水虫

水虫とはカビの一種である「白癬菌」が、皮膚の角質層に寄生して起こる皮膚病です。男性に多い病気と思われがちですが、1日じゅう靴を履いたまま過ごす女性も多いことから女性も水虫で悩んでいる方が増えているようです。

【水虫の症状】

水虫とは白癬菌というカビが、皮膚の角質層に寄生して起こる病気です。水虫が発生する場所は9割近くが足ですが、手や体にも発生することがあります。ここでは、主に足に発生する水虫の種類と改善方法について解説していきたいと思います。 足白癬という正式名称がある足の水虫には、趾間型・小水疱型・角質増殖型という3つの型があります。簡単にそれぞれの特徴を解説します。

  • 趾間型
  • 足の指の間に発生することが多く、患部がジュクジュクと赤くなって皮がむけたりする場合もあれば、ぶよぶよと白くふやけたりすることもあります。

  • 小水疱型
  • 土踏まずあたりに小さな水泡ができ、数日経過すると赤くなって皮がむけます。この型の特徴は強いかゆみがあることです。

  • 「角質増殖型
  • 足の裏やかかとが乾燥し、徐々に角質が厚くなり、最終的に皮膚がむけてひび割れを伴います。

    【水虫の改善方法】

    水虫は、一度かかると治りにくい病気ではありますが個人で治療することも可能です。そのためには、毎日塗り続ける根気と患部の状態を常に清潔に保つこと、そしてなにより患部を乾燥させることが重要です。

    【水虫の治療薬】

    水虫に効果がある治療薬としては、抗真菌薬のクロトリマゾールローションやクロトリマゾールジェル、ニゾラルクリームやラミシールジェネリックがあります。どの治療薬も塗付するタイプのものなので患部に確実に浸透し、白癬菌を死滅させ完全に治すことが可能になります。また、どれも価格が安いため数か月から数年かかると言われている水虫の治療におすすめができる治療薬と言えます。薬によっては、爪白癬などの場合は効果が表われないものもありますので、事前に自分の水虫の種類と、どの治療薬が適切か確認しておくようにしましょう。

    軟膏を塗って治療する
    • カネステンクリーム

      カネステンクリーム

      抗生物質であるクロトリマゾールの成分で、みず虫・癜風(足部白癬、いんきん たむしや性感染症のカンジタ菌に効果のある抗真菌薬で、カンジタ菌の代謝を阻害し死滅させることで殺菌的に作用します

      1箱あたり¥956〜

      ご購入はこちら

    • ラミシールクリーム

      ラミシールクリーム

      優れた殺真菌成分「テルビナフィン塩酸塩」はアリルアミン系の殺真菌成分で、水虫治療の薬として使われている成分です。
      強い殺真菌力で、1日1回の使用で高い効果を発揮します。

      ¥3,280

      ご購入はこちら

    • ケトコナゾールクリーム

      ケトコナゾールクリーム

      ケトコナゾール含有量の直接塗るだけの簡単な処置で、気になる症状を改善してくれるお薬です。副作用が少ないため、長期使用に適していて、カンジダ症や水虫をじっくり治すことができます。

      1箱あたり¥1,356

      ご購入はこちら

     

    錠剤で水虫を体内から治療する
    • ラミシールジェネリック250mg

      ラミシールジェネリック250mg

      飲むタイプのラミシールジェネリックは薬効成分が腸管から吸収して爪や皮膚へ移行するので、効果が長く持続します。主成分のテルビナフィンは原因となる白癬菌の細胞を破壊して菌の増殖を抑制します。

      1箱あたり¥6,327〜

      ご購入はこちら

    • ラミシールジェネリック

      ラミシールジェネリック(TERBINAFINE)250mg

      塗り薬で治りにくい爪の水虫や角化型の水虫などに服用されています。ラミシールの成分テルビナフィンは、真菌の細胞膜を破壊して殺菌的に作用し、主に水虫治療などに使用されています。

      1箱あたり¥6,327〜

      ご購入はこちら

    商品一覧を見る

    あわせて知りたい

     

    ↑お悩み別特集TOPへ戻る