女性も薄毛になる若年性脱毛症とは

■女性も薄毛になる若年性脱毛症とは

薄毛というと男性に起こるイメージがあるかもしれませんが、実は最近では10-30歳代の女性でも薄毛が起こることが多いと言われています。これを若年性脱毛と呼びます。まだ若いので薄毛なんて起こらないと考えているため、全体的な髪のボリュームが減ってヘアスタイルが決まらない、分け目が目立ってきたなどと感じ女性にとって大きなストレスとなります。 男性の薄毛は男性ホルモンによりますが、女性の薄毛は様々な原因が考えられています。女性に起こる若年性脱毛は、ヘアサイクルが正しく機能せず毛根が成長できず細くなったり、毛穴から出る髪の毛の本数が減ってしまうからと言われています。男性の薄毛が頭頂部や前頭部を中心に起こることに対し、女性の薄毛はびまん性(全体的)に起こります。

■女性が薄毛になる原因

若年性脱毛症の原因を知っておくことは、薄毛を予防するためにもとても大切です。原因としては、ホルモンバランスの乱れ、栄養不足、血流不足、睡眠不足、頭皮の障害などが考えられます。女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンのバランスで成り立っていますが、仕事などで強いストレスを感じると自律神経のバランスやホルモンのバランスが崩れてしまいます。エストロゲンは髪の量や質を保つ役割もあるため、エストロゲンの分泌量がストレスなどで減ると1本1本の髪の毛が痩せてしまい全体のボリュームが減ってしまいます。過度なダイエットや忙しさのために偏った食事を摂ると、髪の成長に必要な成分であるケラチンが不足して薄毛の原因になります。

■薄毛を予防するには

肉、魚、大豆などに含まれている良質なたんぱく質を摂り、ビタミンやミネラルも野菜などからバランスよく摂ることが大切です。喫煙や髪を後ろに引っ張るポニーテールなどのヘアスタイルは、頭皮の血流不足を招き薄毛を引き起こします。血流不足により毛母細胞に栄養を運ぶ毛乳頭が萎縮してしまい、細い毛しか生えなくなります。また、仕事や飲み会などで睡眠不足が続くと髪の成長に必要な成長ホルモンが分泌されなくなり薄毛となります。 このように女性に起こる若年性脱毛の原因は様々なので、まずは原因をきちんと考えることが改善の第一歩です。男性の薄毛には、ミノキシジルとフィナステリドという成分が含まれる育毛剤が有効と考えられていますが、女性にはフィナステリドは副作用が懸念されているのでミノキシジルを含んだものの方が適しています。思い当たる生活習慣があれば改善するようにして、育毛剤を試してみるのも良いかもしれません。

 

女性の育毛・ヘアケアには
  • ツゲイン2%2本パック

    ツゲイン2%2本パック

    『ツゲイン2』は通常男性用とされる薄毛改善成分が2%の低用量で配合された、女性に優しい育毛剤です。ミノキシジルが頭部の血管を拡張し血行を促進、健やかな髪の育毛をサポートします。

    1箱あたり¥ 2,190〜

    ご購入はこちら

  • ヘアフォーユー2%2箱パック(女性用育毛外用薬)

    ヘアフォーユー2%2箱パック(女性用育毛外用薬)

    ヘアフォーユー2%は、発毛成分「ミノキシジル」に育毛成分の「アミネクシル」が配合された塗るタイプの女性用育毛薬です。

    1箱あたり¥ 2,740〜

    ご購入はこちら

  • パントガール3箱パック(女性用育毛薬)

    パントガール3箱パック(女性用育毛薬)

    これまでは内服薬の育毛剤は男性専用しかありませんでしたが、パントガールは世界で初めて医薬品として承認された「女性用の薄毛治療の内服薬」です。

    1箱あたり¥ 8,860〜

    ご購入はこちら

商品一覧を見る

 

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る