カテゴリー

朝起きられない起床障害の原因は?

遅くまで起きてなかったのに、なぜか朝起きれない?「起床障害」かも知れません。

項目1朝起きられない起床障害の原因は?

起床障害とは「朝どうしても起きられない」という症状で、意思の弱さではなく睡眠障害の一つです。起床障害の原因は睡眠不足のこともありますが、他にも原因が考えられるので見てみましょう。 起床障害とは朝決められた時間に起きようとしても体がだるくて起きれなかったり、起きても頭がボーっとしている症状です。朝に目覚まし時計をかけても鳴っていることに気付かなかったり、他人に起こされても記憶がないこともあります。「だらしがない」と思われがちですが、何らかの原因があって起きれません。起床障害が続くと学校や職場に行けなくなるなど、通常の生活を送ることが難しくなります。
起床障害になる原因はいろいろあります。まずは、「睡眠不足」です。 睡眠時間は7時間以上は確保したいところですが、就寝時間が遅い「夜型」の生活で睡眠時間が不足すると起床障害になりやすくなります。また、早く寝ているのに熟睡できていないために朝起きられないことがあります。熟睡できない原因にはいろいろありますが、睡眠中に呼吸が止まって良く眠れない睡眠時無呼吸症候群などが考えられます。次に、「概日リズム睡眠障害」です。人には昼間は活動して夜になると眠るといった一日のリズムを刻む体内時計がありますが、この体内時計が狂うと夜に眠れずに朝が眠くなったりします。この体内時計の乱れを「概日リズム睡眠障害」と呼んでおり、規則正しい生活で体内時計を整えることが大切です。また他の理由としては「精神的な不調」があります。うつ病や自律神経失調症などで気分が落ち込めば朝起きるのが難しくなります。また、人と接触することを避けてしまう回避型人格障害でも学校や会社に行くのが辛くて朝にベッドから出られません。精神的な不調が原因の場合は早めに医療機関で診察を受けましょう。

項目2眠りの改善のために

眠れない、眠りが浅いなど睡眠で悩んでいる場合、睡眠改善サプリと睡眠薬とどちらを使用したほうが効果があるのでしょうか。今回はこの二つの特徴と違いをまとめてみました。

睡眠改善サプリメント

睡眠改善サプリにはいろいろな種類がありますが、原料は睡眠薬のような化学品ではなくて天然のハーブやアミノ酸などがよく使用されています。いろいろな種類のサプリメントがありますが、それぞれにリラックスさせて睡眠の質の向上させたり、気持ちをすっきりとさせる効果があります。サプリには睡眠薬のように効きすぎて朝起きれないとか依存してしまうといった心配はなく、服用を続けることで体質が改善され、自然に眠りやすくなります。欠点としては即効性がないので眠れない日だけ服用しても効果はあまり期待できません。

睡眠薬

睡眠薬は脳に働きかけて眠りを誘う薬です。睡眠薬には効果の持続時間によっていくつかの種類があり、眠りに就けない人には超短時間型の睡眠薬、早く目が覚めてしまう人には長時間型など、不眠の種類によって服用する薬を選ぶことができます。 睡眠薬は即効性がありますが、薬が効きすぎて翌日もボーとしてしまったり、飲んでいるうちに効かなくなる場合もあります。また、自然な睡眠に比べると睡眠薬を使った眠りでは疲れがとれにくいこともあります。 どちらを服用するのがいいのか  睡眠改善サプリと睡眠薬にはそれぞれ特徴あり、どちらを選ぶかを決めることは難しいですが、一般的には軽度の睡眠障害の場合は睡眠サプリで睡眠環境を整えることを目指し、重症の場合は睡眠薬で眠りを得るのがよいかもしれません。自分に合う製品を見つけてみましょう。

良質な睡眠のための睡眠薬・サプリ

メラトニン ベストケンコー 1箱(100錠入)あたり1,916円~ 詳細を見る

植物性メラトニン3mg ベストケンコー 1箱(60錠入)あたり2,193円~ 詳細を見る

【ヒマラヤ】タガラ(不眠改善) ベストケンコー 1箱(60錠入)あたり1,056円~ 詳細を見る

この商品もいっしょに買われました!