早めがポイント!花粉症対策

花粉が原因となって引き起こされるアレルギー性疾患の「花粉症」。鼻や目の症状が現れると不快なものです。花粉症は花粉というアレルゲンが体内に入って反応を起こし、異物を外に洗い流すための身体の防御反応です。なるべく花粉を体内に入れないようにすることで、花粉症の症状を引き起こしたり悪化を防ぐことが期待できます。花粉症の主な原因となるスギ花粉が飛散しはじめるのは地域によって違いますが、2月上旬から3月上旬です。花粉の飛散前や症状が出る前から、花粉にできるだけ接触しないよう工夫や対策を始めてみましょう。

花粉症の薬を使用する

毎年辛い症状に悩まされている人は、花粉症の症状が出る前から薬を予防的に用いるなどの初期療法で症状の発症を遅らせたり、症状を和らげることが期待できます。
花粉症に使われる薬には抗アレルギー薬のほか、抗ヒスタミン薬やステロイド剤などいろいろな種類があります。また、内服薬、点鼻薬、点眼薬といった分類もあります。それぞれの薬によって効き目が現れるまでの時間や効果の持続時間、眠気などの副作用の現れ方に特徴があります。どの薬がどのような効果があるか知っておくと、症状や花粉の飛散量に合わせて薬を使い分けやすくなるでしょう。

花粉の飛散時は外出には気を付けて

花粉シーズン中の外出時は、花粉との接触をできるだけ避ける工夫をしましょう。前日に雨が降った次の晴れた日、風の強い日などは花粉が飛散しやすくなります。テレビやインターネットなどで花粉飛散情報や気象情報をチェックして、花粉の飛散量が多い日は外出は控えるのも賢明です。またお昼前から午後3時くらいまでは花粉の飛散が一番多くなるといわれています。

外出時の服装に工夫を

外出をする時は花粉が付きにくい服装を選びましょう。上着やコートは綿や化学繊維など表面がつるつつした素材がおすすめです。ウールなどの毛羽立った素材は花粉が付きやすく、家の中にも花粉を持ち込みやすくなります。花粉が服などに付着しにくくなる花粉防止スプレーを使用したり、花粉防止機能のついたスカーフや帽子を着用するのもよいでしょう。

花粉症用マスクやメガネは効果がある?

花粉症対策グッズと言えばマスクを思い出す人も多いでしょう。マスクを使用すると吸いこむ花粉の量を1/3~1/6に減らすことが出来るので、鼻の症状対策にとても効果的です。
また、目の症状対策といえばメガネです。花粉防止機能付きのゴーグルやメガネもありますが、普通のメガネでも目に入る花粉の量を約1/3に減らすことができます。花粉シーズン用にファッションとしてメガネを用意するのもよいでしょう。
一方でコンタクトレンズは、花粉症の目の症状があるときに着用すると刺激となって悪化することもあるので気を付けましょう。

外出から帰ったときには

花粉シーズンは家の中に花粉を持ち込まないようにすることが大切です。帰宅したら玄関で衣類に付着した花粉を払い落とすようにしましょう。それでも花粉は部屋に入ってしまいますので、定期的に部屋の掃除をして花粉を取り除きましょう。
また、外から帰ったら手洗いやうがい、洗顔をすると、付着した花粉を洗い流すことができます。うがいは喉がかゆくなるといった症状に特に効果的です。鼻の粘膜を洗い流してくれる鼻うがいで鼻の辛い症状が軽減する人もいるでしょう。

家の中でも工夫が大切

花粉シーズン中は洗濯物の部屋干しをおすすめしますが、外に干したときは付着した花粉を払い落としてから部屋に取り込みましょう。花粉の飛散量の多い日にはドアや窓は閉めておくと花粉の侵入が防げます。部屋を換気する時には、換気時間を短くしたり、窓の開け幅を少しすれば、侵入する花粉を少しでも減らせます。部屋のカーテンをレース素材のものにしたり、空気清浄器を用意しておくのもよいでしょう。

体調管理にも気を付けて

花粉症はアレルギー症状ですので、花粉に接触しても入ってきても体調が良ければ過剰な反応が起こりにくくなります。
バランスの良い食事を摂取し、睡眠を十分にとって疲労を回復させ、ストレスはためないような生活を心がけておくと、自律神経のバランスが保たれ免疫系が正常に働きやすくなります。喫煙や過度の飲酒は花粉症の症状が出やすくなるので、控えるほうがよいでしょう。また、刺激物や辛い食べ物を食べたり、暴飲暴食などをすると鼻や眼の粘膜を刺激して症状を悪化させることがあります。

花粉症対策によいとされる食品

花粉症の薬には頼りたくないという人には、免疫力を高めてアレルギー反応を抑えることができる食品を摂取して体質改善を目指すのはいかがでしょうか。花粉症対策として期待できそうな食品を集めてみましたが、即効性はあまり期待できませんので、一年を通して摂取するように心がけてみましょう。

腸内環境を整える食品

花粉症に効果がある商品として人気もあり手軽に摂取しやすいのがヨーグルトでしょう。ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸内のバランスを整えることで免疫機能が正常に働きやすくなり、花粉症症状を抑えることが期待されます。
また、納豆、醤油、ぬか漬けといった発酵食品も腸内環境を整える働きが期待されます。脂肪分やカロリーが高い食事より和食を選ぶことで、免疫系が働きやすくなるとも言えるでしょう。
バランスの良い食事を摂取し、睡眠を十分にとって疲労を回復させ、ストレスはためないような生活を心がけておくと、自律神経のバランスが保たれ免疫系が正常に働きやすくなります。喫煙や過度の飲酒は花粉症の症状が出やすくなるので、控えるほうがよいでしょう。また、刺激物や辛い食べ物を食べたり、暴飲暴食などをすると鼻や眼の粘膜を刺激して症状を悪化させることがあります。

ポリフェノールを含む食品

花粉症の辛い症状の原因となるヒスタミンが分泌されるのを防ぎ、症状を穏やかにする効果があると言われるのがポリフェノールです。炎症を抑える抗酸化作用を持つとも言われ、身体の抵抗力を強めて免疫力を高めることが期待されます。
ポリフェノールは赤ワインやお茶、野菜(トマト、人参、大根、ほうれん草、しそ、さつまいもなど)に多く含まれています。ポリフェノールを含んだ食品を摂るよう心がけると、花粉症の症状が軽減するかもしれません。
野菜にはポリフェノールのほか、免疫機能を高めるビタミンやミネラル、腸内環境を整える食物繊維が豊富に含まれています。日頃から積極的に食べておきましょう。

EPAとDHAを含む食品

あじ・さば・いわしなどの青魚に多く含まれているEPA(イコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)には、免疫を正常にしてアレルギー症状を抑える働きがあると言われています。アレルギー症状を引き起こす物質としてロイコトリエンがありますが、EPAとDHAはロイコトリエンの発生を抑えることができると考えられています。

花粉症対策のお茶

いつもの飲み物を花粉症に効果があると言われるお茶に変えると、体質改善ができて症状を抑えることができるかもしれません。花粉症対策のお茶はいろいろありますが、味や香りにクセがあるものもあるので、自分の好みで続けやすいものを探してみるとよいでしょう。
ポリフェノールが豊富に含まれ甘みのあるお茶の「甜茶(てんちゃ)」、ミネラルやフラボノイド類が豊富な「ルイボスティー」、ビタミン類が豊富で粘膜のアレルギー反応を防ぐと言われる「ローズヒップ」などがよく知られています。

花粉症シーズン前から服用すると効果が高まる花粉症対策のお薬

https://www.bestkenko.com/products/アレグラ

アレグラ ベストケンコー 1箱(10錠入)あたり1,375円から 詳細を見る

https://www.bestkenko.com/products/ジルテック10mg

ジルテック10mg ベストケンコー 1箱(100錠入)あたり2,484円から 詳細を見る

https://www.bestkenko.com/products/ザイザル5mg

ザイザル5mg ベストケンコー 1箱(20錠入)あたり771円から 詳細を見る