更年期のホルモン補充療法の正しい知識

■更年期のホルモン補充療法の正しい知識

更年期とは女性が閉経を迎え、卵巣の機能が休止状態に入る前後5年間のことを言います。日本の女性の閉経年齢の平均は50歳なので、大体45-55歳が更年期にあたります。更年期障害とは、この更年期の時期にのぼせ、ほてり、発汗、動悸、肩こり、頭痛、腰痛などの様々な症状により日常生活が障害されることを言います。体の不調だけでなく、精神的なイライラやうつ状態、突然悲しくなるということもあります。更年期障害は日本の女性の2人に1人は経験すると言われているので、誰にとっても起きる可能性があります。長い人では5年以上もその症状に悩まされることがあり、更年期障害をきっかけにうつ病になる人もいます。

■女性ホルモンと自律神経

更年期障害がなぜ起こるかというと、女性ホルモンが急激に減少するからと言われています。女性ホルモンは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)から成りますが、エストロゲンが急激に減少すると先ほど挙げたようなほてりや急な発汗、肩こり、頭痛、めまい、精神的な不調など様々な症状が出ると言われています。女性ホルモンのバランスは、自律神経のバランスを保つためにも重要と言われており、エストロゲンが急に減ると自律神経の1つである交感神経が過剰に働いてしまい血液や筋肉の循環を悪くすると考えられています。

■更年期障害の改善方法

更年期障害を改善する方法はいくつかあり、バランスの良い食事や十分な睡眠、適度な運動などの正しい生活習慣を基本として、漢方薬なども試されることがあります。しかしこれらは体質改善や対症療法なので、更年期障害の原因となっている女性ホルモンにはあまり関係ありません。根本的な治療法としては、ホルモン補充療法と言って更年期障害で減少する女性ホルモンを補充する治療法が一番理に適っています。乳がんや子宮がんにかかったことがある方やアレルギーがある方はこの治療法をできないこともありますが、それ以外の方は長い間更年期障害の辛さに耐えるよりはリーズナブルな治療と考えられます。

ホルモン補充療法には、内服薬だけでなく、皮膚に貼る貼付薬やジェル状の塗布薬もあります。自分に合った方法を試してみると良いかもしれません。

これらのホルモン補充療法により更年期障害の約80%の人に効果がみられると言われていますが、ホルモン低下以外の原因で肩こりや抑うつ気分が出ている人には効果が少ない可能性が考えられます。今出ている症状が更年期障害によるものか、それ以外の体や心の病気によるものかわからない時には無理をしないで病院を受診するようにしましょう。

ホルモンを補う
  • HGAスプレー

    HGAスプレー

    『HGAスプレー』は一種のホルモン治療で、成長ホルモンを体に補うことによって、細胞の再生力を活性化、免疫力を高めるだけでなく、白髪の減少や肌の保水力のアップ、筋力の増強などに働きます。

    1箱あたり¥2,750〜

    ご購入はこちら

  • プレマリン1.25mg

    プレマリン1.25mg

    プレマリンの有効成分の結合型エストロゲンは女性ホルモンとして働く卵胞ホルモン薬です。減少した卵胞ホルモンを補うことで更年期障害の不快な症状が改善されます。プレマリンは卵巣機能不全症や腟炎など、その他の症状にも使用します。

    1箱あたり¥4,180〜

    ご購入はこちら

  • メプレート

    メプレート

    メプレートは、黄体ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるいろいろな症状を改善するお薬です。メプレートは、生理不順や無月経、機能性子宮出血(器質的に異常のない予定外の出血)、黄体ホルモンの不足による不妊症、さらには流産の防止薬となる代表的な合成黄体ホルモン薬です。

    1箱あたり¥3,580

    ご購入はこちら

商品一覧を見る

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る