水虫

水虫とは、白癬菌が皮膚に感染して起こす症状です。白癬菌はジメジメとした環境を好むので水虫に多いのは足ですが、爪や手の水虫が増えています。

【水虫の症状】

水虫は白癬菌というカビが皮膚や毛髪に寄生して起こる感染症です。高温多湿の梅雨から夏にかけては水虫が発生しやすくなります。足の水虫は3種類に分類され、指の間が赤くジュクジュクになったり白い皮がむける「趾間型」、強いかゆみを伴った水ぶくれができる「小水疱型」、足の裏やかかとが乾燥して硬くなりひび割れなどもおこる「角質増殖型」があります。

手に感染した水虫は手白癬とよびます。手足の水虫が進行して、白癬菌が爪に間に侵入すると爪水虫となり爪が白く分厚くなります。そのほか、感染する部位によってぜにたむし、いんきんたむし、しらくも、という皮膚症状があらわれます。かぶれや湿疹、カンジダなど水虫と間違えやすい症状と見極めが大切です。

【水虫の改善方法】

一度うつってしまった水虫は自然には治りません。薬による治療が必要です。感染してしまったら、これ以上水虫が広がらないようにしましょう。毎日入浴して足の指の間まで清潔さを保ちましょう。入浴後はしっかりと乾燥させましょう。ムレやすい革靴を避け、通気性のよい靴下などを選びましょう。水虫になってしまったら、特に家族内でうつさないように気をつけましょう。マットやスリッパなどを共有している人は注意しましょう。

【水虫の治療薬】

水虫は治療薬にはラミシール(テルビナフィン)などがあります。白癬菌を殺菌して菌の発育や増殖を防ぎます。外用の薬では症状が出ている範囲より広く薬を塗布しましょう。水虫の治療には根気が必要です。薬を使用してしばらくするとかゆみなどの症状は治ってきますが、白癬菌は角質の奥深くまで入り込んでいます。症状がなくなっても1~2ヶ月は続けて使用するほうがよいでしょう。清潔さと通気性にも気をつけましょう。

おすすめ商品

オススメ商品

ラミシールジェネリック250mg

  • 成分:テルビナフィン250mg
詳細はこちら
オススメ商品

ニゾラルクリーム

  • 成分:ケトコナゾール2%w/v
詳細はこちら
オススメ商品

スポラノックスジェネリック

  • 成分:イトラコナゾール100mg
詳細はこちら

この商品もいっしょに買われました!