カサカサ肌の原因は、加齢と間違ったスキンケアです。

■カサカサ肌の原因は、加齢と間違ったスキンケアです。

空気が乾燥する季節になると、気になるのが肌の乾燥。肌の乾燥がひどくなると、見た目にもガサガサして、かゆみを感じることもあるので辛いですね。そのような状態をドライスキンといいます。 皮膚の一番外側にある角層は、皮脂、天然保湿因子(アミノ酸の一種)、角質細胞間脂質(セラミドなど)の3つの保湿成分によって潤いが保たれています。ところがこれらの保湿成分は加齢とともに減少してしまいます。また、若い人でも間違ったスキンケアが原因で肌のバリア機能が損なわれて、ドライスキンになっている場合があるのです。

■肌を乾燥させる2大ワースト行為とは?

たとえば、メイク落としのときに、きれいに落とそうとしてゴシゴシこすってしまったり、化粧水をつけるとき肌に浸透するように何度もパッティングしたり、血行促進のために長時間マッサージをしたり…。よかれと思ってやっていることが、実はドライスキンを招いているのです。

人間の肌は摩擦にとても弱いので、それらの刺激で角質層が傷つくと肌の保水能力が低下してしまいます。身体の皮膚も同じです。入浴時に身体をキレイにしようとボディソープをたっぷりとつけてタオルでこすっていませんか?汚れと一緒に、肌に必要な潤いまでも流してしまっているかもしれません。こすりすぎと洗いすぎは、肌を乾燥させる2大ワースト行為です。心あたりがある人は、すぐにやめましょう。

■顔も身体もまずは保湿。加湿器をまめにチェックしましょう。

今、ドライスキンで悩んでいる人はとにかく保湿が肝心です。洗顔後とお風呂上がりには、できる限り急いで保湿剤を塗りましょう。肌が完全に乾き切る前の、しっとりとした状態のときに塗ると効果的です。空気が乾くと肌も乾くので、湿度計をチェックして50%を切っていたら加湿器をつけるなどの対策をとることをお忘れなく。

肌が乾燥しすぎてかゆみがある場合は保湿剤と併せてステロイド外用剤の使用をおすすめします。保湿剤とステロイド外用剤を併用する際は、最初に保湿剤を塗って、その上からステロイド外用薬を塗るようにしましょう。

 

肝斑に有効な美肌クリーム・内服薬
  • トラネキサム酸500mg

    トラネキサム酸500mg

    肌細胞の中のメラノサイトは、女性ホルモンや紫外線などの刺激でシミの原因となるメラニンを大量に作りはじめます。 トラネキサム酸はこのメラノサイトの活性を促すプラスミンの働きを抑えて、シミを作る最初の段階をブロックします。

    1箱あたり¥ 7,193〜

    ご購入はこちら

  • ハイドロキノンクリーム

    ハイドロキノンクリーム

    ビタミンCやプラセンタのようなシミ予防だけではなく、メラノサイトに働き出来てしまったシミにも効果を発揮する美白効果の著しく高いお薬です。

    1箱あたり¥ 956〜

    ご購入はこちら

  • コスメライトクリーム

    コスメライトクリーム

    メラニン色素の排出を促すトレチノインと、メラノサイトに働きかけ色素を作る働きを抑えるハイドロキノン、Wの美白システムで肌を白く保つことのできる、より効果的な美白クリームです。

    1箱あたり¥ 1,156〜

    ご購入はこちら

 

シミを撃退!もうシミを増やしたくない方へ
  • トレチノインジェル01%

    トレチノインジェル01%

    シワ対策やニキビ治療に用いられるトレチノイン配合薬「レチンA」のジェネリックです。 レチンAは、皮膚科にてニキビ跡の治療目的に使用されていましたが、肌へのピーリング効果に着目され、シミ・シワなどの改善用途に使用されるようになったクリームです。

    1箱あたり¥ 986〜

    ご購入はこちら

  • パースピレックスロール

    パバ

    パバは細胞の中や皮膚の角質層に入り込んで紫外線を吸収します。皮膚を通る紫外線が減少するので、日焼けによるしみやくすみも防ぎ、美白効果が期待できます。

    1箱あたり¥ 1,898〜

    ご購入はこちら

  • ルミキシルブライトニングクリーム30ml

    ルミキシルブライトニングクリーム30ml

    米国スタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された美白成分「ルミキシルペプチド」を配合した世界中で大人気の美白クリームです。「ハイドロキノン」よりもさらに17倍も高い有効性を持つことが実証されています。

    1箱あたり¥ 9,350

    ご購入はこちら

商品一覧を見る

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

この商品もいっしょに買われました!