朝立ちの減少は精力低下のサイン?貴方は大丈夫?

■朝立ちの減少は精力低下のサイン?

「朝立ちは若い人がなるもの」という風に思っている人は少なくないようですが、健康な男性であれば40代でも朝立ちするのは当たり前です。しかし、もし朝立ちしなくなったという場合は、精力低下や体内環境に異常が生じているということになってしまいます。「朝立ち=恥ずかしい、いかがわしい」という風にみる女性も少なくないですが、もし、朝立ちが減少しているとすれば男性機能や精力が低下しているだけでなく、健康面での問題が生じている可能性もありますので、この問題を真面目にとらえる必要があります。

 

健康な男性なら誰でも、睡眠中に睡眠中勃起という現象を繰り返しています。これは、睡眠中に何度も勃起を繰り返すことで、ペニス内部の海綿体に新鮮な血液を循環し、ペニスの筋肉や血管の健康を維持するために行われるものです。しかし、朝立ちが減っている男性の多くは睡眠中勃起も減っていることが多く、そのために正常な勃起力をキープできなくなってしまいます。そのため、性欲の減退にもつながり、放置しておくと男としての自信喪失の原因にもなってしまいます。ですから、早めに対策を行うことはとても大切なことです。

 

ただ、40代で朝立ちが減ってしまったという場合は、加齢により男性ホルモンや血流が低下したことが主な原因として考えられます。しかし、加齢だけでなく睡眠障害や糖尿病、メタボリックシンドロームなどによる体質の変化が関係していることもあります。また、運動不足などによって体内で分泌される男性成分が減少すると、精力低下や勃起力低下につながりますので、加齢だけを理由にするのではなく日常生活にも問題があると自覚して元気なペニスを取り戻すために積極的に努力することも大切です。適度な運動や、タバコやお酒を控えるといったことは精力回復につながりますので、精力剤サプリに頼るよりも手軽な方法です。

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

性欲・精力・バイタリティの改善に
3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック