前立腺とEDの関係

■前立腺とは

前立腺は生殖活動に大切な器官です。 生殖活動は我々生きるものにとって重要な行為です。男性の場合射精を行っていない期間が長くなると老化が進み、精力はどんどん衰えていきます。また、射精回数と前立腺がんの発生率には非常に深い因果関係があり、射精回数が少ない男性ほど前立腺のトラブルを発症しやすいと言われております。前立腺は男性だけが持つ器官で、膀胱の前にあり生殖活動に大きく関与しています。 前立腺液を分泌し、精子を運んだり精子に栄養を与える役割をしています。 前立腺は尿道を包むように取り囲み、膀胱の開け閉めを調整し尿の出具合をコントロールしています。 加齢によるホルモンバランスの乱れとともに大きくなることが多く、尿道を圧迫するため下部排尿障害を引き起こすことがあります。前立腺は中に尿道が通っており肥大化すると頻尿や残尿感、排尿痛のほか尿の出が悪くなる尿腺細小や尿が飛び散ってしまう尿腺分裂、常に尿意に悩まされる尿意頻拍などの症状が出てきます。また重症化すると、尿が出なくなってしまう尿閉につながることもあります。

■50歳以降の男性は4人に1人

前立腺のトラブルは50歳以降の男性が多くかかり、4人に1人が発症していると言われています。 尿路障害があっても治療を必要とするほどでもない人もいますので、実際にはもう少し多いかもしれません。男性にとって前立腺肥大は、さけて通れない問題なのです。しかし、肥大の時期を遅らせたり、肥大進行の速さを遅らせる方法は様々ありますでそのままにしないことです。前立腺の障害が起こっても治療しないでいると、EDを併発してしまうリスクが高まってしまいます。前立腺の障害で自覚できる症状の1つとして頻尿があります。特に夜間の場合は何度もトイレにいきたくなるので十分な睡眠を取ることができずに身体に疲れがたまってしまいEDになりやすくなります。そして塩分濃度の高い食事と、アルコールを一緒に摂る方は前立腺周辺がむくみやすくなり、前立腺肥大症の原因となります。

本来なら前立腺は、生殖に適した年齢を過ぎたあたりから萎縮するのが通常だったのですが、戦後から逆に肥大化する男性が増えています。男性の泌尿器系の病気で最も多いのが、前立腺肥大症です。普通の健康状態では小さいサイズですが、それが加齢とともに大きくなっていきます。 また、この前立腺肥大症がEDの原因となる場合もあり、前立腺肥大症を改善することで勃起機能が改善することがあります。毎日のちょっとした注意や気をつけることで防げる事もあります。

■飲酒量が多い人、むくみやすい人は注意

EDになると、男性としての自信も無くなってしまい気分が落ち込む原因となるので飲酒量が多い人やむくみやすい人は注意が必要です。なぜ前立腺が肥大するのかはっきりした原因はわかっておりませんが、加齢と性ホルモンが何らかの影響を及ぼしていることは確かなようです。それと同時に勃起不全になったり、尿の出が悪くなったりする症状が現れ勃起障害の原因にもなる肥満や高血圧とも関係があると言われています。年齢と共に発症傾向にある前立腺肥大症ですので早い段階から生活習慣の見直しとED治療薬の服用を行う方が良いでしょう。

前立腺は、前立腺液といわれる精液の材料を生成したり、精子へ栄養を運搬する働きがあり射精回数が少ないと前立腺が衰えガンを発症しやすくなると言われております。そのため、射精回数が多いほど、前立腺が活発に働き予防できるようです。また、同じ前立腺の病気でも前立腺がんの場合発生場所が尿道から離れた周辺部位なので比較的症状が出にくい特徴があります。そのため排尿障害やEDなどの自覚症状が現れにくく直接的な関係は少ないようです。しかし前立腺がんの手術において、勃起に関係する神経を損傷してしまうケースが多々あるようです。元は骨盤内には様々な臓器や神経、血管がとても複雑に入り組んでおり、勃起に関係する神経も前立腺の近くを通っています。ですので治療で前立腺を手術する際に神経が傷ついて切断されたりするなどしてEDの後遺症が残る場合があります。

■EDの要因は大きく分けて2種類

EDの原因は様々で、大きく分けて機能性EDと器質性EDがあります。心理的な問題や精神的な問題が原因となる機能性のものと陰茎海綿体やそれにかかわる神経、血管、内分泌環境などに異常のある器質性があります。機能性EDはストレス、不安、緊張過多、人間関係などの心理的な問題や神経症などの精神的な問題が原因で起こります。器質性EDの場合は神経、血管、内分泌環境などに原因するEDです。喫煙や糖尿病、高血圧、動脈硬化などがEDの発症に深く関係します。器質性の中でも前立腺肥大症を発症しEDになってしまうケースも珍しくありません。 前立腺肥大症の治療のためには前立腺を小さくして尿道の通りを良くしたり、尿道を緩めたりする作用のある薬を使ったりしますが、症状の程度によっては手術を必要とする場合もあります。

■シアリスの効果

現在、アメリカではED治療薬であるシアリスが前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬として使われています。シアリスはED治療薬としてよく知られていますが、2011年10月にFDAで前立腺肥大症治療として承認されました。 ED治療薬のバイアグラ・シアリス・レビトラはPDE5阻害薬と言われ、PDE5の働きを抑えて海綿体への血液の流れを良くすることでEDを治療します。 このPDE5は前立腺や尿道の平滑筋にも多く存在しているのでPDE5を阻害することで尿道の平滑筋が緩み、前立腺肥大症による排尿困難を改善させることができるのです。 前立腺肥大症に伴う排尿障害とEDの両方の症状がある人には、効果が期待できる薬です。そして2014年4月にシアリスが前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬ザルティアとして販売されました。これまでの前立腺肥大症に伴う排尿障害ではα遮断薬や5α還元酵素阻害薬が主に使われていましたがザルティアはPDEF5阻害薬であり選択肢が増えたことになります。現在使用されている様々なED治療薬は、初めからEDのために製造されたわけではなく、前立腺肥大症の治療目的のために開発されたものがあり、治験することでEDにも効くことが分かったケースが多いのでED治療薬としての分類にはいっているというものがあります。このことからED治療薬で前立腺肥大症に効くものがあるということになります。

■前立腺肥大症の治療

しかし前立腺肥大そのものを改善するものではありませんし、前立腺の肥大状況がわからなくては判断することができません。前立腺肥大症の治療は、重症でなければ、まず薬物療法を行ってそれでも症状の改善が思うように得られない場合に限り手術やその他の治療法を考えるのが一般的とされています。薬の効果は症状が軽いほど高く、治療せずそのままにしておくと悪化し薬物療法では症状が改善しにくい状態になります。前立腺肥大症の薬物治療に使われる薬は阻害薬、生薬、漢方薬などに分けられます。必ず専門医に相談し、診断・検査を経た上で服用するかどうかを決めなくてはなりません。 あくまで医師の判断が必要ではありますが、治療するのは患者さん自身の体ですので、使いたい意志を示し医師とのコミュニケーションをとって治療をすることが望ましいです。 下部尿時障害の要因である前立腺肥大症を治療することでEDが改善されることが実証されているので加齢や病気を理由にしてあきらめる必要はありません。

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

 

3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック