運動を甘く見ていませんか

■運動不足を甘く見ていませんか?

「運動不足は体に悪い」というのは多くの人が知っていますが、運動不足になると体どんな症状が現れるのか理解している人はそれほど多くありません。 運動不足になると肥満だけではなく、生活習慣病、基礎代謝の低下、心肺機能の低下、免疫力の低下、肌荒れ、便秘、慢性疲労、肩こりなど、様々な症状が現れるようになります。 例えば、季節の変わり目、夏や冬などの暑さや寒さに順応することができなくなり、体調を崩してしまうなど。

昔は役に立った食料のあるときにたっぷり食べてそれを脂肪として体内に蓄えるというDNAも今では逆効果。 よく考えてみると、人間が運動しなくても食べすぎるくらいの食糧を手に入れることができるようになったのは、遺伝子レベルで考えると最近の出来事なんです。

つまり人間の身体は運動せずにたっぷり食べるということ、運動しないことに、全く慣れていません。慣れないことをすると私たちの身体にはさまざまな不調が生じてきます。

■血液の不健康が血管を老化させる

年を取ると成長ホルモンが減り、筋肉量も減ります。それに加え運動不足だとさらに筋肉が減るという悪循環におちいります。 運動するほど筋肉には多量の血液が流れ、そのおかげで毛細血管が発達していきますが、筋肉量が減ると血液の流れも悪くなります。

食料は消化されて血液にブドウ糖として取り込まれ、体を動かすエネルギーになります。 全身にそれを運ぶために必要なのが膵臓から分泌されるインスリンというホルモンです。 食事をして血糖値が上がるとインスリンが分泌されて全身の細胞にエネルギーが供給され、余ったエネルギーは『脂肪』として蓄えられます。

しかし、食べるばかりで運動しない状態が長年続くと、膵臓が疲労してインスリンの分泌が悪くなったり、分泌されたインスリンの効き目が悪くなってしまいます。 その結果、食事の後にいつまでも血糖値が下がらないという高血糖症状、つまり糖尿病という症状が現れます。

運動不足の状態が続くと、血糖値だけでなく、血液中の中性脂肪やコレステロールも増えます。要するに大昔は不足しがちだった血液成分の多くが過剰気味になるのです。この不健康な血液が血管を通って全身に運ばれるわけですから、「運動不足は身体に良くない」のです。特にその通り道である血管がダメージを受けることを動脈硬化と言います。 筋肉量が減ると、基礎代謝も減り、食事の量は同じでも体脂肪が増えやすくなります。

■筋肉と骨が弱くなる

骨は、筋肉が動く事で刺激を受け、骨密度が増して強くなりますが、筋肉を動かさないと、骨はカルシウムが逃げていくばかりで合成されません。

また、運動不足で筋肉が弱ると心肺機能が弱るという点にも注意が必要です。 心臓も筋肉の1種で適度に動かしてやることで能力が高まり、健康が維持されます。

そのほかに運動不足は性ホルモンの分泌を低下させて、うつ病やEDの発症リスクを高めると言われています。 また、免疫力や抗酸化作用、DNAの修復能力も運動不足によって低下するので、様々なガンの発症リスクも高くなります。

厚生労働省によると、基本的に成人男性女性共に日常生活において、一日一万歩程度歩くことが理想だと考えられています。 これを距離にすると約7km、約2時間だと言われていますが、普段あまり運動をしていない人は徐々に運動量を増やすようにするとよいでしょう。

 

運動不足解消をサポート!代謝UP・脂肪燃焼
  • フェーズ2・カーボハイドレイト・ブロッカー500mg

    フェーズ2・カーボハイドレイト・ブロッカー500mg

    白いんげん豆の抽出物であるフェイズ2配合のダイエットサプリメントです。食事の前に服用すると、食事中の炭水化物の吸収をブロックして自然にカロリーをカットします。

    1箱あたり¥1,126〜

    ご購入はこちら

  • スーパーアミノナイト

    スーパーアミノナイト

    成長ホルモンに働きかけるアルギニンなどの3つのアミノ酸と、代謝をよくするクロミウム、お肌に役立つビタミンB、Cなどを配合したアミノ酸サプリメントです。寝ている間も基礎代謝アップさせて、健康な身体や肌をつくります。

    1箱あたり¥3,993〜

    ご購入はこちら

  • Lカルニチン

    Lカルニチン

    L-カルニチンはアミノ酸の一種で体内の脂質をエネルギーに変換するのに欠かせない成分です。L-カルニチンは脂肪の燃焼を助けるサプリメントとして服用されています。

    1箱あたり¥11,656〜

    ご購入はこちら

ダイエット特集を見る

 

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

この商品もいっしょに買われました!