実は夏より臭い
冬の汗の悩みを解消
秋・冬にも制汗剤
冬の汗が夏より臭い理由

一般的に制汗剤は夏シーズンにだけ愛用されていますが、実は夏だけでなく、冬にも欠かせないのが制汗剤です。なぜなら、実は夏の汗より冬の汗がもっと匂うからです。

でもなぜ冬の汗が夏の汗より臭うのでしょうか。それは「保温性」と関係があります。冬は寒いので保温性のよい衣類を二重、三重と着ますが、すると通気性が悪くなります。通気性が悪いと、ニオイの原因が繁殖しやすい環境になります。なので夏の汗よりも冬の汗がもっと匂うのです。制汗剤は夏だけではなく、冬にも欠かせない必需品です。
ワキ汗、ワキガと多汗症について

多汗症で悩む男女は多いですが、特に汗をかきやすい部分が脇下です。脇下の多汗症はシャツの汗ジミや、ワキガの原因です。この脇の下の多汗症を腋窩多汗症(えきかたかんしょう)と呼びます。
脇の下には汗を放出する汗腺(かんせん)が密集しているので多汗症でない方でも汗をかきやすいのですが、緊張、ストレスなど精神的な要因や、気候、運動などでさらに発汗が促進されます。
ワキ汗が与える日常生活への支障

  • ワキ汗が汗ジミになるので一目が気になる
  • ワキ汗が目立つので人前に出にくい、控え気味になる
  • ワキの臭いが気になって、周りに不快感を与えているのではと心配
  • ワキの臭いが気になってノースリーブを着れないる
  • 着替えのシャツやタオルを常に持ち歩く手間がたいへん
  • 緊張したり、ワキ汗が気になるとさらに発汗する
ワキ下の多汗症やワキガの改善

ワキ汗、ワキガの原因の脇下の多汗症の治療には、塗り薬、飲み薬などが一般的で、一般的ではないですが脇下の神経手術も存在します。

ワキ汗やワキガ、ワキの汗ジミの改善には『塩化アルミニウム配合』のパースピレックスロールが定番です。市販の制汗剤とは異なり、世界中のクリニックで推奨される制汗剤です。1塗りで3~5日間ワキ下の発汗を抑制し、ワキ汗や臭いの悩みを解消します。

多汗症の場合、顔、頭、手のひらなどから過剰な発汗が現れます。体温が高くないにかかわらず現れる多汗症の原因は、精神的な緊張などの自律神経のバランスの崩れで、出る必要のないときに大量の汗が噴き出すことがあります。こういった多汗症には『抗コリン剤』が使用され、プロバンサインが有名です。
いずれも医薬品扱いのため、薬局や楽天等では購入できません。
市販の制汗商品との違い

市販の制汗商品はたくさんあり、薬局や楽天など購入しやすい商品です。当然ながらこれら市販商品は「医薬部外品」のため、医薬品のような効果は期待できません。ワキ汗、ワキガなどには「塩化アルミニウム」が定番で、市販商品には含まれません。

全身の多汗症の原因は自律神経のバランスの乱れのため、抗コリン剤が使用されます。市販の商品では改善できませんので、ご注意ください。
パースピレックス(薬局では購入不可) - ワキガ・ワキ汗・汗ジミに

この商品もいっしょに買われました!