性病とは、STDとも呼ばれ、性行為により感染する病気です。一言に性病といっても性病(性感染症)には、様々な症状と病名があります。性病には、症状が出にくいものが多いため、感染して気づかないでいることが多く知らない間に体がむしばまれていったり、他人に移してしまったりすることがあります。

性病を正しく理解し、正しい治療を行うことによって性病を完治することができます。各性病の症状や治療薬を正しく理解することにより性病は完治することができます。各病名と治療法を下記にて紹介します。

 

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)は、ヒトパピローマウイルスというウイルスに感染することで、陰けい・亀頭・陰のう・肛門・口唇・口腔内にイボをができる性行為感染症です。

性行為の後、1,2か月の潜伏期間を経てから陰部に先にイボができますが、自覚症状はなく、痛みや痒みも出ないことが多いです。そのまま放置すると短期間で次々と新しいイボができ増殖していきます。

尖圭コンジローマの治療薬

pointer.gifアルダラクリーム
pointer.gifアルダラクリームジェネリック

 

性器ヘルペス

ペルペスウィルスには、様々な症状があり、水痘・帯状疱疹ウイルス、水ぼうそうや帯状疱疹などがありますが、性交渉によって感染するヘルペスは、性器ヘルペスは、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹(たいじょうほうしん)があります。

性器ヘルペスとは、性器やお尻の周辺に水ぶくれができる病気です。性的な接触によってウイルスが感染する性感染症のひとつです。

性器ヘルペスの治療薬
pointer.gifバルトレックス500mg
pointer.gifゾビラックスジェネリック400mg

 

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスは、口唇の周りに赤い水ぶくれができ、かゆみや痛みなどが伴う感染症です。家族間での接触感染が多いですが、キスやオーラルセックスによっても感染します。単純ヘルペスウイルスは母子感染する危険性があります。口唇ヘルペスの症状は患部を清潔に保つことで通常、1~2週間程度で自然に治りますが、専門の治療薬を使用することによりより早く症状を緩和させることができます。

口唇ヘルペスの治療薬
pointer.gifゾビラッククリーム

 

クラミジア、淋病

クラミジアはもっとも多い性感染症と言われています。クラミジアや淋病は、自覚症状が少ないため、見過ごしがちですが、放置しておくとエイズなど他の正感染率が3倍から5倍にもなると言われている性病です。

クラミジアは、クラミジアトラコマティスという細菌が原因で感染し主にに粘膜同士の接触や精液や女性の膣からの分泌液を通して感染します。

クラミジア、淋病の治療薬
pointer.gifクラビットジェネリック250mg
pointer.gifクラビットジェネリック500mg10錠

 

カンジダ膣炎

性器感カンジダ症は、カンジダという真菌が性器に感染して生じる感染症です。特に女性の膣に感染することが多く、カンジダ膣炎または、膣カンジダ症と呼ばれています。またカンジダは、男性器と女性器の構造の違いから、男性には発症しずらく女性は発症しやすい傾向にあります。

カンジダ膣炎の治療薬
pointer.gifニゾラルクリーム
pointer.gifニゾラル

この商品もいっしょに買われました!