトニンの分泌を増やせるそうです。 アロマテラピーもオススメです。「ベルガモット」「ラベンダー」「クラリセージ」といったエッセンシャルオイルはセロトニンの分泌を促すといわれています。

■食べ物でもセロトニンは増やせます。

運動やアロマとあわせて取り入れたいのが、セロトニンを増やす食事。セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から合成されます。トリプトファンが多く含まれている食品は、バナナやプロセスチーズ、豆乳などです。どれも安価で、すぐに食べられるものばかりなので、毎日の食事に取り入れてみてください。効率よく摂るには、サプリメントを利用するのもいいかもしれません。 セロトニンを増やす生活習慣を心がけて、冬うつとサヨナラしましょう。

 

SSRI系抗うつ剤
  • プロザック

    プロザック

    プロザックは脳内伝達物質セロトニンの受容体をブロックすることで、セロトニンの再取り込みを阻害し、脳内のセロトニン濃度を高めるSSRI系抗うつ剤です。

    1箱あたり¥ 2,396〜

    ご購入はこちら

  • フルニル20mg

    フルニル20mg

    フルニルは塩酸フルオキセチンを有効成分としたSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とよばれる第三世代の抗うつ剤です。

    1箱あたり¥ 3,056〜

    ご購入はこちら

  • パキシルジェネリック(ペクセップ)20mg

    パキシルジェネリック(ペクセップ)20mg

    タガラは心と身体をリラックスさせて、不眠症や睡眠障害を改善する天然成分配合のサプリメントです。インドのアーユルヴェーダでは睡眠導入剤として使われています。

    1箱あたり¥ 7,626〜

    ご購入はこちら

良質な睡眠で健康UP
  • メラトニン

    メラトニン

    眠りを誘うホルモン「メラトニン」のジェネリック薬「メロセット」です。内在性のメラトニンは、周期的なリズムと内部の同調に働き、睡眠サイクルやホルモンリズムを整えます。

    1箱あたり¥2,216〜

    ご購入はこちら

  • 植物性メラトニン3mg

    植物性メラトニン3mg

    メラトニンは、脳内の松果体(しょうかたい)から分泌されるホルモンの一種で、脈拍、体温、血圧を調整し、睡眠と覚醒のリズムを作り出す成分です。メラトニンが体内時計に働きかけることにより、通常は暗い場所で夜間と認知されると分泌され、日中の日光の光により分泌が抑えられます。

    1箱あたり¥2,193〜

    ご購入はこちら

  • 【ヒマラヤ】タガラ(不眠改善)

    【ヒマラヤ】タガラ(不眠改善)

    タガラは心と身体をリラックスさせて、不眠症や睡眠障害を改善する天然成分配合のサプリメントです。インドのアーユルヴェーダでは睡眠導入剤として使われています。

    1箱あたり¥2,193〜

    ご購入はこちら

商品一覧を見る