カテゴリー

梅毒患者数が調査史上最多に?

近年急速に感染者数を増やしている梅毒。国立感染症研究所によると2016年と2015年を比較すると全国47都道府県のうち、大都市を中心に16都道府県で感染者数が2倍以上に増えています。梅毒の特徴として感染初期が非常に感染力が強く、感染後1/3は無症候梅毒となります。梅毒は発見が遅くなると治療も長引きます。何も自覚症状がなくても、梅毒感染の不安や心当たりがあれば早期に検査を受け治療をすることが必要です。

鼻が欠ける病気って?

梅毒はペニシリンという抗生物質ができる前には、遊郭などを感染源として流行したSTD(性感染症)です。10年くらいの長い年月をかけて第1期から第4期までのフェーズを変化しながらゆっくり進行し、やがて死に至る恐ろしい病でした。
しかし特効薬ができてからは患者数はどんどん減り、遊郭が廃止されたということもありその怖さも忘れられかけています。花柳界で流行る病気だから「花柳病」という別名を知らない若者も多いはずです。「梅毒で鼻が欠ける」などという症状も聞いたことがないかもしれません。しかし最近その若年層に梅毒患者が増えていることが問題になっています。

患者の増加傾向

国立感染研究所によると、日本での感染者は2010年より増加傾向で、2016年の1年間における梅毒感染者数が4518人であったという報告例が出ています。1974年の4165人以来の42年ぶりに年間4000人超の結果ですので注意が必要です。全国の梅毒の患者数が2011年は621人だったのに対し、2012年は875人、2015年は2,697人と、短期間に倍増しています。
2015年の患者のうち男性は1,934人で2010年と比較すると3.9倍、女性は763人で2010年と比較すると6.2倍に増加しています。男女ともに20代が最も患者数が多い年齢層で、次いで年齢層は30代になっています。数年前までは男性同士の性行為による感染が多いと推定されていましたが、女性感染者が急増していることから異性間の性的接触による感染ルートも急増していると思われます。
また、開発途上国では進行した梅毒患者もまだ数多く、そういう国への旅行したときの行きずりの性行為で感染する例も多いと推測されています。

梅毒に感染した場合

第1~4期に分類されます。第1期梅毒として3週間くらいで性器や肛門、口、手指などに豆粒くらいのしこりができ、太ももの付け根のリンパ腺が腫れる症状が出ます。これらの症状には痛みがなく、放置すると2~3週間で自然に症状が消えます。痛みがないので見過ごされる場合も少なくありません。
感染後3カ月目くらいにピンク色のあざが全身のいろいろなところにできます。これが第2期の症状でやはり痛みはありませんが、この段階ではほとんどの人が異変に気づきます。また、この段階で治療を開始すれば完治します。
第3期は発症まで3~10年以上かかり、ここまで進行することは途上国など特殊な環境以外では非常に稀です。ここまで進行すると、臓器や筋肉が物理的に侵食が激しく、ゴム種という腫瘍が体中に出来ます。鼻が欠けるは顔面組織の侵食により、おこる現象の一つでした。
感染後10年以降を第4期と呼び、脳や神経系への侵食により、死に至ります。

感染経路

梅毒スピロヘータという真正細菌による感染で引き起こされます。性行為・オーラルセックスにより、生殖器、口、肛門から感染、皮膚や粘膜の微細な傷口から侵入し、進行によって血液内に進みます。口の中に梅毒の病変がある場合は、キスでも感染しますので、感染力は高めといっても良いでしょう。現在では3,4期に至るケースは非常に稀なので、疑いがある場合は、早めに病院で検査を受ける事が大切です。

治療

抗生物質のペニシリンを投薬のみで治療可能です。
第1期では2~4週間、第2期まで進行していたら4~8週間服用することで対応が可能です。
見逃しさえしなければ、決して恐ろしい病ではなくなりましたが、潜伏期間が長いため2次感染など、パートナーをも危険に晒す可能性がある点に注意が必要です。

ペニシリン系抗生物質または他の感染症治療薬で梅毒を治療する

https://www.bestkenko.com/products/アモキシルジェネリック500mg

アモキシルジェネリック500mg Cipla (シプラ) 1箱(90錠入)あたり4,227円から 詳細を見る

https://www.bestkenko.com/products/アジー1000mg

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック) Cipla (シプラ) 1箱(10錠入)あたり2,336円から 詳細を見る

https://www.bestkenko.com/products/ニゾラルクリーム

ニゾラルクリーム Janssen-Cilag (ジャンセン・シラグ) 1箱15mg (クリーム)あたり897円から 詳細を見る

ダイフルカンジェネリック200mg Cipla (シプラ) 1箱(4錠入)あたり1,036円から 詳細を見る