勃起不全やインポテンツでお悩みの方は必見

最近はEDという言葉が多く使われる様になってきてインポテンツという言葉があまり聞かれなくなりました。そもそもインポテンツとは陰茎による性的不能という意味合いが強く、今でいう勃起不全の障害全般の事を指していました。最近はEDという言葉ができ、日本4人に1はEDであることがわかってきました。勃起不全といえば昔は加齢により発症すていく傾向が強かったのですが近年は20代~30代に発症する方が非常に増加しており、昔に比べると10歳程低年齢化してきていると言われています。その要因として現代社会における環境によるストレスが大きな理由となっており特に仕事からストレスを感じるてEDを発症する事が最も多い様です。またEDの原因は現代の食生活が大きく関わっている事がわかってきました。昔に比べ脂肪の摂取割合が増加しており肥満のリスクが高くなった事で、血流を悪化させ性的興奮を覚えたときに性器を硬くする力が弱くなっています。勃起不全やインポテンツになる要因は2つあり性器yさ神経系、内分泌系などに障害がある器質性な場合とストレスやうつ症状によって起こってしまう機能性の場合があります。勃起不全は正しい方法を使えば改善することも可能ですので有効的な改善方法を紹介していきたいと思います。

■勃起不全は根本的な治療が必要

勃起不全を完治させるには根本的な原因を追究して治療しなければ完全に改善することはできません。ED治療薬としてバイアグラ、レビトラ、シアリスといった有効的な治療薬がありますが、これらの治療薬はあくまで一過性のものであり根本的な治療方法ではありません。通常であれば勃起不全は加齢による老化現象の1つと言われていますが、近年増加している若い方のEDは原因を探りながら改善する事が重要になります。

ED治療薬は即効性があるためEDになって自信を失っている状態を早期に改善してくれるので器質性EDの方が心因性EDを併発する状況を防いでくれる効果がありますし心因性EDの場合は自信を取り戻す事でそのまま完治する可能性があります。そこで有効的な方法としてED治療薬を一時的に服用しながら体質改善を図る事で最終的に心因性ED、器質性EDの根本的な改善につなげていけば効率的に改善していけると思います。中には薬に頼らずにEDを改善したいという方もいるでしょうがED治療薬と併用しながら治療した方が良いと思います。ED治療薬のシアリスは自然な勃起を促してくれる働きがありますので、このように併用しながら治療する場合にはおすすめのED治療薬になります。

■勃起不全の治療は血流促進が重要

勃起不全の主な原因は血流障害によるものだと言われています。そのためEDを改善するためには生活習慣を見直して血液をサラサラの状態に保つ必要があります。勃起不全は性的な興奮を覚えながらも勃起しない状態のことをいいますので血流を良くすることが勃起不全の予防や防止に役立つと考えられています。若い世代にEDが多く発症している背景に血行不良が関係している事が多いと言われています。血行不良により陰茎へ流れ込む血液の量が少ないと勃起機能が正常に働かなくなってしまいEDが起こりやすくなります。血流を改善するには喫煙を控え、食生活においても脂質、糖質の摂り過ぎに注意することと血液中の中性脂肪やLDLコレステロールを減らす栄養成分が豊富な青魚を多く摂ることをおすすめします。またストレスや疲れを溜めないような生活を送る事も大切です。

■勃起不全と睡眠の関係

血行不良の原因の1つでもありますが運動不足によって勃起力が衰える事も十分に考えられます。勃起不全は生活習慣と深い関係があるため、適度な運動を継続することはEDの改善、予防だけでなく生活習慣病も予防してくれます。 性的な刺激を受けて興奮しても血管が拡張し陰茎内に血液がスムーズに流れ込んでこなければ勃起をしっかりと維持し続けることはできません。勃起不全の効果的といわれるのが有酸素運動になり下半身だけでなく全身の血液の循環が良くなる事で勃起不全の改善に役立つだけでなくストレスを解消してリフレッシュする効果も期待できます。また運動する事で筋肉が鍛えられ男性ホルモンのテストステロンが分泌されるので減退した性欲を改善して性機能を取り戻すことができるとも言われています。特にスクワットはEDに一番効率的な運動とされており骨盤から腰にかけてまでの幅広い筋肉を鍛える事ができます。男性の性器の根元部分は骨盤底筋群という部分の隙間にあります。この部分の筋肉をスクワットで鍛える事で性器の根元部分を締め付け海綿体の血液の逆流を防ぎます。また腰の筋肉を鍛える事で神経伝達系の勃起中枢が活発になり性的な感度が向上します。スクワットが難しい方は軽いウォーキングを継続して行う事で体内の血液環境を改善し勃起不全の改善に役立ちます。運動する際の注意点ですが無理な運動は心臓や関節に負担をかけてしまうので、自分のペースに合わせた軽い運動を長く続ける事が大事です。

■適度な運動が勃起不全には効果的

血行不良の原因の1つでもありますが運動不足によって勃起力が衰える事も十分に考えられます。勃起不全は生活習慣と深い関係があるため、適度な運動を継続することはEDの改善、予防だけでなく生活習慣病も予防してくれます。

性的な刺激を受けて興奮しても血管が拡張し陰茎内に血液がスムーズに流れ込んでこなければ勃起をしっかりと維持し続けることはできません。勃起不全の効果的といわれるのが有酸素運動になり下半身だけでなく全身の血液の循環が良くなる事で勃起不全の改善に役立つだけでなくストレスを解消してリフレッシュする効果も期待できます。また運動する事で筋肉が鍛えられ男性ホルモンのテストステロンが分泌されるので減退した性欲を改善して性機能を取り戻すことができるとも言われています。特にスクワットはEDに一番効率的な運動とされており骨盤から腰にかけてまでの幅広い筋肉を鍛える事ができます。男性の性器の根元部分は骨盤底筋群という部分の隙間にあります。この部分の筋肉をスクワットで鍛える事で性器の根元部分を締め付け海綿体の血液の逆流を防ぎます。また腰の筋肉を鍛える事で神経伝達系の勃起中枢が活発になり性的な感度が向上します。スクワットが難しい方は軽いウォーキングを継続して行う事で体内の血液環境を改善し勃起不全の改善に役立ちます。運動する際の注意点ですが無理な運動は心臓や関節に負担をかけてしまうので、自分のペースに合わせた軽い運動を長く続ける事が大事です。

■勃起不全の改善に効果的な成分

勃起不全の改善には生活習慣の見直しが重要ですが、たんぱく質やビタミンを意識しながら摂取するとより効果的です。とくにホルモンのバランスを整え生殖機能を向上させ血行促進させるビタミンE、生殖機能を維持発達させる亜鉛、性機能に重要な働きのある甲状腺の回復を向上させるヨウ素、でんぷんや糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、ストレスに抵抗力をつけるビタミンCなどを豊富に含んだ食事を心がける必要があります。ミネラルは人間が生きていく上での必須の成分であり、ミネラルによって作られている酵素は体内では様々な体組織に含まれており、その中でも特に多く含まれているのが精液の中と言われています。良質のたんぱく質やミネラルが不足する事でストレス耐性が低下しホルモンの分泌なども滞ります。男性の精液を作るにはたんぱく質やミネラルが必要不可欠になります。テストステロンの分泌量は加齢により衰えていくものですが、日頃から低下していくテストステロンを補う意味でもミネラルやたんぱく質等の男性の性機能に影響を与える成分を積極的に摂り入れる意識が必要です。たんぱく質やミネラルは勃起不全の改善自体には直接的な効果が認められていませんがバランス良く摂っていくことで勃起不全の改善効果が期待できるようになるかもしれません。日頃から大豆食品や野菜等をしっかり摂って栄養を補う事も勃起不全の改善には大事です。

勃起不全の裏側には様々な原因があり、男性にとっての勃起不全は精神的にとてもつらいもので日常生活のみならず職場でも自信をうしなってしまう原因となります。改善には食事、睡眠、運動等により規則正しい生活を送る事に加え、改善したいと言う強い気持ちを持って臨む必要があります。

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック