急増中?!若ハゲにはご注意を! 

最近では若いころからハゲてしまう男性が増えていると言われています。若年性脱毛症と呼ばれ、年齢の明確な定義はないものの10代後半から30代くらいまでを指すことが多いです。

若年性脱毛症の原因は、男性ホルモンの過剰分泌、頭皮環境の悪化、生活習慣や食生活の乱れなどが考えられています。まだ若いから大丈夫と思い、頭皮を傷め続けていると徐々に進行して気付いた時には手遅れになることもあるので要注意です。若ハゲの兆候に早めに気付くために、兆候や対策についてまとめます。

ハゲ方にも種類があり、M字型、O字型、U字型などと呼ばれています。M字型はいわゆる前頭部からハゲ始めるもので、前頭部の両サイドの生え際が後退していきます。最初は気付きづらいですが髪の毛をかきあげて、生え際をチェックすると分かります。O字型は頭頂部からハゲるもので、頭頂部を上から見ると脱毛によってO字のように見えます。自分では見えづらいため、家族や友人に指摘されて気付くこともあるかもしれません。U字型は、M字型と同様に前頭部から進行していくハゲのことですがM字型と違って両サイドが後退するだけでなく、全体的に後退します。前から見ると逆U字型にハゲていることが分かります。全体的に後退するので最初は気付かないこともありますが、徐々に違和感を感じるようになります。前髪で隠す人もいますが、進行していくと明らかに薄いことが分かるようになります。早めに気付く方法としては、皮膚の質感です。顔の皮膚と頭皮の違いですが、頭皮の方がツルツルしています。生え際がツルツルしている、またはおでこが広くなってきたことで気付くことができます。若ハゲは思春期以降の男性であれば誰でも起こる可能性があります。女性のファンが多いジャニーズだって、若ハゲ疑惑のある方はいます。例えばSMAPの中居正広や草彅剛などは育毛剤のCMに出たことでも知られるように、若ハゲであることは明らかです。他にも若い世代で、亀梨和也や山下智久なども若ハゲ疑惑があります。このように誰にでも起こる可能性があるので、過度に落ち込む必要はないですが将来のためにできることはしておきたいものです。

若ハゲの対策としては男性ホルモンを抑制する男性型脱毛症に対する治療薬を使う、生活習慣を改善するなどがあります。男性ホルモンを抑制する治療薬は厚生労働省に認可されているプロペシアで効果もあると言われていますが、20歳未満には適応がなく、副作用が起きる可能性もあります。ハゲがかなり進行している20歳以上の方には良い治療法の1つと考えられます。

一方で、生活習慣を改善することは誰にでも今日からできますし、どの年代にとってもハゲに対する対策として有効な方法です。頭皮の血行障害によって脱毛は進行するので、十分な睡眠、バランスの良い食事、適度な運動、適切な体重を心がけ体の中から血管内の状態を改善し、毛髪の成長を促進させるようにしましょう。

 

自己診断で男性型脱毛症の危険度をチェック!  

日本人男性の約30%に起こると言われている男性型脱毛症は、いわゆる若ハゲとも呼ばれ前頭部や頭頂部から始まり、全体へ進行することがあります。男性型脱毛症には男性ホルモンが関与していると言われています。男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変化し、毛包に結合し脱毛を促進すると考えられています。厚生労働省に認可されているプロペシアという内服薬は、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化する時に関与する酵素を阻害し男性型脱毛症に効果があると言われています。

では、どのような時にハゲてしまう可能性があるのでしょうか。自己診断で危険度をチェックして早めに対処をすれば、進行を遅くできる可能性があるかもしれません。

①親戚にハゲている人が多い

②家族や友人に髪が薄くなってきたことを指摘される

③頭皮が透けて見えるようになってきた

④抜け毛の数が増えている

⑤髪の毛が細くなり、ハリがない

⑥抜け毛の毛根にフケのようなものが付着している

⑦頭皮がかゆく、フケが増えた

⑧毛先の短い毛が目立つ

⑨毎日シャンプーをしても髪がべたついてしまう

⑩髪が濡れると頭皮が目立つ

⑪髪の分け目が目立つ

⑫頭皮がつっぱっている(頭皮が硬い)

⑬頭皮の色が褐色になっている

⑭髪の毛を染めたり、パーマをかけている

⑮髪の毛を強めに引っ張っても痛みを感じない

⑯ニキビが良くできる

⑰朝シャンプーをすることが多い

⑱夜22時前に寝ることが少ない

⑲抜け毛の毛先がとがっている

⑳抜け毛がうぶ毛のようである

いかがでしょうか。上記に挙げた項目は、全て男性型脱毛症、いわゆるハゲに関連するものです。1つでも当てはまればハゲる危険がありますし、多ければ多いほどハゲる可能性が高いと言えます。19番目に挙げている抜け毛の毛先がとがっているとは、髪の毛の根元を見てみると細くとがっているように見える毛のことです。毛は生え変わるために成長期、退行期、休止期という毛周期を繰り返しています。このサイクルを経て自然に抜けたものは、毛根の部分がおたまじゃくしのように丸くなっていますが、何らかの原因でハゲ始めると毛根にある毛母細胞の機能が低下し、毛根が膨らまなくなり、とがったように見えます。このような毛は少しの力でも抜けやすくなってしまいます。この状態がさらに進行すると20番目に挙げたような細いうぶ毛のようになり、ますますハゲる危険性が増します。

男性型脱毛症は男性ホルモンだけでなく、頭皮の弾力性低下による毛包の血流低下や栄養不足、ストレス、不規則な生活、過度なヘアケアなども原因になります。日常生活を規則正しくすることも治療法の1つになる可能性があります。

 

若年性脱毛症対策と予防方法

最近、若年性脱毛症いわゆる若ハゲに悩む男性が増えていると言われています。具体的に何歳から何歳までが若ハゲという定義はありませんが、30歳代後半からは男性型脱毛症と認識されているため10代後半から30代前半までを指すことが多いようです。

10代後半や30代前半はまだ毛乳頭も元気な場合が多く、正しく対応すればハゲの進行を抑えることができるかもしれません。今回は若ハゲの原因と対策、予防法についてまとめます。

若ハゲには、男性ホルモンが大きく関わっていると言われています。男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変化し、毛包に作用し髪が細くなり抜けやすくなります。また生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、過度のヘアケアなども影響すると考えられています。そのため若ハゲの対策としては、男性ホルモンを抑える、毛髪にとって良い生活習慣を送る、育毛剤を使用する、などが挙げられます。

男性ホルモンを抑える作用で男性型脱毛症に効果があると厚生労働省に認可されているプロペシアという内服薬があります。プロペシアはテストステロンが毛根に作用するジヒドロテストステロンに変換されるのを阻害し、結果的にジヒドロテストステロンの産生を抑制します。医薬品として認められているので効果は期待できますが、副作用が起こることもあるので内服後に異常を感じた場合にはすぐに病院に行きましょう。最近では海外から個人輸入で似たような成分を含むものも安く購入できるようになっていますが、偽物もあるので信頼できるサイトから購入した方が良いです。

厚生労働省が男性型脱毛症に認可している育毛剤としてもう1つ、ミノキシジルがあります。血管拡張作用があるため、頭皮の血行を促進することが期待されます。ただし、プロペシアもミノキシジルも副作用を懸念し20歳未満には適応がありません。20歳未満で若ハゲに悩む人の多くは、乱れた食生活、生活習慣が原因と考えられるのでまずは十分な睡眠、適度な運動、適正な体重、バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

20歳以上で若ハゲに悩む方にとっても生活習慣の改善は、育毛にとって重要だと考えられています。育毛に必要な成長ホルモンは夜10時から夜中2時までに分泌されるので、10時までに就寝した方が良いと言われています。忙しくて毎日は無理かもしれませんが、時に意識して早く寝るようにしましょう。脂が多く、野菜が少ない食事は血液中のコレステロールを上昇させる可能性もあり、血液の流れが悪くなります。血流が悪いと毛髪にも十分な栄養が行かずに脱毛を促進するので、バランスの良い食事を心がけると良いです。

若ハゲの予防には、毛髪を太くし成長させることが大切です。育毛剤を使用するとともに生活習慣も整えて体の中から毛が抜けにくくなるように心がけましょう。